ここガ知りたい! ガガガ特捜部8月刊〜編集部ログ編〜

0

    喧嘩をして変に意地を張ってしまって、謝れずにそのまま別れてしまう。結局、そのままなんとなく謝れなくて、という経験をした方も少なくないのではないでしょうか。そんなわけで今回の質問はこちら。
    ------------------------------------------------------------------------------------
    喧嘩して「ごめんなさい」が言えないうちに、友達が引っ越してしまって後悔しています。先生方にも言えなくて後悔している「ごめんなさい」の瞬間ってありますか?
    ------------------------------------------------------------------------------------

    こちらの質問を送ってくれた宮城県の「凄技ニッパー」さん、ありがとうございます!!
    ではでは、ここだけでしか見ることができない、ガ報8月刊[ここガ知りたい!ガガガ特捜部]に載せきれなかった先生方の回答をご紹介します!(※敬称略)

     

    ・赤城大空 

    色々思い出していたら暗黒面に落ちかけたので、ここは『特になし』でどうか…。

     

    ・秋目 人

    数日前、道を尋ねられた時、焦って間違った場所を教えてしまった事がそれです。

    正解を知っていたのに……!

     

    ・浅井ラボ

    私への謝罪文が書けない出版社があったため、代筆で自分で自分への公開謝罪文を書いた作家は有史以来私だけだと思います。

     

    ・遍 柳一

    実家に住んでいた頃、風呂場の天井に一匹のアシナガグモがいました。毎日なんとなくその様子を見ていたんですが、たまたま床に降りて来ていたときにシャワーをかけてしまい、排水溝に絡まって死なせてしまいました。虫にはごめんなさいが伝わらないから辛いですね。

     

    ・天宮伊佐

    「売れなくて、ごめんなさい」ガガガ編集部様へ。

     

    ・新木 伸

    本が売れなくって、一緒にがんばって頂いたイラストレーターの方に「ごめんなさい」を言う機会がないことが多数……。3巻以内で終わってしまったときには、大変、申し訳なく……。

     

    ・伊崎喬助

    積んでる本を全部読むまで新しい本は買わない」という誓いを一度も守れなくてごめんなさい。

     

    ・犬村小六

    危険なときは先手を打って謝るので、ないです。

     

    ・今慈ムジナ

    金欠なのに10連ガチャを回した時、こんな自分が生きていてごめんなさいと思えました。

     

    ・大谷 久

    忙しい時に限って飼い猫が遊んで欲しそうにするんですが、泣く泣くごめん…とスルーしてしまいますね。

     

    ・岡本タクヤ

    原稿の進捗状況報告にリアルとファンタジーを混在させてごめんなさい。

     

    ・朧丸

    小学生のとき、毎回参観日に来てくれてた祖母に「うちはおばあちゃんが来るのが恥ずかしい」と言ってしまったこと。

     

    ・小山恭平

    謝れなくて後悔したことはないですが、謝ってしまったことをよく後悔します。

    「なんであんなやつに頭下げちゃったんだろう…」とその後数年にわたり苦しみ続けます。

     

    ・海津ゆたか

    後悔する暇はありません。敵(妻)を鎮めるには、早めのひたすらの『ごめんなさい』が最も効果的です。

     

    ・上谷 圭

    俺も学生時代は、友達と喧嘩して自分が原因で悪かったとしても、向こうが折れるまで譲らないタイプでした。でも今は反省して、原因が解明されれば積極的に謝りに行ってます! すぐ謝ったほうが得です。絶対!

