【異世界修学旅行6発売!】読み終わったら、学校に行きたくなることまちがいなしっ!?

0

    有明での戦いから一週間……

    みなさん、充実した夏をお過ごしでしょうか?

    あと500日くらいお盆休みでいたい、編集(田)ですよー

     
    さてさて!そんな現実逃避はさておいて!
    今日は発売ほやほや異世界修学旅行の紹介をしちゃうぞい!

    (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい)
    (田).。oO(ほかにも、Pixivノベルさんなどでも試し読みがあるんじゃ!)

     

    ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

    (田).。oO(正直ゾクゾクする視線。そしてちらりと見える太もも。素直に感謝です)
     
    満を持してのハイファンタジー宝田さんです。

    設定の甘いファンタジー要素が出てくると、ファンタジー警察である宝田さんがどこからともなく登場するのはもはや恒例。

    『異世界修学旅行』三大鉄板の一角ですな。

    (田).。oO(でも、最近は食べ物責めを受けるくっころ女騎士みたいなポジションになっている気がしないでもない……)

     

    そんな彼女が、今巻ではどんな活躍するのか!
    まずはあらすじからどうぞ!
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    異世界修学旅行、いよいよ大詰め!
    修学旅行の最中に突如飛ばされてしまった異世界で、王女プリシラと共にクラスメートを捜しながら修学旅行を続ける沢木浩介たち二年一組。次の目的地は、主たる魔王を喪い、聖徒会の支配のもと新たな文化の発信地となっている魔王城。だが魔王城へ入ったはずが、浩介の前には制服姿のプリシラが、そして入学式が開催されようとしている母校の姿が……!? 日本と異世界が、現在と過去が交錯する幻の中で、浩介はついに生徒会長・若王子暁と再会する。異世界で日本を想う修学旅行生たちの異文化コミュニケーションコメディ、第六弾!
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

     
     
    そう、今回の「異世界修学旅行」は……!!

     

    学園物です!!!!

     

    まあ、修学旅行と冠しているのでもともと学園物かもしれないんですが。。。

    とはいえ、今回舞台となる魔王城。

    そこに乗り込んだ浩介たちは、幻の中へと誘われてしまいます。

    もちろん、異世界から帰るまでが異世界修学旅行ですから、

    無事脱出できるのか!というのが今巻の一番の課題になるわけです!

     

    そして、もう一つ気になることありますよね……

    あるんですよ。

     

    そう、ついに名前だけの登場だった生徒会長・若王子暁が登場です!!

     

    5巻を読んだ皆様、この若王子さんがどれだけの爆弾だったのか、記憶にございますでしょうか。

    大変な衝撃を受けたと思います。

     

    ええ、僕も受けました!!!(←おかしい)

    当時を振り返った会話がこちらです。(エンタメ性を優先していますが、概ね実際の出来事です)

     

    (田)「若王子が女の子な上に、浩介の○○○とか聞いてないっすよ!!!岡本先生!!!!!!」

    (岡)「言ってませんでしたっけ(笑)」

    (田)「……いやまあ、確かに男とは一言も書いてなかったですけど!!!!」

    (岡)「正直書き終わるまで、男になるか女になるか五分五分でした(笑)」

    (田)「ごぶごぶ」

    (岡)「いや、六対四くらいで女だったかなー(笑)」

    (田)「ろくたいよん」

    (岡)「いや、ほんとわからないものですね。びっくりしました(爆笑)」

    (田)「は?(キレ気味)」

     

    ……というわけで、楽しい楽しい「異世界修学旅行」制作秘話だぞ☆

    いやーほんと、えんためせいのかたまりっすわー(棒)

    つぎやったらほんきでおこりますよおかもとせんせい

     

    …………

    ………

    ……

    さて、それでは恒例のしらび先生の超絶最高イラストを見ていただきますか。

    ブログを見ているみなさんだけにお届けします!

     

     
    ▼「ちこくじゃちこくじゃ!」


    (田).。oO(プリシラの制服姿、こんなに新鮮だとは!) 
     
    ▼「しっかりしろ、沢木浩介!」


    (田).。oO(おかしい。日本の学生であるはずの宝田さんの制服姿も新鮮だ) 
     
    ▼それでも俺は、決してこのこの幻を忘れないでおこうと、強く思った。

    (田).。oO(プリシラの楽しげな笑顔が印象的) 

     

    ▼そして恒例の異世界修学旅行目次絵巻!

    (田).。oO(いつもの丁寧なお仕事。しらび先生には頭が下がります)

     

     
    今回、上で紹介したイラスト以外にも印象的なシーンがいっぱいあります!

    幻の学園生活、ありえざる奇跡の物語。

    「異世界修学旅行」はコメディで面白く転がしつつ、ちょいちょい泣かせにきたりします。

    ずるい不意打ちがいっぱいです。

     

    そんなこの6巻は、かつて学園生活を送った全ての人に!

    今まさに学園生活を送っている全ての人に読んでいただきたいです!!

     

    そんな「異世界修学旅行」もいよいよ大詰め!

    もちろん、異世界から帰るまでが異世界修学旅行です!!
    「異世界修学旅行」にこれからも要注目!
     
    また、現在「読売中高生新聞」にて『異世界修学旅行DX』を連載中です!!
    なにやらこちらも引き続き連載が続いていきます!
    そんな異世界修学旅行の最新巻!ぜひぜひお手にとっていただけたら嬉しいです!!
     
    『異世界修学旅行6』は全国書店様にて好評発売中です!!
     
    以上、俺たちの学園生活はまだこれからだ!な編集(田)でしたー!


    みんな大好き怜さん回! 『友人キャラは大変ですか?3』絶賛発売中です!

    0

      どうもどうも〜、編集(岩)です。

       

      さて。

       

      友人キャラは大変ですか?

       

      はい、今回も大変です!!!!

       

      ということで、待望の第3巻が発売となりました〜!

