美少年に化けた世界最強(かつ絶倫な)魔王が勇者の学園に入学!『世界最強の魔王ですが誰も〜(ry』発売!

0

     

     

     

    世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。』

    (著:両道 渡 イラスト:azuタロウ)

     

    タイトル文字数44文字。

    ガガガブックスはもちろん、ガガガ文庫の中でも最長です。

    もう、あらすじなんていらないレベルですが、あらすじを。        

     

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    圧倒的な力で魔族を支配する世界最強の魔王ルシファー。

    討伐にきた天使や女勇者を手籠めにして妻とし、

    食う・ヤる・寝るだけの怠惰な生活を続けていた。

    最後に勇者がやってきてから五百年が経過したある日、

    魔王の血の中に眠る破壊衝動が強敵を求めてうずきだす。

     

    「なぜ勇者は私を討伐しにこないのか、

         実にけしからん!」

     

    人間の少年に姿を変えたルシファーは、

    勇者育成機関の現状を探るためエルベリア帝国へ。

    入学試験における、”剣術・体術・魔術”の三科目を

    あっさりと主席で突破したルシファーは、

    早々に学園中の注目を集めてしまう……。

    世界最強の魔王の学園ライフ、始まる。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

     

    この魔王ルシファーがとにかく強い。そして下半身も強い。

    勇者を睨んだけで即死させ、女はとりあえず手籠めにする。

    そんな世界最強の魔王も『退屈』という魔物には勝てなかった……。

    そこで退屈しのぎに、美少年に化けて勇者を育てる学園に入学する。

    そんなお話です。

     

    それではここでキャラクターの紹介を。

    たくさんいますよ。

     

    テオドール(魔王ルシファー)

    魔王ルシファーが人間に化けた姿。

    人間に化けているため、本来の魔王としての力を

    ほとんど出せない状態だが、それでもクソ強い。

     

    ルミエル

    魔王の第一夫人。元天使の堕天使。

    魔王に手籠めにされて妻になるも今ではベタ惚れ。

     

    レナ

    魔王の第三夫人。元勇者の半魔神。

    魔王に手籠めにされて妻になるも今ではベタ惚れ。

     

    キース・レルミット

    テオドールの同級生。

    聖炎を受け継ぎしレルミット伯爵家の嫡男。

    テオドールとの実力差にショックを受ける。

     

    ロカ・コールライト

    テオドールの同級生。

    獣人族の国・ルーガル王国最後の王族。

    傲岸不遜に見えるがただの天然。

     

    シャウラ・ブランネージュ

    テオドールの同級生。

    ロカの奴隷にして護衛の狼の獣人。

    いつも気だるげ。女の子が好き。

     

    ジュリアン

    テオドールの同級生。

    人間に化けた竜族の少年で口が悪い。

    チビ。

     

    リズ

    テオドールの同級生。

    謎の多いエルフの美少女で、

    やたらとテオドールにからんでくる。

     

    リューディオ・ランベール

    学長。

    軍人としての階級は中将。

    テオドールも一目置く実力者。

     

     

    総勢9名。さらに登場人物は増えていく予定ですが、

    素晴らしいキャラクターたちを生み出してくれた

    イラスト担当のazuタロウさん、ありがとうございました!!!

     

    ここからは、本編の挿絵を使って名場面を抜粋!

     

    この二人、

    放課後はこんな感じでいいムードになって

    だいたい毎日セックスします。

     

     

     

    ロカ(主人)からシャウラ(奴隷)への

    サディスティックな痛めつけは、ある意味ご褒美。

     

    敵か? 味方か? 美少女エルフ・リズは、

    テオドールを安宿のベッドへと誘惑する。

     

    といった感じで、

    挿絵の抜粋はちょっとエロめなシーン寄りになりましたが、

    本編はかなりマジメにバトルしますし、

    思わずゾッとするようなシーンや、

    予想外の展開もあったりして一気読み必至です!!!!

     

    世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。』

     

    を、よろしくお願いいたします!

     

    あっ!

    大事になお知らせがありました!

     

     

    というわけで、

    コミカライズ企画進行中です!!!!

     

    続報は「ガ報」「ガガガ文庫公式Twitter」にて!

     

    編集(濱)でした。

     

    • 2019.05.18 Saturday
    • -
    • 13:51
    • -
    • -
    • by

    キミの青春がここにある――かもね?新時代の青春譚『学園者!』好評発売中!

    0

      最高の青春ってなんじゃろね?

       

      学生時代はフィクションにしか青春を見いだせなかったタイプの、編集(田)です。

      今月は担当作2本お届けします。

       

      それではさっそく紹介する作品は

      園者! 風紀委員青春泥棒

      です。

      (著:岡本タクヤ イラスト:マグカップ)

      https://www.shogakukan.co.jp/books/09451790

       

      (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい)
      (田).。oO(ほかにも、Pixivノベルさんなどでも試し読みがあるんじゃ!)
       
      ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

      (田).。oO(まさしく凸凹コンビ!)

       

      岡本タクヤ先生が一年ぶりに新作を刊行です。

      前シリーズ『異世界修学旅行』は全7巻の大作。「読売中高生新聞」でも連載され、短編集『異世界修学旅行DX』として刊行されました。

      前シリーズでは癖のあるキャラが盛りだくさん!笑いあり、涙ありなお話でしたが、本作でも濃いキャラ達は健在。巨大学園を舞台に、ドタバタと、それでいてそれぞれの青春にフィーチャーした作品になっています。

      前作が好きな方はもちろん、ライトノベルや漫画やアニメや小説の「学園モノ」を愛する全て方に本作を読んで欲しいと思っています。

       

      それでは、まずはあらすじから。
      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

      青春全部入りの学園物語、開幕!

      総生徒数三千人の巨大な高校・東天学園に通う高校二年生、椎名良士は、学園のトラブルシューター兼トラブルメーカーと呼ばれる風紀委員。椎名は日本の高校生活に憧れる帰国子女で新入生の少女、天野美咲と出会い、春の学園で起こる様々な事件に巻き込まれていく。部室棟での立て籠もり、生徒会長の失踪、高校デビューの相談――そして、様々な部活から青春を象徴するものが盗まれていく『青春泥棒』事件。学園の風紀とみんなの青春を守るため、風紀委員の凸凹コンビが学園中を駆け回る! 学園モノ全部入りの青春学園物語、開幕!