     

    ・神野オキナ

    「ごめんなさい」が言えないために関係が拗れたり、決定的に壊れた人たちをかなり若いウチに見ていたので、基本的に「悪いと思ったら三秒で謝る」ことにしてます。

     

    ・川岸殴魚

    基本的にお酒を飲んだ次の日はごめんなさいと思っています。本当にご迷惑を……。その後悔の念でまた飲むのですが。

     

    ・小木君人

    大学時代、サークルの後輩にポケモンバトルでボコボコにされたので、それ以降ずっと冷たくあしらってしまいました。大人げないにもほどがある……。

     

    ・酒井田寛太郎

    無いはず……です。 だけど、今もどこかで、僕の「ごめんなさい」を待っている人がいるのではないか。 たまにそんなふうに考えます。

     

    ・坂下 谺

    修学旅行で遭遇した押し売り。あのとき超ムキムキな怪しい黒人の話を断る勇気があれば僕は五千円もするくそださ変Tを買うことはなかったです。

     

    ・細音 啓

    原稿を編集さんにお待たせてしてしまっている今この時です……。

     

    ・白樺みひゃえる

    好きと言ってくれた相手に、好きと言い返せないままケンカ別れしてしまった当時の恋人。

     

    ・助供珠樹

    洗濯物は裏返しにして干すとシワが伸びる、という嘘をついたままの方にごめんなさいしたいです。

     

    ・田尾典丈

    後悔しないよう『ごめんなさい』はすぐに言っていますが、謝ったのに許されなかったことしか記憶にありません。

     

    ・高岡杉成 

    満員電車が発車する直前、自分の鞄とかのせいでドアが何度もガーって開閉を繰り返しているとき。

     

    ・竹内 佑

    学生の頃、バイト先の日本酒の瓶を盛大に割ってしまったけど、その日がバイト最終日だったのでそのまま帰ったことがあります。ごめんなさい。

     

    ・中文字

    バイト先で高校時代の同級生がいたことに気づかずに過ごし、年末の打ち上げの席で顔を合わせても誰だか思い出せなかったときですね。笑って誤魔化しましたが、そう言えば謝っていなかったと、いまさら思い出しました。

     

    ・手島史詞

    謝れないうちに自分が引っ越したこともあれば相手が死んでしまったこともある。やはり謝れるうちに謝るのが一番だろう。

     

    ・手代木正太郎

    内容は秘密ですが、ありました。ですが、ちょうど最近、念願叶って「ごめんなさい」が言えました。物凄く心が晴れ晴れしてます。

     

    ・天津 向

    僕は芸人もやっているんですが、相方の天津木村がエロ詩吟で大ブレイクした時、

    あまりにも嫉みの気持ちがありすぎたため「ブーム終わったら覚えとけよ」と言ったことです。あの時はごめんなさい!

     

    ・中沢 健

    作中に登場する悪役のモデルに、身近な人を使ってしまいごめんなさい!

     

    ・夏 緑

    先日、古い本が入った段ボール箱を整理していたら、高校生のころに友達から借りていた漫画が出てきました。本棚を片付けたときに巻き込まれて、そのままになっていたようです。言い出しにくくてしばらく本棚にさしてあったのですが、今回の質問を拝見して、やっぱりきちんと返さなくては、と決意しました。ありがとうございます。プチプチ封筒を買いに行ってきます。

     

    ・ハマカズシ

    「ごめんなさい」よりも「ありがとう」が言えなくて後悔しがちな人生を送っています。

     

    ・牧野圭祐

    セーブデータに誤って上書きして、証拠隠滅で削除してごめんなさい。

     

    ・水坂不適合

    送ったはずと散々言い張ったFAXが実は送れてなかったこと。

     

    ・水口敬文

    塾の合宿で仲良くなった別の学校の生徒と、帰りの電車で喧嘩してしまったこと。電車から降りたあたりで怒りと興奮が冷めてしまい、即座に後悔しました。当然二度と会えませんでした。

     

    ・水野 昴

    ありすぎることに対して謝りたくなります……。

     

    ・本岡冬成 

    後悔はたくさんありますが、言えなかった「ごめんなさい」が思い出せません。

     

    ・森田季節

    ぶっちゃけ「ごめんなさい」と言わせたいことのほうが多い。

     

    ・山川 進

    小学校の頃に借りパクしたファミコンカセットがいまだに自宅にあること。カセットの裏に名前が書いてあるのを見ると心が痛む……。

     

    謝ることって大事ですよね。後悔しない生き方をしたいものです。
    すでに学生時代の記憶が定かでない編集(飯)がお送りしましたー!