       

       

       

      各所で話題の友人ラブコメもはやくも3巻目!

       

      タイトルとしてだいぶ浸透してきたのか、

      「面白かったよ!」と声を掛けられることが増えてきました。

       

      ありがたや〜。

      10冊くらいずつ買ってほしい^^

       

       

      節目の3巻、しかも8月発売ということで、

      今回は水着カバーで攻めてみましたよ!

       

      どうですか、素晴らしいHESOだとは思いませんか。

       

      ヘソフェチの一郎ならずとも、美ヘソは男心をくすぐるのです。

      ぜひ魅了されてそのままレジへ持っていってください。(今回ダイレクトマーケティングを目指したい所存)

       

       

       

      3巻のあらすじはこちらです!

      ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

      唐突に持ち上がった蒼ヶ崎さんの縁談。相手の名は月見里朝雄――通称「アーサー王」。どでかい剣術道場の跡取りらしいが、こっちは世界を救うヒロイン三巨頭の一人、全くもって釣り合わない。だというのにこの野郎、「いいかい怜、道場経営とはビジネスなんだ」「今のままでは、蒼ヶ崎道場に未来はない」「女だてらに今より強くなってどうする?」ゲストキャラのくせに調子こきやがって……。メインキャラへの無礼千万、お天道さんが許してもこの小林一郎が許さねぇ! サイドストーリーは突然に、大人気助演ラブコメ第3弾!

      ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

       

       

      みんな大好き! クールビューティさんのサイドストーリー!

       

      しかしこの縁談相手のアーサー王、あらすじを見ていても実にいけすかないですね。

       

      こんな奴に我らが怜さんを渡すわけにはいかないのです。

       

      頼む一郎! メインキャラとゲストキャラの格の差ってやつを教えてやって!

       

      その後はめちゃめちゃフラグの香りがするけど、なんとかなるよ大丈夫!

       

       

      怜さんのライバル、魅怨の出番もめっちゃ増えてますので、

      魅怨ファンもぜひ期待してくださいね。

       

       

       

       

      そして今回なんと!

      ラノベニュースオンラインさんで

      著者・伊達康先生の独占インタビューが掲載されております!

       

      http://ln-news.com/archives/58589/post-58589/

       

      1巻でも2巻でも、こちらのサイトのアワードで【笑った】部門第1位をいただいたんですよね。

      この3巻で【笑った】3冠がとれたらいいですね!

       

      インタビューでは秘蔵のキャラデザカットなども公開中ですので、ぜひ読んでみてください。

      伊達康先生のキャラもじんわり伝わっていい感じですよw

       

       

       

      特典情報に参りましょう。

      アニメイトさんでご購入いただくと特典ペーパーがもらえます!

       

       

       

      特典は電子でも!

      BOOKWALKERさんでご購入いただくと、豪華書き下ろしSS小冊子がついてくる!!

       

      友人キャラでは初の書き下ろしSS特典になります。

       

      実は本作、電子書籍も絶好調なんですよ。ならではの特典ですね〜。

       

      SSでも小気味いい掛け合いが炸裂してますので、ぜひチェックしてくださいね!

       

      電子版は25日発売です。

       

       

       

       

      そんなこんなの「友人キャラは大変ですか?3」は、全国書店さまにて大好評発売中です!

       

      ファンの方も初めての方も、楽しんでくれたら嬉しいです(^^)/

       

       

       

       

       

       

      • 2017.08.19 Saturday
      • -
      • 05:35
      • -
      • -
      • by

      慟哭の前巻から、時間は再び動き始める。

      0

        『筺底のエルピス5 ―迷い子たちの一歩―』

        ↑↑↑
        画像をクリックで試し読み。

         

        満を持して発売です。

        叶の背中合わせのイラスト。

        天に見えるは希望の空か、足の着く地は地獄のそれか、というような寓意的なイラストです。

        きっと、ここまで読んで下さっている方々にはニュアンスが伝わるのでは、と。

        toi8さん、ものの見事に表現して下さってありがとうございました。


        衝撃的なラストを迎えた前巻(四巻)

        ネット上でも様々な叫び声が上がっていました。

        いやホントに僕も辛かったです……。ホントに……。
        希望(=エルピス)を求めた先に突きつけられる絶望。
        その事実を受け容れたくないけれども、受け容れなくてはならない……。


        そんな辛さを抱えて、

        皆々さま、お待たせいたしました!!

        果たして「彼女」はどうなってしまうのか……?
        もちろん、それが気になるところでしょう!!

        しかし、あの《捨環戦》の真実は、「彼女」だけにではなく、《門部》の面々、そして、二巻で描かれた夏のひと幕に参加していた天文部員たちにも癒やせぬ傷を刻みます。

        その傷同士が、どのように影響しあい、そしてストーリーに繋がっていくのか。

         

        二巻と軽く書きましたけど、三、四巻で描かれ続けた地獄を思うと、遙か昔に戻ってしまったかのような気すらしますね……。
        時間が戻ったことにより、一度は別の時空で退場してしまったキャラクターたちも再び登場します。

         

        個人的には、奥菜正惟と姥山冬九郎の師弟コンビの復活が実に嬉しかったり……。
        他にも、名前しか出ていなかったキャラクター達も登場したりします。それがまた嬉しい。

         

        とにかく、今後の展開がより楽しみになる一冊になっているので、なにとぞなにとぞ。

        まだまだ全五巻なので、すぐに追いつけますよ!(←コレ重要!!)

        ここまでの四巻。


        そして、ここからの五巻。

        その広がる物語の時空に、期待せざるを得ません!!

        また、この度は『屍者の帝国』や『道化師の蝶』などを執筆されている、

        芥川賞作家の円城塔氏より、帯の推薦文をいただきました!