      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

       

      メインの二人は「風紀委員」

      生徒会と並ぶくらい有名な生徒組織ですが、実際のところ皆さんが思うのは「風紀委員ってなにしてんだろう…?」という疑問だと思います。

       

      正直僕も大変失礼ながら「風紀委員……不純異性交遊……スカート丈のチェック……不純異性交遊……」しか浮かびませんでした。(※今となっては反省しています)

       

      もちろん、本作の風紀委員が一般的な風紀委員ではありませんが、岡本先生の解釈の元の風紀委員が見られます。

      ある意味、新しい形なのでは……とすら思える、風紀委員の活躍。

      それも、「青春」をテーマにした物語です。

       

      読み応え抜群です。(376ページというラノベらしからぬ厚さ…)

       


       

      というわけで、まずは岡本先生とマグカップ先生が描く多彩なキャラたちからご紹介!

       

      ●椎名良士
      高二。風紀委員。

      口を開けば「めんどくせー」「かったるい」というひねくれ者のようで、実は世話焼きな一面も。

      頑丈なのがとりえ。

       

       

      ●天野美咲
      高一。学園生活に憧れる帰国子女。

      運動神経抜群だが、空気が読めない。

      超天然の陽キャ気質。

      外国や田舎を転々としていたため、日本の普通の学校生活の知識は漫画やドラマから仕入れたもので知識が偏っている。

       

      ●斯波夏実
      高三。愉快犯気質の風紀委員長。

      学内に敵も味方も多い。

      トラブルシューターであり、トラブルメーカーである。

       

      ●三島香澄
      高二。生徒会執行部。

      完璧な優等生だが、椎名に対してあたりがきつく、斯波を苦手としている。

      次期生徒会長の呼び声が高い。

       

      その他にも癖の強いキャラが盛りだくさんです。

      (田).。oO(特に陰キャの女王、御影英子先輩が生き生きしてて好き)

       


       

      それではここからは恒例の本文イラストを見せちゃうぞのコーナーです。

      マグカップ先生の描く楽しげな雰囲気が伝わってくるイラストを紹介します!

       

      ▼東天学園生!!!!!

      (田).。oO(後ろで快男児している風雲寺生徒会長の躁鬱ムーブは、ヤバー奴だらけの本作でもかなりの部類だと思う)

       

      ▼陰キャ界の女王、キレる!

      「漫画描きも小説書きも、ギリギリにならないと手を付けないくせに、あの手この手で締め切りを延ばそうとする!」

       

      ※編集注:締め切りは極力守りましょうね(私信)

       

      ▼机の塔の上で彼女は

      「後輩が出来ると成長するもんだねえ。感動で泣きそうだよ。ううっ」

      「斯波……先輩?」

       

      ▼優等生・三島香澄は苦労人

      「別にいいけどよ。今は何に疲れてんだよ」

      「……文化部室棟の一件の、後始末」

      「あ」

       

       

      さらに!

      マグカップ先生が販促イラストを描き下ろしてくださいました!

      本当にありがとうございます!

      (田).。oO(明るく元気な天然陽キャ爆弾天野美咲ちゃん!)

       


       

      今巻では春の新シーズンの学園、新入生歓迎会シーズンが描かれています。

      まるで学園祭のような盛り上がり、熱気の中を凸凹コンビが文字通り駆けずり回っていくわけです。

      『夜は短し歩けよ乙女』のようなワチャワチャとした楽しさの中に、確固たるテーマが芯として通っています。

       

      楽しいだけが青春じゃない。苦みも悲しみも、挫折も諦観も全部ひっくるめて「青春譚」です。

       

      桜が咲き誇り散っていく、僅かな季節を走り抜ける、「学園者」たちの物語。

      ぜひぜひお楽しみいただければ幸いです!

       

      青春全部入り、学園モノのお約束全部入りの『学園者! 〜風紀委員と青春泥棒〜』は全国書店様にて好評発売中!! 

       

      以上、今回はマグカップ先生や印刷所の方、デザイナーさんにスケジュール面でめちゃめちゃ助けられて、全く頭が上がらない編集(田)でした〜

      ※編集注:岡本先生は反省して下さい〜


      史上初W受賞達成!「クラスメイトが使い魔になりまして」本日発売!

      0

        使い魔といえば、ゼロ魔。

        そんな世代がわかる発言からスタートな編集(田)です。どうもごきげんよう。

         

        それではさっそく令和第一号として紹介する作品は

        クラスメイト使い魔なりまして

        です。

        (著:鶴城 東 イラスト:なたーしゃ)

        https://www.shogakukan.co.jp/books/09451791

        (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい)
        (田).。oO(ほかにも、Pixivノベルさんなどでも試し読みがあるんじゃ!)
         
        ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

        (田).。oO(鎖骨!脚!はふはふ!ワンワン!)

         

        本作は『されど罪人は竜と踊る』の浅井ラボ先生をゲスト審査員に迎えた、第13回小学館ライトノベル大賞にて史上初のW受賞を達成しました!!

        ガガガ賞&審査員特別を同時受賞するという快挙!

        その賞にふさわしい面白さであることを編集者として保証します!!

        (あと浅井先生が保証してくれてます!!!!