    「俺ツイ」13巻発売! 全怪人大復活祭! 怒濤の後編

    0

       

      戦女神ヴァルキリアギルディの能力“死して尚変態”で、

      これまで倒してきたすべてのエレメリアンたちが完全再生するさまを

      目の当たりにするツインテイルズたち。

       

      「ここまで奮戦ご苦労――ツインテイルズ。

       それでは、もう一度初めからやり直すがいい」

       

      そんな地獄のような光景で幕を閉じた12巻でしたが、

      ついにその後編となる

      『俺、ツインテールになります。13』が発売となりました!

      (著:水沢 夢 イラスト:春日 歩)

       

      (こちらの画像をクリックすると試し読みページにジャンプします!)

       

      というわけで、

      13巻は全怪人大復活祭となっています!

      あなたが大好きだったあのエレメリアンも、このエレメリアンも、

      みんなみんな生き返って変態の限りを尽くします。

       

      ではここで、緊急企画!

      編集(濱)が独断と偏見で選ぶ

      歴代エレメリアンベスト3!

       

       

      第3位 アラクネギルディ

       

      美の四心の副隊長であり、男の娘属性の求道者アラクネギルディ。

      愛刀が”男の娘の棒”だったり、戦う前に詠む俳句があれだったりと、

      いろいろと酷いのだけど、武士道にも通じる凛とした格好良さが光る。

      門下生たちへの愛情が深く、個人的には上司にしたいエレメリアン No1

      実は、外見は某イケメン俳優Nをモデルにしているのですが、

      まったくその面影が残っていませんね……。

       

       

      第2位 ドラグギルディ

       

      総二たちの世界に初めて侵攻してきた部隊の隊長ドラグギルディ。

      <神の一剣>というエリートへの道を蹴って、

      一部隊の隊長として前線で戦い続けた生まれついての戦人

      その強さといい、カリスマ性といい、

      死後もしっかりと存在感を保ち続けているのはさすがです。

      春日歩先生一番最初にデザインされたエレメリアンで、

      このドラグギルディでエレメリアンの造形の方向性が決定した

      個人的にも思い入れが深いキャラです。

       

       

      第1位 ティラノギルディ

      <死の二菱>の隊長・帝王ティラノギルディ!

      孤高の帝王と言えば聞こえはいいが、要するにぼっち。

      初登場時(7巻エピローグ)はもっとストレートに

      格好いいキャラでいく気配もあったのに……。

      「スベるキャラでいきたい」と水沢先生から提案があった時は、

      正直、よく意味が分からなかったもんですが、

      今では本当に愛すべきキャラクターになったと思います。

       

       

      以上が編集(濱)の個人的なエレメリアンベスト3です。

      彼らは13巻で生前のままのキャラで復活します。

      アラクネギルディの男の娘俳句を、

      ドラグギルディの暑苦しいまでの俠気を、

      ティラノギルディのスベり芸を再び堪能できるこの喜び!!!!

      読者の皆さんも、それぞれの心のなかにある

      マイベストエレメリアンとの再会を楽しんでいただければ幸いです!

       

       

      それでは最後に、各店舗特典のお知らせです!

       

      ●アニメイト様

      メッセージペーパー

       

       

      ●ゲーマーズ様

      ブロマイド

       

       

      ●とらのあな様

      メッセージ付きイラストカード

       

      それぞれ数には限りがございますのでご購入はお早めに!