        ※画像では読みづらいかも知れないので、下に推薦文のテキストをば。

         

        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        こんな形の物語は見たことがない。

        ジャンルをジャンルで上書きしていく、この物語のつくり方は見たことがない。

        鬼に逢っては鬼を殺し、祖に逢っては祖を殺し、仏に逢っては仏を殺す、オキシタケヒコの書き方は作者まで殺してしまうかもしれない。(円城塔)

        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
        ご覧の通り、候補を3ついただいていたのですが、どれもかっこ良く……選ぶこともできず全文掲載するなどということをしております。(汗)

        (氏のTwitterを見て察している方もいらっしゃると思いますが)

         

        この推薦文から想像される内容に相応しい「凄み」を感じる本作。

        そして、第五巻。
        ぜひぜひ、この重厚なストーリーの奔流に、身を任しつつ楽しんでいただけましたら幸いです。

         

        編集部(小)でした。

         


        『平浦ファミリズム』書き下ろしSS公開!!

        0

           

          第11回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作

          『平浦ファミリズム』(著:遍 柳一 イラスト:さかもと侑)

           

          先週発売されてから、

          各所で賞賛の声が相次いでいます!

           

          「本当に素晴らしい」

                    

          「新人とは思えないほどの完成度の高さ」

           

          「読みながら鳥肌が立った」

           

          「万人が読むべき傑作」

              

          「ヤバい。めちゃくちゃ面白い」   

           

          「読み終えたあとの満足感がすごい」

           

          「最高の一冊」

           

          「文句のつけようがない快作」

           

          「……優勝!」

           

          これらの声への感謝の意として、

          著者の遍 柳一先生がショートストーリーを書き下ろしました!

          平浦家のとある日のひとコマ。

          本編を読まれたあとのほうがより楽しめる内容となっています。

          それでは、どうぞ!

           

           

           

           はじめの一歩

           

           あれは、私が引き籠ってから、いつ頃のことだったろう。

           夕ご飯を食べながら、何気なく観ていたテレビ番組。画面には、キャンバスに向かって一心に絵筆を動かす、ひとりの女性の姿が映し出されていた。

           描いていたのは、都会の喧騒を行き交う人々の姿。その絵はまだ完成途中のもので、全体から受ける印象はともかく雑多の一言に尽きた。

           でも、私はそこに描かれた人々に浮かぶ表情、そのあまりの精緻さに、何か胸に込み上げるものを感じていた。それは温かさであり、切なさであり、油断すると涙が出そうになるような、不思議な感情だった。

           疲れた表情をしたサラリーマンを描く時、その女性もまた疲れたような顔をした。母親と嬉しそうに手を繋ぐ子供を描く時、やはり女性も無邪気な表情をするのだった。

           たぶん、その人にとって絵の中にいる人間たちは、向き合うべき世界だったんだと思う。現実と何ひとつ変わらない、想いを寄せるべき他人だったんだと思う。

          「お兄ちゃん! ちょっと!」

           テレビ番組を見終えてすぐにお兄ちゃんを捕まえ、椅子へと座らせる。「ど、どうしんたんだよ」と遅れて声を出すお兄ちゃんに、「しっ!」と静止を促す。そうして早速、スケッチブックと鉛筆を手に、お兄ちゃんの姿を描いていく。

           絵を描くことは、昔から好きだった。

           でも私は、人物画を描くのは、あまり得意じゃなかった。

           だから、まずは近くにいる人から―――そこから始めてみようと、そう思った。

           

           世の中には、本当に、たくさんの人間がいる。

           優しい人。厳しい人。元気いっぱいの人。何かに疲れちゃった人。

           強い信念を持った人や、いろんなことに、思い悩んでいる人―――。

           それはきっと、当たり前のことで。

           でも、私にはまだ、その当たり前が分からなくて。

           だから、もっともっと絵を描いてみたいって、そう思ったんだ。

           そんなやり方で生きていくのは、もしかしたら普通じゃないのかもしれない。

           でも、それが今の私にできる、精いっぱいの世界との向き合い方だから。

           それを応援してくれる人が、私の周りにはいるから―――。

           

          「どうでもいいけど、なんでそんなに仏頂面なんだよ。岬」

           一生懸命に描いていると、お兄ちゃんが怪訝そうにそう言った。

          「だって、お兄ちゃんを描いてるんだから、そうなるもん」

           要領を得ない様子のお兄ちゃん。だが、すぐに「何だそりゃ」と口元を綻ばせる。

           それに釣られて、自然と、私も表情が緩む。

           ああ、少なくとも私、お兄ちゃんにはちゃんと、向き合うことができているみたいだ。

           なんだかほっとして、手元が柔らかくなる。すると、自分でも予想しなかった線が描けた。

           仏頂面だけど、不器用な優しさも垣間見える、なんとも言えないお兄ちゃんの顔。

           うーん。我ながら、いい出来栄えだ。

                                             (了)

          • 2017.07.29 Saturday
          • -
          • 13:00
          • -
          • -
          • by

          第11回小学館ライトノベル大賞<ガガガ大賞>受賞作『平浦ファミリズム』発売!

          0

             

            第11回小学館ライトノベル大賞

               ガガガ大賞受賞

             

              『平浦ファミリズム』

             

                満を持しての発売です!!!

             

             

            (画像をクリックすると、試し読みページにジャンプします)

             

            著者はこの作品が作家デビューとなる遍 柳一先生。

            本作は、ゲスト審査員・広江礼威先生に大絶賛され、

            3年ぶりのガガガ大賞選出となりました。

            思い出すのは選考会のあの日のこと――

            応募作のガガガ大賞受賞が決まった瞬間、

            「一秒でもこのことを彼に伝えたい!」

            そう思った私は会議室を飛び出し……。

             

            このドラマチックな模様は、

            ラノベニュースオンラインさんの遍 柳一先生独占インタビュー

            で語られておりますので、ぜひそちらをご覧になってください!