         

        まずはあらすじから。
        ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

        「その貧乳で使い魔は無理だろ」「死ね!」

        クラスの美少女を侍らせてみたい。誰もが一度くらいは考えるんじゃなかろうか。でもまあ、正直オススメしない。落ちこぼれ魔術師の俺、芦屋想太には藤原千影という使い魔がいる。彼女は魔術師の名門出身で、ついでに誰もが憧れる学年一の美少女だ。え、羨ましい? まじか、じゃあ譲ってやるよ。まず、こいつはご主人様に求める理想が高い。負けん気が強く、中々反抗的で、絶望的に貧乳だ。それでもいいならぜひ引き取って……あ、うそ! 許して、藤原さ―――この物語は主従関係からはじまる、ふたりの恋(?)のヒストリー……らしい

        ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         

        というわけで、ひょんなことからクラスの女子を使い魔にしてしまった魔術師見習いの少年が、その事件を機に悲惨な目にあったりラッキースケベな目にあったり、ヒロインとなんやかんやいい雰囲気になったり……

        そんな僕らが大好きなライトノベルにも仕上がっております。

         

        険悪な主従が、罵り合いながらもなんだかんだ息合ってるし、お互いのことわかってるし、なんなら結構イチャコラしてるしって関係性が死ぬほど好きな全人類に向けて届けたい、そんな作品でもあります。

         

        というか、僕がそういうのめっちゃ好き。

        めっちゃ待ってた。

         

        すき……(巨大感情のうねり)

         

         

        本作は浅井先生が講評にて

        下手な作者は読者を笑わせようとしますが、この作品では登場人物が他の登場人物を笑わせようとしています。いわばコメディ的リアリティとでもいう感覚は得難い才能だと思います。

        と評してくださっているとおり、コメディ感とコメディ的ワードセンスは大きな武器だと思っています。

        安直なパロディに走らず、テンポがいい、気の利いたセリフやシーンは新人らしからぬ実力を感じさせます。

         

        まあ、いくら僕らが絶賛しても実際に読まないと気持ちは伝わらないと思うので!

        現在、新人賞応援キャンペーンとして、3分の1が読めちゃうキャンペーンを特設サイトで実施中です!

        ぜひとも読んで応援してもらえると嬉しいです。

        ちなみに、参加して下さった方から抽選で、豪華プレゼントが贈られます!

         

        ↓↓特設サイトはこちらから↓↓

        https://gagagabunko.jp/pickup/grandprix13/index.html

         


         

        というわけで、そろそろキャラ紹介のほうもやっていきましょうか。

         

        ●芦屋想太
        口汚い召喚士見習い。千影のご主人様(仮)。

        学年一の美少女を使い魔にしてしまい、学校内のヘイトを一身に集めている。

        欲望に忠実で言動はクズだが、根は善良……らしい。

         

        ●藤原千影
        想太の使い魔(仮)。才色兼備な優等生。ぽんこつご主人様を教育中。

        ひょんなことから使い魔になってしまった悲しき少女。

        良く悪くも名が知れていて、現在「性奴隷」だの「歩く魔導性地雷」だのやべー陰口を叩かれている。

         

        ●平野旭
        引っ込み思案な召喚士見習い。サキュバスを使役。

        想太の数少ない友達の一人。天使(かわいい)

        引っ込み思案を克服したくてサキュバスを召喚したらしいが、どう考えてもむっつり性欲モンスターなのでは?(そんなところも無限大にかわいい)

         

        ●ソフィア・エーデル・エイラム
        異世界最強の魔人で、エイラム皇国第三皇女。

        千影が召喚しようとしていた魔人(爆乳)

        ところが失敗してしまい、現在千影と融合している。

        意識は表面化していないようだが…?

         

        そのほかにも魅力的なキャラが盛りだくさん!

        続きはモーメントで順次更新されていきますのでお楽しみに!

         

        ⚡️ "史上初W受賞「クラスメイトが使い魔になりまして」"

        https://twitter.com/i/moments/1128987116690534400

         

         

        それではここからは恒例の本文イラストを見せちゃうぞのコーナーです。

        なたーしゃ先生のポップでエッチでかわいいイラストを楽しみに本文を読み進めてください。

         

        ▼最強の魔人と対面する藤原さん

        「貴様か? 妾をこのような程度の低い世界に喚び寄せたのは」

        「えぇ。私の使い魔になってもらいたくて」

         

        ▼はじめての魔力供給(隠語)

        「……ね。なんで、そんなに焦ってるの?」

        「お前何言ってんの? 都合よく物事を解釈しないでくれる?」


        ▼旭さんプンプンでかわいいかわいいの巻


         「なにっ、なに、してるの!?」

        「やん。怒らないでよぉ。美味しそうな子だからちょっと味見したくてぇ」


        ※編集注:使い魔のサキュバスは主人と全く同じ顔、同じボディに変身しています

        \トランジスタ・グラマー/
         

        ▼それは全人類が求める魔法アイテム

        「ほらほら、セクシーポーーーズ!!」

        「ぱねぇ! 全ッ然似合わねえー!!」

         

        ※編集注:この近衛美砂は想太の幼馴染み。女子力ゼロのマッドなサイエンティスト。衣服を透視できる(以外にも機能あるんだけど割愛)マジックアイテム『ゼウス1号』の生みの親です。

         


         

        最後に特典のご紹介です。

        ガガガ文庫公式通販「GAGAGA ONLINE SHOP」と「とらのあな」さまにて特典があります。

        ●その1「GAGAGA ONLINE SHOP」

        タペストリー付き有償特典です。

        しかも、本は全て著者直筆サイン入り!数量限定での販売ですのでご注意下さい!

        ↓↓申し込みはこちらから↓↓

        https://www.pal-shop.jp/item/J20190030.html

         

        ●その2「とらのあな」さま

        特製イラストカードです。

        こちらも数に限りあるモノなので、欲しい方はお早めに!

         

        そして、なんとこのたびPVを作成しました!

        軽快な音楽で、イラストが動いています……!

        次巻は声つきのPVにしてほしい……してほしくない?

        CV竹達彩奈さんがいいなあ……

        どうだろうか、このブログ見た関係者の方、是非とも小学館まで連絡をくれないだろうか……

         

        ※追記

        本山らのちゃんが連絡をくれました!サイコー!!かわいい!!

         


         

        というわけで、長くなりましたが本作の紹介でした。

        片意地張らずに気楽に読めるだけでなく、読み応えという意味でも満足感は非常に高いです!

        そして、主人公とヒロインの関係性が刺さる方!

        今すぐ試し読みを読むべきです!!そして買って下さい!!

         

        そんなこんなで史上初のW受賞作『クラスメイトが使い魔になりまして』は全国書店様にて好評発売中!! 