       

      • 2017.08.19 Saturday
      • -
      • 21:42
      • -
      • -
      • by

      【新シリーズ!】『忘却のアイズオルガン』発売!中二心くすぐる、魔術師と屍人形の物語!

      0

        はいはい!

        最近やたらとお腹を触られるようになり、ハチャメチャに痩せたい編集(田)です!

        楽して痩せたい!



        はい!それでは新シリーズのご紹介!!

        その名も『忘のアイズオルガン』でございます!!
        (著:宮野美嘉 イラスト:薫る石)

        (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい)
        (田).。oO(ほかにも、Pixivノベルさんなどでも試し読みがあるんじゃ!)
         
        ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

        (田).。oO(とにかくカッコイイ!の一言!)
          

        「ルルル文庫」で活躍されていた宮野美嘉先生がガガガ文庫に参戦でございます。

        先生が紡ぐ、主人公とヒロインの掛け合いが、これがとんでもなくよいのですが!

        まずはあらすじからの紹介からですね!

        どぞどぞ。
        ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
        悪魔を喰らう魔術師と哀れな屍人形の旅。
        悪魔が人類の隣人であった時代。『悪魔喰い』の魔術師・ダヤンは、己が屍人形としてしまった少女・アリアを生き返らせるため、記憶を失った彼女と悪魔退治の旅を続けていた。旅の中で訪れた新たな街。住民たちは生気を失ったような様子で、病院を訪れる患者が後を絶たないらしい。さらに、巷ではその病院にまつわる奇妙な噂が囁かれていた。そこに悪魔の匂いをかぎつけた二人は、さっそく調査を開始するが……。悪魔をその身に封ずる魔術師と、寄る辺なき世界に惑う屍人形の旅。これなるは忘却の果てに垣間見る、魂と契約の物語。
        ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         

        ある種バディものでもある本作。

        その二人の関係は、とてもブログでは語り切れないくらい実は複雑!

        とにかく登場するキャラクターを見ていただきましょう!

        ■ダヤン・マクレガー


        十九歳。『悪魔喰い』と魔術師。悪魔退治の旅を続けている。

        屍人形にしてしまったアリアを生き返らせるために悪魔・ガーガウルドと契約をした。

         

        ■アリア


        享年十六。屍人形。

        生前の記憶を失っており、ダヤンのことは自分を殺し、道具として利用する仇と憎み、旅をともにしながら命を狙っている。

         

        ■ランドルフ


        四十二歳。街一番の名医として慕われている。

         

        ■リリフィーナ


        十七歳。ランドルフ医師の娘。最近兄と死別した。

         

         

         

        屍人形とは、死してなお動く仮初めの生。

        本編中では「アイズオルガン」と呼ばれておりますが、

        これは「冷たい」「臓器」の造語です。

        過去のとある事件によって、大切な少女を殺害し屍人形にしてしまった青年が、彼女を生き返らせるために旅を続けます。

        しかし、旅に同行する彼女はかつての記憶を失っており、しかもダヤンのことを「自分を屍人形にしてこき使っている仇」として認識しているのです。加えて、悪魔との契約のせいで、アリアに本当のことを打ち明けられないのです切ない。

         

        なぜ、彼は大切な少女を殺すことになってしまったのか。

        その忘却の果てにある真実が、この旅の果てに待つものでもあります。

         

        そう、本作で注目いただきたいのは、この極上の!中二心をくすぐる物語と世界観とキャラクターなのです!

        いちいちカッコイイ!いちいちまねしたくなる!なにこの実際にその立場になったら絶対クソつら確定だけどどこか憧れちゃう二人の関係は!

         

        もうやだカッコイイ!!!!

         

        このトキメキ、どうしてくれましょうね。

        僕はD●レやハガ●ンやダンタ●アンで育ったタイプのオタクだから、こういう物語はめっちゃ効く。吐血する。

         

        そして、宮野先生の文章はもちろんですが、その極上の一翼を担っている薫る石先生のキャラクターデザイン!