             

            ラノベニュースオンライン

            http://ln-news.com/archives/57172/post-57172/

             

             

            さて、この『平浦ファミリズム』というタイトル。

            平たくいうと「平浦さんちの家族主義」といった感じです。

            ではここで、平浦家の面々をご紹介。

             

             

            平浦一慶(ひらうら・いっけい)

            主人公。平浦家の長男。

            プログラミングの才能に長けており、

            ろくに高校にも通わず一人アプリの開発に励む。

             

             

            平浦 悠(ひらうら・はるか)

            20歳。平浦家の長女。

            行動派のトランスジェンダー。

            腕っぷしの強さと長髪から、

            子供の頃についたあだ名は「落ち武者」。

             

             

            平浦 岬(ひらうら・みさき)

            11歳。平浦家の次女。

            引き籠りのアニメオタク。

            幼稚園のころから引き籠もりを開始。

            プロ顔負けの絵の才能を持つ。

             

             

            平浦竜吉(ひらうら・たつよし)

            45歳。平浦家の父。

            コミュ障のフリーター。

            大学時代に妻ひとみに一目惚れし、

            ストーカーまがいのアタックをかけた。

             

            といった個性的なキャラクターがそろった平浦家ですが、

            この家族には母親がいません――。

             

            家族の「死」や「別れ」は、

            残された者たちが乗り越えなければならない大きな壁です。

            平浦家は一家にとって太陽のような存在であった

            母親を亡くしてしまいます。

             

             

            大丈夫だよ、一慶。あんたにも、きっと――――

             

            死の前日、母親のひとみが言い残した言葉。

            当時、小学六年生だった一慶は、

            この言葉の真意を分かりかねたまま成長し、今や高校二年生。

            頭脳明晰、スポーツ万能……なんだけど、目立ちたくないので、

            テストは半分くらいまで解いて残りを白紙で提出して自己防衛。

            学校での友人は皆無。

            だが、それでいい。

            そんなふうに人と関わりを持つことを避けて生きてきた一慶。

            ところがある日、ほんの気まぐれで行った善行が、

            とんでもない事件を引き起こしてしまう……。

             

             

            冒頭でご紹介したインタビューのなかで

            遍先生も語っておられますが、

            この『平浦ファミリズム』はぜひ学生の方に読んでほしい!

            私も応募原稿を読みながら、

            もしこの小説を自分が思春期のころに読んでいたら……。

            と、考えずにはいられませんでした。

            家族とは? 他人とは? そして、自分とは?

            いろんなことを考えさせてくれる本だと思います。本気で。

            さかもと侑先生の、

            それぞれのキャラクターの気持ちに寄り添うようにして

            丁寧に描かれたイラストも魅力的な一冊。

            ぜひお手に取っていただきたいです!!!

             

             

            それでは、ここからは特典情報を!

             

            とらのあな様

            イラストカード

             

             

            ゲーマーズ様

            SSペーパー「一之瀬ファミリズム」

             

            数には限りがございますのでご購入はお早めに!

             

            編集(濱)でした!

             

            • 2017.07.19 Wednesday
            • -
            • 18:45
            • -
            • -
            • by

            第11回小学館ライトノベル大賞〈ガガガ賞〉受賞!「ひきこもり姫を歌わせたいっ!」発売!!

            0

              ふぁっ●んほっと!!!!

               

              東京では梅雨明けが宣言された、すっかり夏らしい空模様でございます!

              そんな中、待望のこのときがやってまいりました!

               

              毎年恒例(?)ガガガの夏、到来!!!!!

               

              もう冷やし中華ばりに「ガガガ文庫、夏の青春物はじめました」って感じです。

              今年も良い青春物、入ってますよお客さん!

               

              それではご紹介しましょう!!

              第11回小学館ライトノベル大賞の最終ターン!

               

              歌わせたいっ!です!!

              (著:水坂不適合 イラスト:有坂あこ)

              (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい) 

              (田).。oO(ちなみにpixivさんでも試し読みができるぞい)

              (田).。oO(デザイナーさんからデザインをいただいたときになぜか「赤坂BLITZ」を思い出す。たぶんイナズマしかあってない……) 

               

              ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

              (田).。oO(可愛すぎるひきこもり姫……恋に落ちそう)

               

              イラストを担当してくださったのはTVアニメ「正解するカド」でキャラクター原案を担当した有坂あこ先生です!

              この方に、いつか青春物のイラストを描いて欲しい……

              そんな(田)的趣味全開のもと、今回お願いしてご快諾していただいた次第です。(やったぜ)

               

              そんなわけであらすじはこちらです!

              ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

              青春は歌うことと見つけたり!

              超絶歌下手男子・蒼山礼人。ロックバンドの甲子園での優勝を目指す彼が出会ったのは、魔法の歌声を持つ『ひきこもり姫』・灯坂遙奈だった。過去のトラウマから周囲との交流を避ける彼女に、礼人は諦めずに声をかけ続ける。「灯坂が歌ってくれたら、絶対すげぇライブができる」「……本気で言ってますか?」「本気も本気だけど――俺はさ、人間はなりたいものになれるって思うんだ」。第11回小学館ライトノベル大賞でガガガ賞を受賞! 何者でもない少年少女たちが叫ぶ、不器用だけどまっすぐな青春ロックバンドストーリー開演!!

              ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

               

              「何者でもない少年少女たちが叫ぶ、不器用だけどまっすぐな青春ロックバンドストーリー」

              この作品はこれに尽きます。

              まだ何者にもなれていない高校生が、不器用ながらもどこまでもまっすぐに音楽に取り組む姿が印象的な作品です。

               

              これここだけの内緒の話なんですけど、「ひきこもり姫」の応募作を読んだとき、僕は思わず泣いてしまいました。

              大げさかもしれませんけど、大の男一人を泣かせるくらいには……きっとすごいパワーのある作品なのです!

               

              さてさて、そんな作品に登場する高校生たちをご紹介!