         

        以上、「使い魔」といえば「クラスメイトが使い魔になりまして」と言ってもらえるような作品になって欲しい、編集(田)でした〜

         


        ガガガ文庫、編集スタッフ募集のお知らせ

        0

          ガガガ文庫では編集スタッフを募集しています!

           

           

           

          ライトノベルの編集に携わりたい方、エンタメ業界に興味ある方は、履歴書を編集部まで郵送にてご送付下さい。

           

          住所:東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館ビル5F ガガガ文庫編集部宛

          履歴書締め切り:2019年5月13日(編集部着)

           

          書類審査の後、面接させていただく方には、5月下旬までにご連絡差し上げます。

           

           

           

           

          仕事の内容:ライトノベルの編集(宣伝、広告等の製作も)

          必要な能力等:経験者である必要はありませんが、経験者は優遇します。
                 イラストレーター、フォトショップ等の画像編集が出来る、

                 一般的なワード、エクセル等の作業できる方優遇します。

           

           


          雇用形態:正社員雇用ではありません。個別編集部とのフリーランス契約となります。(契約期間3〜6か月。契約延長あり)

          賃金形態:月給制
          想定月給:27万円(45時間相当の固定残業代含む。基本給:19万2000円 業務手当:7万8000円)
          交通費:支給
          残業:有り。45時間以上は別途残業代支給有
          賞与:無
          寮・社宅:無
          勤務時間:フレックス(コアタイム12:00〜17:00)
               休日  土日祝日、年末年始ほか
          選考内容:書類選考後、面接

           

           

           

          やる気のある方のご応募、お待ちしております!

           


          平成最後の新伝奇「路地裏に怪物はもういない」本日発売!

          0

            今、一つの時代が終わろうとしている――――

             

            平成最後のガガガ文庫作品になります!!

            本日ご紹介するのは

            路地裏に怪物はもういない

            です。

            (著:今慈ムジナ イラスト:やまかわ)

            https://www.shogakukan.co.jp/books/09451788

            (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい)
            (田).。oO(ほかにも、Pixivノベルさんなどでも試し読みがあるんじゃ!)
             
            ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

            (田).。oO(刺激されるっ…!心の琴線……!)

             

            まず言いたい……

            表紙エモっっっっっっっ!!!!!

            路地裏、日本刀、セーラー服、美少女、意味深げに背中を見せる主人公……

             

            えもっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!

             

            イラストレーターのやまかわ先生が最高の仕事をしてくださってますし、デザイナーのcrasy forceさんもエグい仕事をしてくださって…………!!!

            エッッッッッッッ!(こみ上げる思いが溢れて嘔吐く音)

             

            ※本作は2000年代前半に端を発するムーブメントに影響を受けまくった20代後半〜30代後半のオタクを――ゼロ年代という時代に囚われた全ての人を救済するために立てられた物語です。ゼロ年代を知らない人たちも、なぜか郷愁の念に駆られ、思わず身もだえしてしまう……といいなあと思って作られた物語です。


            ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

            平成最後の夏、最後の幻想がはじまる

            誰もが簡単に未知を暴ける時代。路地裏の暗闇は駆逐され、幻想の余地はなくなり、怪異は姿を消して久しい。そんな現代社会で起きる不可思議な現象――乖異。己が空想こそが真の現実だと主張し、世界すら塗り換えようとする超常の力。乖異に導かれ集ったのは三人。絶えた怪異を殺す少女、空想を終わらせる男、そして世界に残された最後の怪異である少年。「死者のいない」猟奇事件に端を発した一連の流れに「真祖の吸血鬼」の存在を見いだした彼らは、それぞれの理由を胸に乖異と関わっていく。平成最後の夏、最後の幻想がはじまる。
            ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

             

            昔々、世間のみなが平成最後の夏〜なんて叫ばれていたころ、今慈先生と新企画を練っておりました。

             

            『世界に残された最後の幻想って設定でやる新伝奇とかめちゃめちゃキャッチー!20代30代のオタクに刺さりまくるぞ!!ガハハ!!!』

             

            そんな無責任な一言からはじまり、いつの間にか平成最後の春になっていた感じです。

             

            本作ですが、やはり登場人物も心の琴線をぎゅわぎゅわにかき鳴らすワードに溢れています。

            期待、膨らませて欲しい……!

             

            ●夏野 幽
            世界に残された最後の幻想。

            夏至の日、十五歳の姿で自然発生的に生まれた。この夏が終われば、自身は消滅すると識っている。

            最後の怪異にもかかわらず、怪異感はゼロ。心優しき存在。

             

            ●神座椿姫
            齢十四にして、怪異殺しの一族の当代に至った少女。

            好物は抹茶アイス。

            身体操作が病的にうまい。とてもつよい。

             

            ●左右 流
            表はカウンセラー業、裏は祓い屋を営む。

            平成元年生まれ。胡散臭くて頼りなさげなアラサー。

            名は屋号で、本名を知るものはいない。

            乖異の名付け親。

             

            ●大和路カルラ

            大和路財閥の跡取り。

            幽たちにたびたび依頼を持ち込む。

             

            ●四楓院桜子

            カルラの専属メイド。

            主人に対しても歯に衣着せぬ言動。

             


             

            そして、もうひとつ!

            本作のキーワードとなる乖異について!

            ●乖異とは

            自分の現実こそが本物だと妄執した者が起こす、超常的な現象。怪異が絶えた世界に残された不可思議な理。

            初期症状では個人の妄執程度だが、次第に幻覚に苛まされ、精神が肉体に影響を及ぼし、やがて世界の現実を上書きするに至る。

            『乖異』への対処法を『解医』という。道理を無視した現象に今はなき「怪異」の名前を与え、誰もが知る怪異譚へと結ぶ。そして妄執の原因を探り、地続きの現実であると認識させることで、対処可能なものにする。※左右流が命名。

             

            つまり、どういうことかと言うと……

            ―藉症状

            透明になって女風呂覗きたい……!!!!

            中期症状

            あれ、なんか身体が透けて見える…?見えてない?見えてるよこれ!