        本日はここだけの大公開です!!

         



        とくにお気に入りなのはダヤン君の墓守っぽい感じの佇まい。

        そして、ガーガウルドさん七変化。この悪魔はダヤンの前にいろいろな姿で現れるタイプのお方です。

         

        さて、このままだと延々と、「ここが俺の心をくすぐるベスト100」とかやりかねないので、
        「もはや恒例Blogを見ている皆さまに少しだけ本文イラストをご紹介!」

        のコーナー行ってみましょう!!
         
        ▼「邪魔するなよ」

        (田).。oO(魔術の発動に拳銃使うとか、僕の中二心どんだけくすぐれば気が済むんですか…)
         
        ▼「そろそろ疑似体液の交換時期だな」

        (田).。oO(ええ、メンテナンスです。もちろん、ただのメンテナンス) 
         
        ▼「間違えないで、私は死んでいるのよ」

        (田).。oO(誰よりも鮮烈な彼女なのに、触れればその死をより実感してしまう……)
         
         
        そして、下記の書店様でご購入にいただきました皆さまには購入特典がついてくるそうですよ!
        ◯とらのあな様
        メッセージ付きイラストカード


        もちろん数に限りがあると思いますので、ご購入はお早めに!
         

         

        まだまだいっぱい話したいことがあるのですが!!

        ちょっとでも話すとネタバレになってしまいそうで怖すぎる!!!

        このブログを読んでちょっとでも中二心くすぐられた皆様!
        ぜひぜひ一度本編を読んで確かめてみてくださいませ!! 

         

         
        二人の旅路の行方は。

        人理を外れた望みを抱くダヤンの願いは叶うのか。

         

        悪魔をその身に封ずる魔術師と、寄る辺なき世界に惑う屍人形の旅。

        これなるは忘却の果てに垣間見る、魂と契約の物語。


        『忘却のアイズオルガン』は全国書店様にて好評発売中です!!
         
        以上、編集(田)でしたー!よろしくです!


        【異世界修学旅行6発売!】読み終わったら、学校に行きたくなることまちがいなしっ!?

        0

          有明での戦いから一週間……

          みなさん、充実した夏をお過ごしでしょうか?

          あと500日くらいお盆休みでいたい、編集(田)ですよー

           
          さてさて!そんな現実逃避はさておいて!
          今日は発売ほやほや異世界修学旅行の紹介をしちゃうぞい!

          (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい)
          (田).。oO(ほかにも、Pixivノベルさんなどでも試し読みがあるんじゃ!)

           

          ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

          (田).。oO(正直ゾクゾクする視線。そしてちらりと見える太もも。素直に感謝です)
           
          満を持してのハイファンタジー宝田さんです。

          設定の甘いファンタジー要素が出てくると、ファンタジー警察である宝田さんがどこからともなく登場するのはもはや恒例。

          『異世界修学旅行』三大鉄板の一角ですな。

          (田).。oO(でも、最近は食べ物責めを受けるくっころ女騎士みたいなポジションになっている気がしないでもない……)

           

          そんな彼女が、今巻ではどんな活躍するのか!
          まずはあらすじからどうぞ!
          ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
          異世界修学旅行、いよいよ大詰め!
          修学旅行の最中に突如飛ばされてしまった異世界で、王女プリシラと共にクラスメートを捜しながら修学旅行を続ける沢木浩介たち二年一組。次の目的地は、主たる魔王を喪い、聖徒会の支配のもと新たな文化の発信地となっている魔王城。だが魔王城へ入ったはずが、浩介の前には制服姿のプリシラが、そして入学式が開催されようとしている母校の姿が……!? 日本と異世界が、現在と過去が交錯する幻の中で、浩介はついに生徒会長・若王子暁と再会する。異世界で日本を想う修学旅行生たちの異文化コミュニケーションコメディ、第六弾!
          ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

           
           
          そう、今回の「異世界修学旅行」は……!!