              ●蒼山礼人
              致命的に歌が下手。バンド『瞬間最大風速』ギター・作曲担当。

               

              ●灯坂遙奈
              ひきこもり姫。魔法の歌声を持つが極度のコミュニケーション難。

               

              ●千賀朝子
              礼人の幼なじみ。美人で成績優秀。バンド『瞬間最大風速』ドラム担当。

               

              ●城崎 蓮
              帰国子女。いつも寝ている。バンド『瞬間最大風速』ベース担当。


               

               

              本作は超絶歌下手男子の礼人と、魔法の歌声を持つひきこもり歌姫の遙奈が出会うところから物語が始まります。

              果たして礼人はひきこもり姫である遙奈をステージで歌わせることができるのか!

              その結末は……もちろん本編をお楽しみに!

               

              それでは、もっと作品の魅力を知ってもらうために、

              Blogを見ている皆さまにだけ本文内カットを公開!!

               

              ▼最高のボーカルを見つけた!

              (田).。oO(マイ枕でぐっすりでワロタ)

               

              ▼ひきこもり姫とトランプ!

              (田).。oO(ひきこもり姫とのこの距離感が愛おしい……)

               

              ▼夜の浜辺……歌姫との時間

              (田).。oO(雰囲気抜群のイラストの数々は必見!控えめに言って有坂先生本当にありがとうございます。)

               

               

               

              さらに、

              特典も充実してますよ!!

               

              ●とらのあな様

              イラストカード

               

              ●ゲーマーズ様

              特製ブロマイド

               

              数に限りがございますので、お早めにどうぞ〜!

               

               

               

              それぞれの人にそれぞれの青春の有り様があると思います。

              そんな中でも、「歌」に青春を見いだした彼ら。

              彼らが疾走していく姿を、ぜひぜひ最後まで一緒に追いかけてくださいませ!

               

              『ひきこもり姫を歌わせたいっ!』は全国書店様にて好評発売中です!!

               

              お手にとっていただければこれ以上に嬉しいことはないです!(ノ><)ノ

              以上、編集(田)でした!


              1500万PV突破の大人気作!『レイロアの司祭さま』本日発売!!

              0

                どもども!

                最近編集部でもはぐれ者を気取りたいお年頃の編集(田)です!

                東京はようやく梅雨明け宣言。梅雨明け前のハチャメチャ雷雨がゲリラ的に豪雨していますが、まあ会社にずっといれば問題ないよねー

                 

                というわけで!

                本日ご紹介しますは、、、、

                小説投稿サイト「小説家になろう」にて1500万PV突破(7/19現在)の話題作!

                ガガガブックス第3弾!!

                『レイロアの司祭さま 〜はぐれ司祭のコツコツ冒険譚〜』でございます〜!!!

                (著:朧丸 イラスト:野崎つばた)

                (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい) 

                (田).。oO(ちなみにpixivさんでも試し読みができるぞい)


                ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

                (田).。oO(こっちに飛び出してきそう!ほほえましいワンショット!)
                 
                本作は「小説家になろう」にて、大人気の冒険ファンタジーなのですが、、、

                帯を作っている段階でPV数がえらく増えて、帯のものと現在のもので差ができるほどの人気っぷりなのです!

                 

                帯:1400万PV突破 → 現実:1500万PV突破

                 

                (田).。oO(すごーい!でもこれ(田)の詰めが甘いだけなんじゃ?)

                 

                そしてなにより忘れてはいけないのが、書き下ろし短編!

                書籍版だけの番外編「レイニィブルー」が収録されています!!

                これは控えめに言ってファン必読ですよねえ!

                 

                 

                さてさて、というわけでさっそく内容のほうをご紹介です!
                ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
                はぐれ者には福がある?

                冒険者が集う、冒険者のための街・『迷宮都市レイロア』。ひょんなことから上級職の司祭になってしまったノエルは、あまりにも遅い成長速度のせいで固定パーティを組めず、便利屋稼業を続けていた。たとえ一度きりの参加となるパーティでさえも、ノエルにとってはかけがえのないつながりで、その縁がまた別の縁を結んでいく。そして、コツコツと冒険を続ける彼のまわりには、徐々に個性豊かな面々が集まり始める。はぐれ司祭と愉快な仲間達が繰り広げる、せちがらくもどこか楽しい異世界冒険活劇、はじまり はじまり!

                ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
                 
                とても賑やかなお話しが始まりそうですね!

                冒険活劇という言葉にワクワクします(自分で考えたあらすじだけど)

                今回のお話しは、いろんな段階をすっ飛ばしていきなり上級職の《司祭》になってしまったがために、成長速度が周りと比べて著しく遅い青年・ノエルが、「便利屋」家業を続けつつ、いろんな人(とかモンスターとか)と出会い成長していく物語なのです。

                 
                さて、まずはなにより、この作品世界を彩るキャラクターたちの紹介です!

                ▼キャラ紹介はキャラデザインとともに

                 

                ●ノエル
                はぐれ司祭。便利屋稼業を続けている。

                ●ジャック
                ノエルの相棒その1。元騎士のスケルトン。

                ●ルーシー
                ノエルの相棒その2。ゴーストの少女。

                ●ミリィ
                かつてノエルと同じパーティにいた魔法使い。

                ●リオ

                地下迷宮内で〈黒猫堂〉を営む。職業は盗賊。

                 

                (田).。oO(コツコツとがんばるノエルの周りが徐々に賑やかになっていくのが素敵)

                 

                そのほかにも、個性豊かなキャラクターたちが次々と登場します!

                なかでも注目したいのが、、、

                 

                はぐれ司祭ノエルの相棒たちです!!

                (田).。oO(コミカル担当なジャック!書籍版で出番も増えたルーシー!担当的超癒やしポイントな二人!)


                最初は固定パーティを組めずに悩むノエルですが、人と人との縁が繋がって徐々に周りには仲間が集まってきます。

                それでは、さらに作品世界を深掘りしていくために、部ログをご覧の皆様限定で本文内イラストを公開!