            K期症状

            やっべー身体が完璧に透けてんじゃん。透明人間だわこれ。誰からも認識されないもん。女子更衣室入りたい放題じゃん……

            ず能形態

            なんか、あらゆる物質を通過できるし、なんなら触れたモノも全て透明に出来るんだけど……服着たまま女風呂入れちゃうじゃん……風邪引かないじゃん…

             

            簡単に言うとこんな感じ。

            ポジティブに言えば、「虚仮の一念岩をも通す」だし、「人間はなりたいと思ったモノになれるよ」なんですが、世界の理を塗り替え具現化するまでに至る妄執はだいたい他人様に迷惑をかけがち。

            おまけに、平成という時代が進む毎に、乖異の発生件数が増えていき……

            それを祓い続けていたのが、左右流という男なわけです。

             


             

            それではここからは恒例の本文イラストを見せちゃうぞのコーナーです。

            やまかわ先生の素晴らしいイラストを楽しみに本文を読み進めてください。

             

            ▼「これは綺麗なお嬢さんお二人だ。むさい部屋が華やかになるね」

            左右心理オフィス。

            左右流がカウンセラーとして経営する事務所。しかしてそれは表の顔。裏の顔は怪異や乖異にまつわるお祓い業を営む。

            そこには今日も不可思議な依頼が持ち込まれる。

            本日の客は、大財閥の跡取りとその従者。
             
            ▼ヴァンパイア・ティーパーティー

            ――このお茶会には「本物の吸血鬼」がいる。

            荒唐無稽ともとられかねない依頼。カルラからそんな奇妙な依頼が持ち込まれ、幽たちは都会の真ん中にぽつんと佇む洋館へと赴く。
             
            ▼立てば芍薬座れば牡丹歩く姿はセイレーン

            ――人魚の嘆きは誰がために。

            ナイトプールで溺れる者が続出する事件が頻発しているにも拘わらず、未だ死傷者はゼロ。乖異関連だと考えた幽と椿姫は、流の静止を聞かず調査に出る。
             

            ▼千客万来の招き猫

            ――そこは、在りし日を残す、商いと猫の街。

            寂れていたはずのシャッター通りが急に繁盛している。幽が買い物帰りに見かけたのは、そんな不思議な商店街。しかも、住人達の頭の上には、なぜか猫耳が生えていて…?

             

            ▼カストラートの吸血鬼

            ――平成最後の夏、最後の幻想がはじまる。

            いよいよ、オーラス。「死者のいない猟奇事件」の真相はいかに。

            三者三様、まったく異なる道を歩んできたはずの三人は、共に運命の夜を迎える。

             


             

            また、キャラ紹介や制作秘話はモーメントにまとめておりますのでこちらも要チェックです!

             

            そして、本作は現在Twitterにてプレゼントキャンペーンを行っています!

            題して

            平成最後の「路地裏」キャンペーン!

            応募資格は非公開でないTwitterアカウントを持ち、ガガガ文庫公式アカウントをフォローしていること!

            応募の流れは下記を参照してください!

             

            ▼ツイートはこちら!

             

            そして、やまかわ先生が販促イラストを描いてくださいました!

            エッッッッッ!!!!!!!!!!!

            エモッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!

             

             

            考えるな、感じろ!ということで、皆様どうか本書を読んで、悶えて、震えていただけたら嬉しいです。

            僕は中学生の時に、当時講談社ノベルスから出ていた『空の境界』に衝撃を受け、夜が更けるのも忘れて読書に没頭しました。

            皆様にも似たような体験があるのでは、と思います。

            少しでもあのときの気持ちを思い出して頂ければ嬉しいですし、ゼロ年代を知らない読者の皆様にも感じ入って頂けたらこれ以上嬉しいことはありません。

             

             

            平成最後の新伝奇『路地裏に怪物はもういない』は全国書店様にて好評発売中!! 

             

            以上、本作を平成最後に出せたことが嬉しい編集(田)でしたー!

            あばよ平成!こんにちは令和!


            『黒川さんに悪役は似合わない2』で学ぶまちがった高校生活の立て直し方。

            0


              無事に出ました第2巻!!

              ↑↑↑

              画像をクリックで試し読み
              ところで、みなさん「有田と週刊プロレスと」観てますか? とっても面白いです。
              それを観ていたら、黒川さんのなかに出てくるキャラクターの名前がチラホラ出てきて、「なるほど」って思ってました。
              (1巻の時にうすうす気づいてましたけど笑)

               

              と、いうわけで第2巻です!!(2回目)
              1巻発売時には、
              ラノオンアワードで「笑った部門」にも選出された面白い作品です。

               

              ●前回までのあらすじ
              入学早々、生徒会長選挙の立候補者であるところの黒川明衣子につかまり、選挙運動の手伝いをさせられることになった我らが主人公・倫太郎。
              だが、その手伝いとは――。
              倫太郎が悪事をはたらいて、黒川さんがそれを罰することで生徒からの支持率を上げよう! という企みだった。
              真面目が性根の倫太郎は、至って真面目に悪役を研究し、そして黒川さん支持率を少しだけUPさせられたのだった……。

               

              時はそれから一か月。
              平和な学園生活が戻ってきた倫太郎のもとに、黒川さんの無慈悲な指令がくだる。
              でも今度は悪事じゃないよ、という甘言。
              だがその中身は……

              立て壊しが決まった部室棟での立てこもり!

               

               

               

              …………………………いや、悪事じゃねえか!!!

               


              というお話。


              今回は、黒川さんのライバルとして登場している白鷺さんとの絡みが激マシです。
              ナイスバディでコミュ力MAXの素敵女子です。

               

              ほら。

               

              ほら!!


              この白鷺女史のせいで、立てこもり活動はあらぬ方向へと進んで行くわけではありますが、はたして最後にはどんな顛末を迎えるのか!!

              1巻同様、倫太郎の真摯な努力に乞うご期待!!

               

              進学して新たな環境に入ったみなさん!!