           

          学園物です!!!!

           

          まあ、修学旅行と冠しているのでもともと学園物かもしれないんですが。。。

          とはいえ、今回舞台となる魔王城。

          そこに乗り込んだ浩介たちは、幻の中へと誘われてしまいます。

          もちろん、異世界から帰るまでが異世界修学旅行ですから、

          無事脱出できるのか!というのが今巻の一番の課題になるわけです!

           

          そして、もう一つ気になることありますよね……

          あるんですよ。

           

          そう、ついに名前だけの登場だった生徒会長・若王子暁が登場です!!

           

          5巻を読んだ皆様、この若王子さんがどれだけの爆弾だったのか、記憶にございますでしょうか。

          大変な衝撃を受けたと思います。

           

          ええ、僕も受けました!!!(←おかしい)

          当時を振り返った会話がこちらです。(エンタメ性を優先していますが、概ね実際の出来事です)

           

          (田)「若王子が女の子な上に、浩介の○○○とか聞いてないっすよ!!!岡本先生!!!!!!」

          (岡)「言ってませんでしたっけ(笑)」

          (田)「……いやまあ、確かに男とは一言も書いてなかったですけど!!!!」

          (岡)「正直書き終わるまで、男になるか女になるか五分五分でした(笑)」

          (田)「ごぶごぶ」

          (岡)「いや、六対四くらいで女だったかなー(笑)」

          (田)「ろくたいよん」

          (岡)「いや、ほんとわからないものですね。びっくりしました(爆笑)」

          (田)「は?(キレ気味)」

           

          ……というわけで、楽しい楽しい「異世界修学旅行」制作秘話だぞ☆

          いやーほんと、えんためせいのかたまりっすわー(棒)

          つぎやったらほんきでおこりますよおかもとせんせい

           

          …………

          ………

          ……

          さて、それでは恒例のしらび先生の超絶最高イラストを見ていただきますか。

          ブログを見ているみなさんだけにお届けします!

           

           
          ▼「ちこくじゃちこくじゃ!」


          (田).。oO(プリシラの制服姿、こんなに新鮮だとは!) 
           
          ▼「しっかりしろ、沢木浩介!」


          (田).。oO(おかしい。日本の学生であるはずの宝田さんの制服姿も新鮮だ) 
           
          ▼それでも俺は、決してこのこの幻を忘れないでおこうと、強く思った。

          (田).。oO(プリシラの楽しげな笑顔が印象的) 

           

          ▼そして恒例の異世界修学旅行目次絵巻!

          (田).。oO(いつもの丁寧なお仕事。しらび先生には頭が下がります)

           

           
          今回、上で紹介したイラスト以外にも印象的なシーンがいっぱいあります!

          幻の学園生活、ありえざる奇跡の物語。

          「異世界修学旅行」はコメディで面白く転がしつつ、ちょいちょい泣かせにきたりします。

          ずるい不意打ちがいっぱいです。

           

          そんなこの6巻は、かつて学園生活を送った全ての人に!

          今まさに学園生活を送っている全ての人に読んでいただきたいです!!

           

          そんな「異世界修学旅行」もいよいよ大詰め!

          もちろん、異世界から帰るまでが異世界修学旅行です!!
          「異世界修学旅行」にこれからも要注目!
           
          また、現在「読売中高生新聞」にて『異世界修学旅行DX』を連載中です!!
          なにやらこちらも引き続き連載が続いていきます!
          そんな異世界修学旅行の最新巻!ぜひぜひお手にとっていただけたら嬉しいです!!
           
          『異世界修学旅行6』は全国書店様にて好評発売中です!!
           
          以上、俺たちの学園生活はまだこれからだ!な編集(田)でしたー!


          みんな大好き怜さん回! 『友人キャラは大変ですか?3』絶賛発売中です!