                 

                ▼冒険者ギルドにはたくさんの依頼が!

                (田).。oO(ノエルはここでスポット参戦させてくれるパーティを探すのです)

                 

                ▼呼ばれて飛び出てじゃじゃーん!!

                (田).。oO(ルーシー!!!俺だー!!!!娘になってくれ−!!!!!)

                 


                そして、もちろん購入特典もございます!

                ●アニメイト様

                書き下ろしSSペーパー

                 

                ●とらのあな様

                メッセージ付きイラストカード

                 

                もちろん数に限りがあると思いますので、ご購入はお早めに!!

                 

                また、「小説家になろう」サイト内にて、バナー広告が掲載されています!

                (田).。oO(縦に長いよPC版)

                 

                (田).。oO(横に長いよスマホ版)

                 

                 

                 

                 

                ノエルたちの物語はまだまだ始まったばかり!

                たくさんの冒険を一緒に見守っていただければ幸いです!

                 

                『レイロアの司祭さま 〜はぐれ司祭のコツコツ冒険譚〜』は全国書店様にて好評発売中です!!

                以上、編集(田)でしたー!


                これが世界を魅了した超級エンタメ! 公式ノベライズ『RWBY the Session』本日発売!

                0

                  どうもどうも〜、編集(岩)です!

                   

                   

                  さっそくですが皆さん、RWBY(ルビー)』をご存じですか?

                   

                   

                  アメリカ発の3DCGアニメーションで、

                  再生回数は7000万回以上

                  全世界に熱狂的なファンを持ち、

                  国際WEBアカデミー賞最優秀賞を受賞、

                  この度ついに日本上陸し、

                  現在TVアニメが大絶賛放送中の、

                   

                  あの『RWBY』です。

                   

                   

                  もし知らなかったという方がいたら、問答無用で公式サイトにとんでください。

                  http://rwby.jp/

                   

                  赤、白、黒、黄の4色のトレーラーをチェックすれば、あなたもようこそ『RWBY』沼!

                   

                   

                   

                   

                  そんな『RWBY』が、このたび小説になりました。

                   

                  RWBY the Session

                  ガガガ文庫にて本日19日、発売です!

                   

                   

                   

                   

                  『RWBY』を日本の地上波で観られるときがくるとは……。

                  しかも、そのタイミングでノベライズを出せるとは……。

                   

                   

                  実に感慨深いです。

                   

                   

                   

                  編集(岩)は、この原作アニメがもともと大好きなんです。

                   

                  スタイリッシュなアクションが最高なのは言うまでもないんですが、

                  なによりキャラがすばらしい。

                   

                  ヘビーな物語軸にもかかわらず気楽に見られるのは、

                  やっぱりキャラクターの魅力に他ならないと思うんですよね。

                   

                   

                  ちなみに、

                  僕の推しはピュラです。

                   

                  圧倒的にピュラです。

                   

                  誰がなんと言おうとピュラです。

                   

                  なんですかあの圧倒的正妻感。惚れてまうやろ!

                   

                   

                  アニメでどういう風に再編集されているのかは分からないのですが、

                  ピュラとジョーンのエピソードがどうかカットされてませんように……(切望)

                   

                   

                   

                  この話をすると長くなりますからね!

                  さっそく本作、『RWBY the Session』のご紹介と参りましょう!

                   

                  あらすじはこちら!

                  ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

                  全世界待望! 美少女3DCGアニメーション『RWBY』、初の公式ノベライズがガガガ文庫に登場! Volume1とVolume2をつなぐ完全オリジナルストーリー! すべてのファンに捧ぐ、誰も見たことのない“RWBY”がここにある。夏期休暇をリゾート島で過ごすことになったRWBYとJNPRの面々。訓練派のワイスとレジャー派のヤンの衝突から、JNPRも巻きこんでのまさかの即席チームが組まれることに。巨大企業が運営するドローンたちの楽園で、忘れられない一夏がはじまる――。

                  ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

                   

                   

                  世界初の『RWBY』公式ノベライズ、それが『RWBY the Session』です。

                   

                  本国のアメリカを差し置いていいのか!?と思わないでもないですが、結果的に初だったんだからしょうがない!

                   

                  時期的にはVolume1とVolume2の間、ルビーたちの夏期休暇を描く物語となっています。

                   

                   

                   

                  初見の人が楽しめるように……とも思っていましたが、

                  やっぱりどうしても、ファン向けの内容にはなっちゃいますよね。

                   

                  必然、ファンの方が見たいと思うだろう展開・ネタがちりばめられています。

                   

                   

                  たとえばルビーたちの水着姿。

                  これは激レアだと思うんですよ!

                  ヤスダスズヒト先生が惜しげもなくカバーで描いてくださったので、このパッケージを見てガッツポーズをした人がけっこういるんじゃないかと思います。僕もガッツポーズしました。これが見たかった!

                   

                   

                  そして即席チームアップ。

                  ファンの皆さんなら、一度は考えたことがありませんか?

                  Volume1のチーム編成で、この4人が同じチームにならなかったとしたら――。

                   

                  あらすじにあるRWBYとJNPRのチームシャッフルは、このIFをやってみたくて盛り込まれたアイデアです。

                  ファンなら「にやり」としてもらえる展開ではないかと思います。

                  (※注。本ノベライズ企画の話が始まったのは、Volume4が公開される前でした。これで色々と察してください……RNJR……)

                   

                   

                  他にも、色の名前をもつオリジナルキャラが出てきたり、

                  きっとRWBY好きならニヤニヤできるネタが盛りだくさんです!