              たとえ入りを間違えても、真面目に解決策をさがしていけば、なんとか立て直すことができるんです。この作品はコメディのなかに、そういったメッセージが隠されているんです。

              (そうですよね? ハマさん?)

               

              あなたの人生に寄りそう『黒川さんに悪役は似合わない』の紹介でした!
               

              • 2019.04.18 Thursday
              • -
              • 01:11
              • -
              • -
              • by

              『これは学園ラブコメです。』は学園ラブコメなんです!

              0

                 

                ↑↑↑

                画像をクリックで試し読み


                ところでみなさん草野原々という作家を知っていますか?


                知らない方には、まずこの記事に飛んでいただきたい。
                星雲賞も受賞した『最後にして最初のアイドル』(以下「アイドル」)の時の記事ですね。

                 

                https://www.hayakawabooks.com/n/n431e95f69b62

                 

                この本(アイドル)自体もすごいんだけれども、草野さんご本人がね、またスゴい。(語彙力)
                さらに、もっと知りたいという方は、こちらの記事もいかがでしょうか。


                https://www.hayakawabooks.com/n/n71228eb75bb0

                 

                どうですか? 興味が湧いて来たのではないですか?
                湧きましたね。

                湧いたっていうていで進みますよ


                そんなこんなで、「アイドル」を読んだ私は草野さんにメールを送りました。
                そして、今に至りました。


                過程にはいろいろ、主人公を男にするのか、とか、主人公を人間にするのか、とかで綿密な打ち合わせがあったくらいのものです。

                (人間になってよかった……)

                 

                そうして辿り着いたのがラブコメ!
                草野原々という作家をライトノベル界に知らしめるために、あえてSFというパッケージではなく、ラブコメというパッケージの中で執筆をして貰ったのです。

                 

                そうして出来たラブコメ
                これは本当にラブコメなのか!?

                それはもう、読者の皆さんに判断していただくしかありません!!!!!!!!!

                でも僕は信じています!!!!!!!!!!!!!!!!!!
                 

                 

                「たしかに学園ラブコメだな!」
                 

                 

                と皆さんに言っていただけることを……。

                 

                草野さんいわく「カズオイシグロを超える世界文学でもある」とのことですが、あくまでも「これは学園ラブコメです。」
                よろしくね!!(はあと)


                そんな本作を応援してくれる、書店さんの特典を紹介しましょう。

                ●COMIC ZIN様


                 

                 

                ●とらのあな様


                 

                 

                ●ゲーマーズ様

                 


                この素敵なイラストを描いてくださった望月けい先生。
                なんと、今度初個展を開催されるそうです!

                 


                本当に可愛くて大好きなイラストです。
                草野さん目当てでも、望月さん目当てでも、どちらでもきっと損をしない一冊になっているはずです。

                 

                 

                また、ハヤカワ文庫JAさんでも
                『大進化どうぶつデスゲーム』同日発売です。

                これにより、草野さんは第一長編を二つ持つ、という希有な作家になったわけです。


                これがまた、面白い。
                女子高生たちが人類の存亡をかけたデスゲームに参加させられる百合小説なのですが、そこにSF的な理屈が混ぜ合わさり、言い様のない快感を生んでいます。
                まっとうなエンタメ。女の子たちが一緒になって頑張る様が好きな方、ガルパンとか、大正野球娘とか好きな人にもオススメです。(たぶん)
                これまでの草野さんを知っている方は「この作家、底が知れねえな……」と思うはずです。

                 

                というのもあり! 

                ハヤカワ文庫JAさんとレーベル横断のフェア開催です!!


                草野さんいわく「顔の違う双子」とのことなので、2冊とも買っていただけると嬉しいです!!


                では!!

                • 2019.04.18 Thursday
                • -
                • 00:32
                • -
                • -
                • by

                『編集長殺し5』本日4/18発売! 編集長は本当に編集部から去ってしまうのか――?

                0

                  どうもどうも〜、編集(岩)です。

                   

                   

                  ぜんぜん編集長を殺さないことでお馴染み!

                   

                  『編集長殺し』の第5巻が本日発売でございます!!!!

                   

                  ★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆

                  編集長の様子がおかしいです。浜山さんの連絡ミスで刊行延期になったのに、おとがめなし。これではただの幼女! ただごとではありません。私、川田をはじめとした編集部員の出した結論は――ラーメン屋さんへのジョブチェンジ。「池袋を激戦区と呼んでいた」「背表紙を背脂と言い間違えた」などの証言が飛びでます。編集長は、本当にギギギ文庫から去ってしまうのでしょうか……? ――ゴッドハンド役員の視察、荒れる新人賞選考、帰ってきたスーパーゴロ。かつてない衝撃が業界を襲う!? かもしれない編集部るぽラノベ第5弾!

                  ★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆

                   

                   

                   

                  今回のカバーは浜山さん。

                   

                  ポージングはなつかしの「働きマン」オマージュ。

                   

                   

                  ……ウルト●マンじゃないよ、あくまで働きマンだよ! 同じお仕事ものだからね!!

                  (謎の抗弁)

                   

                   

                  ここだけの話、スペシ●ム光線のポーズってよれると「もうダメ」ポーズになるよねっていうのが本当の元ネタです。

                   

                   

                   

                  目次の怖さで、もうダメ感はより伝わるよねっていう。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  さておき内容に参りましょう!

                   

                   

                   

                  最近めっきり邪気覇気のない編集長。

                   

                  そこで不意に持ちあがる、転職の噂。

                   

                   

                  編集長がジョブチェンジするといったらねぇ……

                  もうこれ一択なわけですよ。

                   

                   

                   

                  セリフの圧も強め! 骨までぐずぐずになりそう!(怖

                   

                  あと性悪系こってりスープってなに……。

                   

                   

                   

                   

                  はたして、編集長は本当に(ラーメン)店長になってしまうのか?

                   

                  その他、ゴッドハンド役員(ベルセ●クのあれ)の襲来、いやな新人賞あるある、帰ってきたスーパー(サイヤ)ゴロ3など、今回もわっちゃわちゃな内容です。

                   

                  ぜひ本編をご確認ください!!