          0

            どうもどうも〜、編集(岩)です。

             

            さて。

             

            友人キャラは大変ですか?

             

            はい、今回も大変です!!!!

             

            ということで、待望の第3巻が発売となりました〜!

             

             

             

            各所で話題の友人ラブコメもはやくも3巻目!

             

            タイトルとしてだいぶ浸透してきたのか、

            「面白かったよ!」と声を掛けられることが増えてきました。

             

            ありがたや〜。

            10冊くらいずつ買ってほしい^^

             

             

            節目の3巻、しかも8月発売ということで、

            今回は水着カバーで攻めてみましたよ!

             

            どうですか、素晴らしいHESOだとは思いませんか。

             

            ヘソフェチの一郎ならずとも、美ヘソは男心をくすぐるのです。

            ぜひ魅了されてそのままレジへ持っていってください。(今回ダイレクトマーケティングを目指したい所存)

             

             

             

            3巻のあらすじはこちらです!

            ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

            唐突に持ち上がった蒼ヶ崎さんの縁談。相手の名は月見里朝雄――通称「アーサー王」。どでかい剣術道場の跡取りらしいが、こっちは世界を救うヒロイン三巨頭の一人、全くもって釣り合わない。だというのにこの野郎、「いいかい怜、道場経営とはビジネスなんだ」「今のままでは、蒼ヶ崎道場に未来はない」「女だてらに今より強くなってどうする?」ゲストキャラのくせに調子こきやがって……。メインキャラへの無礼千万、お天道さんが許してもこの小林一郎が許さねぇ! サイドストーリーは突然に、大人気助演ラブコメ第3弾!

            ☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★

             

             

            みんな大好き! クールビューティさんのサイドストーリー!

             

            しかしこの縁談相手のアーサー王、あらすじを見ていても実にいけすかないですね。

             

            こんな奴に我らが怜さんを渡すわけにはいかないのです。

             

            頼む一郎! メインキャラとゲストキャラの格の差ってやつを教えてやって!

             

            その後はめちゃめちゃフラグの香りがするけど、なんとかなるよ大丈夫!

             

             

            怜さんのライバル、魅怨の出番もめっちゃ増えてますので、

            魅怨ファンもぜひ期待してくださいね。

             

             

             

             

            そして今回なんと!

            ラノベニュースオンラインさんで

            著者・伊達康先生の独占インタビューが掲載されております!

             

            http://ln-news.com/archives/58589/post-58589/

             

            1巻でも2巻でも、こちらのサイトのアワードで【笑った】部門第1位をいただいたんですよね。

            この3巻で【笑った】3冠がとれたらいいですね!

             

            インタビューでは秘蔵のキャラデザカットなども公開中ですので、ぜひ読んでみてください。

            伊達康先生のキャラもじんわり伝わっていい感じですよw

             

             

             

            特典情報に参りましょう。

            アニメイトさんでご購入いただくと特典ペーパーがもらえます!

             

             

             

            特典は電子でも!

            BOOKWALKERさんでご購入いただくと、豪華書き下ろしSS小冊子がついてくる!!

             

            友人キャラでは初の書き下ろしSS特典になります。

             

            実は本作、電子書籍も絶好調なんですよ。ならではの特典ですね〜。

             

            SSでも小気味いい掛け合いが炸裂してますので、ぜひチェックしてくださいね!

             

            電子版は25日発売です。

             

             

             

             

            そんなこんなの「友人キャラは大変ですか?3」は、全国書店さまにて大好評発売中です!