                   

                   

                   

                   

                   

                  また、今回のノベライズを語るにあたって、ヤスダスズヒト先生の存在は欠かせません。

                   

                  ヤスダスズヒト先生のRWBY絵が見たかったんだ! そんな人も多かったのではないでしょうか。

                   

                  実際、この章扉イラストを見るだけでも、RWBYファンは圧倒的多幸感に包まれるはずです。ソースは僕。

                   

                   

                   

                  あふぅ……(多幸感)

                   

                   

                  イラストだけでも十二分の価値がありますよね。

                  ですが、今回そこにがっちりと“物語”が乗りました。

                   

                  ヤスダスズヒト先生をして「面白い!」と唸らせた伊崎先生渾身のストーリー、ぜひご一読ください。

                   

                   

                   

                   

                  あとは読んでみてのお楽しみです!

                   

                  世界規模でファンが多い作品ですので、正直、畏れ多さや、オリジナルストーリーをつくる怖さは相当にありました。

                   

                  ですが、「ファンが喜ぶノベライズ」をテーマに、関係者一同、一生懸命つくったつもりです。

                   

                   

                   

                  最後にこのブログの場を借りまして、故Monty Oum氏、Rooster Teethの皆さま、ワーナー・ブラザースジャパンとリアルコーヒーのご担当者さま、そして『RWBY』を愛するすべての人たちに感謝を。

                   

                  ありがとうございました!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  PS.

                  『RWBY the Session』著者、伊崎喬助先生のデビュー作もこっそり紹介を。

                  架空のアメリカを舞台にしたスチパン風バトルアクションです。

                   

                  こちらも面白いので、ご興味がありましたらぜひ!

                   

                  『スチームヘヴン・フリークス1〜3』

                  https://www.shogakukan.co.jp/books/09451498

                   

                  https://www.shogakukan.co.jp/books/09451521

                   

                  https://www.shogakukan.co.jp/books/09451547

                   

                   

                   

                   

                   

                  • 2017.07.19 Wednesday
                  • -
                  • 00:00
                  • -
                  • -
                  • by

                  コーポ勇者に秘められた謎がいま、明らかに! 『勇者と勇者と勇者と勇者5』本日発売!

                  0

                    どうもどうも〜、編集(岩)です。

                     

                    1か月遅れにて失礼いたしました!

                     

                    勇者勇者勇者勇者本日発売ですよ〜!

                     

                     

                     

                    ちょっと間が空いてもすっと入れるのが本作の魅力!

                     

                    ポップでかわいいコメディは今巻も健在です!

                     

                     

                    そして、この毎巻かわいくなるカバーイラストですよ……。

                     

                    キャラの魅力があますことなく出てますよね!

                     

                    エリたんの性格知ってても、このカバー見たら推しになりますわ!

                     

                    すまき先生、相変わらず見事なお手前です。

                     

                     

                     

                    ともあれ、気になるあらすじを見てまいりましょう。

                     

                    ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

                    再びルディたちの前に現れたロリ賢者ソニア。コーポ勇者の地下に拡がるダンジョンを調べ出すが――「おい、バカ賢者。最近、誰かの目線を猛烈に感じるんだが……」「あー、協会の人の監視だねー。ソニア、協会に目つけられてるからねー」ソニアに巻きこまれ勇者協会と敵対してしまうルディたち。いい感じに口利きしてもらうはずが、逆に干されてしまった!どうやら勇者協会は、魔王復活にまつわるソニアの研究を止めたいらしい。激安アパートに秘められた業界激震の真実とは……!? せちがら系勇者列伝第5巻、ここに堂々暴露!

                    ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

                     

                     

                     

                    1巻から振られていたコーポ勇者の秘密が、ついに明らかに……!

                     

                    そして、ついに魔王も復活……!? 

                     

                     

                    いやはや、こんなネタが1巻から仕込まれていたとはなぁ。たまげました。

                     

                     

                    読者の方は驚くと同時に、すごく納得されるんじゃないでしょうか。

                     

                    すごく「ゆゆゆゆ」らしい、せちがらさ満点のオチですから(笑。

                     

                    川岸殴魚先生のえすぷりがききまくった第5巻、必読です。

                     

                     

                     

                    えー、さてさて。

                    そんなこんなで、「ゆゆゆゆ」シリーズも5巻まできたわけです。

                     

                     

                    いやー、言いたくない。

                    言いたくないけど、言わなければならないですかねー。

                     

                    『勇者と勇者と勇者と勇者』、なんと、この5巻をもって完結でございます。

                     

                     

                    さびしいですね〜。

                     

                    前作がご長寿な『人生』でしたから、なおさらその思いはありますね。

                     

                     

                    しかし、終わりがあるからこそ物語は輝くのです。

                     

                    死があるからこそ生が輝くのと同じように。

                     

                    by編集(岩)

                     

                     

                    ……冗談はさておき、やっぱり物語にも終わらせどきというものがあると思うんですね。

                     

                    語るべきテーマを語り尽くしたとき、必然、その物語は終わりを迎えるのでしょう。

                     

                     

                    1巻から仕込んだタネが、最後どのように実を結ぶか――。

                    そしてルディたちの成長と、それぞれが進むべき道のりは――。

                     

                    ぜひ、最後まで見届けてください。

                     

                     

                     

                    最後に、毎巻恒例、モノクロピックアップです!

                     

                     

                    勇者の必修科目、ハンドサイン。

                    ――それがjgはsjtごそりいさぁ! jぎおあさぁ!

                    ……わかるか!

                     

                     

                    エリたん vs ナディーネ!

                    なんで対決してるのかは……ナイショ! ネタバレる!

                     

                     

                    おそいくる恐怖……これが真の魔王!?

                    ちなみに、エロいシーンじゃないんだからね!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    業界の闇に立ち向かう、ルディたちの勇姿にご期待ください!

                     

                     

                    ということで、勇者勇者勇者勇者は本日より全国書店さまにて発売です。

                     

                    応援よろしくお願いします!(^^)/

                     

                     

                     

                     

                     

                    PS.

                    ……最後にひとつ!