                   

                   

                   

                   

                   

                  ちなみに今回の口絵のテーマは、「もし転職するのなら」です。

                   

                  何人かご紹介しましょう。

                   

                   

                  ◆井端

                   

                   

                  ◆小山内

                   

                   

                  いろいろギリギリですね!

                  なんのジョブかはご想像にお任せいたします!

                   

                   

                   

                   

                  最後に、恒例のモノクロピックアップです。

                   

                   

                  「カテエラなしって言われてるっすけど、こういうのどうするんすかねー」

                  新人賞あるある、カテエラの是非。えっちぃ原稿も割とあります。

                   

                   

                   

                  「爆風で編集部が吹き飛ぶかと思ったわ」

                  編集者なら避けて通れない爆死。だが武勇伝にしてはいけない……。

                   

                   

                   

                  「油断したらゆるさなああいいいどおおお!」

                  ゴッドハンド役員たち。彼らが現れると、空には暗雲がたちこめ瘴気の風が吹く。

                   

                   

                   

                   

                  衝撃のラストまでノンストップ!

                   

                  そんなこんなの『編集長殺し5』は、本日18日より全国書店さま&電子書店さまにて好評発売中です!

                   

                  応援のほど宜しくお願いします〜!><

                   

                   

                  • 2019.04.17 Wednesday
                  • -
                  • 20:04
                  • -
                  • -
                  • by

                  特捜部、回答!!

                  0

                    -----------------------------------------------------------------

                    回転寿司では、最初にイカ、締めはイクラと決めています。家族に「面倒くさい」と言われますが、これはゆずれません。先生たちにも、食事の時のこだわりってありますか?(橘・香川県・17歳)

                     

                    周りから見ると「なんで!?」というものでも、ゆずれないこだわりってありますよね〜。特に食べ物関連は、良くも悪くもこだわりが出そうです。

                     

                    4月刊ガ報[ここガ知りたい! ガガガ特捜部]に載せきれなかった、先生たちの「食のこだわり」とは? (※敬称略)

                    -----------------------------------------------------------------

                    赤城大空

                    塩やソースみたいな調味料をあんまりかけない。

                     

                    浅井ラボ

                    ほぼ自炊派ですが、調味料だけは良いものを買うべきです。

                     

                    天宮伊佐

                    お初の飲み屋さんでは必ず「出汁巻き卵」を注文します。店によって味や焼き方が千差万別なのでうきうきギャンブル。

                     

                    新木 伸

                    最初はマグロで、そのつぎはエビで。締めもマグロは譲れません。マグロが流れていないと、注文が到着するまで、ひたすら我慢です。

                     

                    伊崎喬助

                    焼肉には白ご飯。

                     

                    石川博品

                    食事のこだわりがまったくないので旅先でもハンバーガーを食べています。これもう半分アメリカ大統領だろ。

                     

                    犬村小六

                    きゅうりの漬け物が必須。

                     

                    今慈ムジナ

                    食事の時のこだわりを他人へ押しつけないことでしょうか。自由で救われたいのです。

                     

                    岡本タクヤ

                    人と食事をする時以外は、自分の食べたものをスマホで写真に撮って記録するようにしています。

                     

                    海津ゆたか

                    カレーに七味唐辛子を振りかけます。スパイス増し増しでおいしくなります。

                     

                    喜多川 信

                    チーズバーガーが食べたい時、ファストフード店で普通のハンバーガーをテイクアウトして、家で自分の好きなスライスチーズを挟んでチーズバーガーを自作します。

                     

                    霧崎 雀

                    野菜から食べ始めると血糖値の上がり方の関係で太りにくい、と聞いてから、真偽も分からないままになんとなく実行し続けています。

                     

                    栗ノ原草介

                    ピザを食べる時は、コーラ。絶対に、コーラ。そんな生活をしていたら、腹回りが危険な状態に……!

                     

                    氷桃甘雪

                    冷ややっこが出た時は、他の料理を食べ終えた後に箸をつけます(食感がデザートっぽいので)。

                     

                    小木君人

                    「カップ麺の、お湯を入れた後の待ち時間は、規定より1分短くする」です。麺固めが好きなので。アレクサ、2分でタイマーかけてー!

                     

                    酒井田寛太郎

                    ラーメンを食べた日は必ず野菜ジュースを飲みます。相殺的な感じです。

                     

                    shiryu

                    炭水化物をあまり食べない、ですかね。前に炭水化物を食べ過ぎて、太ってしまったので。(笑)

                     

                    ジュピタースタジオ

                    ハンティングで仕留めたシカ肉、どう料理すりゃあ食えるかいろいろやってみましたが、「ええええ」というほど大きなぶつ切りにしてシチューにするのが一番ですな。使うルーはビーフシチュー。クリームシチューはダメですぞ。

                     

                    砂義出雲

                    勝負メニューの時は「ねぎし」に行って赤たんと白たんのミックスセットを注文することに決めています。

                     

                    高岡杉成

                    目玉焼きの黄身は絶対に潰さない(ナポリタンの上に乗っている場合のみ例外)。

                     

                    竹内佑

                    ありすぎて書ききれませんので食事は基本的に一人でするようにしています。

                     

                    竹林七草

                    三角食いはいくつになっても身についています。

                     

                    伊達 康

                    中華屋のターンテーブルを軽く回し、目の前で止まった料理を必ず食べる。

                     

                    谷山走太

                    毎日欠かさずヨーグルトを食べています。昨年買った発酵メーカーのおかげで自宅で無限にヨーグルトを増やせます。

                     

                    ツカサ 

                    初めて行った店で親子丼があれば、まず親子丼を注文します。うどん屋さんでも親子丼です。

                     

                    鳥村居子

                    パスタはスプーンとフォークを使います。正しいマナーじゃないとわかっていても…食べやすさを優先します!

                     

                    中沢 健

                    中華料理屋に行ったら、必ずピータンは頼みます。

                     

                    なかひろ

                    お酒をよく飲むのですが、悪酔い防止で、2杯飲んだあとは、必ず水を1杯頼むようにしています。

                     

                    夏緑

                    そうめんのとき、つゆにワサビを入れます。

                     

                    猫子

                    食事を取る時はまず野菜から! 次にタンパク質、最後は炭水化物と決めています。なんとなく健康に良さそうだからです。テレビで見た気はするのですが、詳しくは忘れました……。

                     

                    ハマカズシ

                    お好み焼きには白ご飯。関西人の嗜みです。

                     

                    牧野圭祐

                    こだわり全然ないです。グルメ作品は絶対に作れません……。

                     

                    ますもとたくや

                    食後、命に感謝します。

                     

                    水坂不適合

                    袋ラーメンはお湯少なめで作ります。その方が絶対おいしい。

                     

                    水市 恵

                    こだわりは特にないです。どの順番でもたいてい美味しくいただきます。苦手な食べ物はごく少数ありますが、納豆は最近克服しました。

                     

                    水口敬文

                    マナー的にどうか知りませんが「いただきます」と言わずに合掌だけします。これから物食べるぞ! ってタイミングで発声するのが納得できません。

                     

                    水沢 夢

                    とりあえずフライドポテト食べられたら後は何でもいいかなという胃に進化しました。

                     

                    宮野美嘉

                    納豆は、ネギと卵黄としょうゆとポン酢と炒り卵を入れて、むれた雑巾のように臭くしてからごはんにかけるのが掟。

                     

                    本岡冬成

                    カレーのご飯は左側、ルーは右側。こうでなくては食べられません。

                     

                    森田季節

                    朝に絶対、甘酒を飲む。

                     

                    山川 進

                    サラダにはドレッシングではなくふりかけをかけて食べます。メタボ予備軍なので高カロリーな物は避けているのです。

                    • 2019.04.17 Wednesday
                    • -
                    • 18:00
                    • -
                    • -
                    • by

                    『妹さえいればいい。12』本日発売!! この圧倒的な熱量を体感せよ!!!!!

                    0

                      どうもどうも〜、編集(岩)です。

                       

                       

                      今日は新たな記念日になる……。

                       

                      そう、妹さえ12巻が発売されたから妹さえ記念日……。

                       

                       

                      思わずポエムっちまうほどに、心震えました。

                       

                      『妹さえいればいい。12』、満を持して本日発売でございます。

                       

                      ☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★

                      主人公になることを諦め、淡々と機械のように小説を書き続ける羽島伊月。一方、可児那由多は小説を書くことをやめ、部屋に引きこもってひたすらゲームに没頭するようになってしまう。そんな二人を、不破春斗や白川京はどうにか立ち直らせようとするのだが……。主人公達が立ち止まっている間にも、時間は容赦なく流れ、世界は絶えず動き続ける。大野アシュリーや木曽撫子、羽島家にも大きな出来事が訪れて――。大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第12弾!!交錯する人間模様の行く先を、刮目して見届けよ!!

                      ☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★

                       

                       

                       

                      前巻の衝撃展開を受けての、このカバー。

                       

                      twitter上で困惑されている方も多々おられましたね。分かります。

                       

                       

                      それぞれの道に歩を進める伊月と那由多。

                       

                      ふたりの道は二度と交わらないのか、果たして――。

                       

                       

                       

                      何を言ってもネタバレになりそうなので、私からは皆さんにひと言、この言葉を贈りたいです。

                       

                       

                      「この小説を、読め。」

                       

                       

                      本作のキャッチ、「小説を、書け。」のアンサーとなる言葉を。

                       

                       

                       

                       

                      小説は、書き手と読み手がいて初めて成り立つものです。

                       

                       

                      書かなければ始まらない。

                      読まなければ伝わらない。

                       

                       

                      書き手と読み手の熱が等しく交わり合ってこそ、生まれる感動がある。

                       

                       

                      この12巻の原稿を読んで、強くそう思いました。

                       

                       

                       

                       

                      あと、こうも思いました。

                       

                       

                      「オイどんは、こういう物語を世界で一番最初に読むために編集者をしてるんじゃい!!!!」

                       

                       

                      幸せな読書体験を、ぜひあなたも。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ここからは特典情報です。

                      今回も盛りだくさんですよ!!

                       

                       

                      ◆アニメイト

                      イラストカード

                      羽島兄妹の初詣。伊月の頭が寒そうである。。。

                       

                       

                       

                      ◆ゲーマーズ

                      ブロマイド

                      クリスマス女子会。このカットには色んな伏線が仕込まれているぞ!

                       

                       

                       

                      ◆とらのあな

                      クリアファイル

                      笠松青葉ルート(罠)! この誘惑に抗えるか、それが問題だ。

                       

                       

                       

                      ◆メロンブックス

                      ステッカー

                      すれ違うふたりをステッカーに。デコるのにもオススメ。

                       

                       

                       

                      ◆コミックZIN

                      イラストカード

                      12巻カバー使用。シンプルに使い勝手よし!

                       

                       

                       

                      twitterでも特典をまとめていますので、ご参照ください。

                      https://twitter.com/gagaga_bunko/status/1116272066871713793

                       

                      これは!というお店で、ぜひ特典をゲットしてくださいね。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      思えば、「妹さえ」もずいぶん遠くまで来ました。

                       

                      原作は12巻を数え、コミカライズ、外伝コミカライズ、ドラマCD、アニメ、カードゲームコラボと各方面に展開してきました。

                       

                      世界中で読まれ、累計部数は250万部超え。押しも押されもせぬ大ヒットとなりました。

                       

                       

                       

                      しかし原作の一巻から一貫して変わらないのは、純粋な「創作への愛」であったように思います。

                       

                      それはけして独りよがりなものではなく。

                       

                      頼む、届いてくれ、といった、切なる祈りにも似たものでした。

                       

                       

                       

                       

                       

                      どんなに尊い物語も、届ける先、読み手がいなければ存在しないも同じことです。

                       

                      平坂読先生の「読」の字にはきっと、そんな思いも込められていると信じて。

                       

                       

                      では、今巻もお楽しみください!

                       

                       

                      • 2019.04.17 Wednesday
                      • -
                      • 15:27
                      • -
                      • -
                      • by

                      << | 3/36PAGES | >>