                    「あとがきの帝王」として知られる川岸殴魚先生でも、

                    シリーズ完結あとがきは今までたったの二度しか経験がありません。

                     

                    記念すべき3作目のシリーズ完結あとがき……こちらも必読ですぞッ!(☼ Д ☼) クワッ

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    ここガ知りたい! ガガガ特捜部7月刊〜編集部ログ編

                    0

                       

                      七夕の短冊は、もともとは和歌を下げていたことから転じたとかなんとか。困った時の神頼み、ではありませんが、こういうものに頼りたくなってしまうのが人間の性分。そんなわけで今回の質問はこちら。

                      ------------------------------------------------------------------------------------

                      毎年家族で七夕のときに短冊に願い事を書いています。先生方の今すぐ叶えて欲しいお願い事を教えてください。

                      ------------------------------------------------------------------------------------

                      こちらの質問を送ってくれた神奈川県の「アレガデネブ」さん、ありがとうございます!!

                      ではでは、ここだけでしか見ることができない、ガ報7月刊[ここガ知りたい!ガガガ特捜部]に載せきれなかった先生方の回答をご紹介します!(※敬称略)

                       

                      ・赤城大空 

                      ぼくの家の隣に、すぐ全裸になる美少女ラノベ作家が引っ越してきますように。

                       

                      ・秋目

                      最近、念願だったペット可の物件に引っ越したので、猫との出会いがありますように! が願い事です。

                       

                      ・浅井ラボ

                      核融合発電とナノマシンの実用化。

                       

                      ・遍 柳一

                      「もっとやさしくなりたい」です。人とか、地球とか、その辺のノラネコとかに。

                       

                      ・新木

                      EGコンバット・ファイナル(最終巻)を読ませろー!

                       

                      ・伊神一稀

                      恥も外聞もなく新刊発売&メディアミックス展開。

                       

                      ・池田朝佳

                      お、お金……じゃなくて、痩せたい。健康的に痩せたいです!

                       

                      ・伊崎喬助

                      愛をください。

                       

                      ・犬村小六

                      明日、目が覚めたら原稿が書き上がってますように。

                       

                      ・今慈ムジナ

                      チート能力(好感度操作)を持って異世界に転生してハーレムを築きあげたいです。

                       

                      ・岡本タクヤ

                      世界から戦争がなくなること。そして最寄り駅にはなまるうどんができることです。

                       

                      ・オキシタケヒコ

                      重版+増刷。

                       

                      ・朧丸

                      今年こそは蛍をたくさん見れますように。

                       

                      ・海津ゆたか

                      睡眠時間と休日をくれ!

                       

                      ・上谷

                      そうですね、可及的速やかに美少女のお嫁さんが欲しいですね。

                       

                      ・カミツキレイニー

                      新企画が通りますように!

                       

                      ・陸 凡鳥

                      とりあえず2万円ほしい。

                       

                      ・小木君人

                      羽田にカドが出現してほしいです。無限のエネルギーと眠らなくていい身体が欲しい……。

                       

                      ・近村英一

                      腰痛と肩こりが酷いので、何とかして欲しいです

                       

                      ・酒井田寛太郎

                      僕の書いたラノベのヒロインみたいに、可愛くて気立てが良くてスタイル抜群の女の子と結婚したいです。

                       

                      ・坂下

                      自宅の近くに落っこちた雷のせいで吹っ飛んだPCデータの復元。神様マジでほんとお願いします。

                       

                      ・細音

                      〆切はそのままでいいので1日72時間にしてください……(48時間でも足りない)。

                       

                      ・白樺みひゃえる

                      世界が平和になって俺だけがモテモテになりますように。

                       

                      ・助供珠樹

                      心残りがあるまま会えなくなってしまった方に、偶然ばったりと会える機会が欲しいです。

                       

                      ・砂義出雲

                      新作が無事出せた上で大ヒット。

                       

                      ・田尾典丈

                      暴飲暴食を繰り返しても、太らない体がほしいです。

                       

                      ・高岡杉成

                      腹筋が割れますように。

                       

                      ・手島史詞

                      休みがほちい。

                       

                      ・手代木正太郎

                      一生病気しない確約を神様からもらいたい

                       

                      ・中沢

                      願い事が一つもなくなるくらい、全ての夢が叶ってくれますように。

                       

                      ・夏

                      スペースワールドで「ザターン」に乗りたいです。前に行ったとき、見るからに恐ろしすぎて乗らなかったのですが、今年の末で閉園になってしまうと聞いて……。「タイタン」も怖すぎて1度しか乗らなかったので、乗っておきたいです。

                       

                      ・ハマカズシ

                      ジャスティン・ビーバーに見つかりますように。

                       

                      ・牧野圭祐

                      今すぐ肩痛が治りますように……。

                       

                      ・ますもとたくや 

                      世界の全てのハンバーガーからピクルスが消えますように。

                       

                      ・水坂不適合

                      授賞式で同期の方の連絡先を聞きそびれるという痛恨のミスを犯しました。連絡先が知りたいです。

                       

                      ・水市

                      月並みですが「いい作品に出会えますように」。

                      小説、漫画、映画など媒体問わず。

                      「書けますように」の方は自分で何とかします。

                       

                      ・水沢

                      これからも本が出せますように。

                       

                      ・水野

                      ぬくもりがほしいです。

                       

                      ・本岡冬成

                      出版してたくさんの人に読んでもらいたい(心からの叫び)。……何か生々しいですね。

                       

                      ・森田季節

                      三十代になったので、そろそろ彼女がほしい。

                       

                      ・山川

                      毎回このコーナーの回答に悩むので、いつでも面白い答えを返せる大喜利脳がほしい。

                       

                       

                       

                      困ったときの七夕短冊ですよね。わかります。

                      僕の願いはもちろんこれです。

                       

                      織姫様!!!!!俺だ!!!!!!!!!!俺と結婚してくれるような女友達紹介してくれ!!!!!!!!!!!

                       

                      ………………。

                      以上、なんだかこの調子だと婚期を逃しそうな編集(田)がお送りしましたー!


                      << | 3/22PAGES | >>