             

            ファンの方も初めての方も、楽しんでくれたら嬉しいです(^^)/

             

             

             

             

             

             

            • 2017.08.19 Saturday
            • -
            • 05:35
            • -
            • -
            • by

            慟哭の前巻から、時間は再び動き始める。

            0

              『筺底のエルピス5 ―迷い子たちの一歩―』

              ↑↑↑
              画像をクリックで試し読み。

               

              満を持して発売です。

              叶の背中合わせのイラスト。

              天に見えるは希望の空か、足の着く地は地獄のそれか、というような寓意的なイラストです。

              きっと、ここまで読んで下さっている方々にはニュアンスが伝わるのでは、と。

              toi8さん、ものの見事に表現して下さってありがとうございました。


              衝撃的なラストを迎えた前巻(四巻)

              ネット上でも様々な叫び声が上がっていました。

              いやホントに僕も辛かったです……。ホントに……。
              希望(=エルピス)を求めた先に突きつけられる絶望。
              その事実を受け容れたくないけれども、受け容れなくてはならない……。


              そんな辛さを抱えて、

              皆々さま、お待たせいたしました!!

              果たして「彼女」はどうなってしまうのか……?
              もちろん、それが気になるところでしょう!!

              しかし、あの《捨環戦》の真実は、「彼女」だけにではなく、《門部》の面々、そして、二巻で描かれた夏のひと幕に参加していた天文部員たちにも癒やせぬ傷を刻みます。

              その傷同士が、どのように影響しあい、そしてストーリーに繋がっていくのか。

               

              二巻と軽く書きましたけど、三、四巻で描かれ続けた地獄を思うと、遙か昔に戻ってしまったかのような気すらしますね……。
              時間が戻ったことにより、一度は別の時空で退場してしまったキャラクターたちも再び登場します。

               

              個人的には、奥菜正惟と姥山冬九郎の師弟コンビの復活が実に嬉しかったり……。
              他にも、名前しか出ていなかったキャラクター達も登場したりします。それがまた嬉しい。

               

              とにかく、今後の展開がより楽しみになる一冊になっているので、なにとぞなにとぞ。

              まだまだ全五巻なので、すぐに追いつけますよ!(←コレ重要!!)

              ここまでの四巻。


              そして、ここからの五巻。

              その広がる物語の時空に、期待せざるを得ません!!

              また、この度は『屍者の帝国』や『道化師の蝶』などを執筆されている、

              芥川賞作家の円城塔氏より、帯の推薦文をいただきました!

              ※画像では読みづらいかも知れないので、下に推薦文のテキストをば。

               

              ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

              こんな形の物語は見たことがない。

              ジャンルをジャンルで上書きしていく、この物語のつくり方は見たことがない。

              鬼に逢っては鬼を殺し、祖に逢っては祖を殺し、仏に逢っては仏を殺す、オキシタケヒコの書き方は作者まで殺してしまうかもしれない。(円城塔)

              ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
              ご覧の通り、候補を3ついただいていたのですが、どれもかっこ良く……選ぶこともできず全文掲載するなどということをしております。(汗)

              (氏のTwitterを見て察している方もいらっしゃると思いますが)

               

              この推薦文から想像される内容に相応しい「凄み」を感じる本作。

              そして、第五巻。
              ぜひぜひ、この重厚なストーリーの奔流に、身を任しつつ楽しんでいただけましたら幸いです。

               

              編集部(小)でした。

               


              『平浦ファミリズム』書き下ろしSS公開!!

              0

                 

                第11回小学館ライトノベル大賞・ガガガ大賞受賞作

                『平浦ファミリズム』(著:遍 柳一 イラスト:さかもと侑)

                 

                先週発売されてから、

                各所で賞賛の声が相次いでいます!

                 

                「本当に素晴らしい」

                          

                「新人とは思えないほどの完成度の高さ」

                 

                「読みながら鳥肌が立った」

                 

                「万人が読むべき傑作」

                    

                「ヤバい。めちゃくちゃ面白い」   

                 

                「読み終えたあとの満足感がすごい」

                 

                「最高の一冊」

                 

                「文句のつけようがない快作」

                 

                「……優勝!」

                 

                これらの声への感謝の意として、

                著者の遍 柳一先生がショートストーリーを書き下ろしました!

                平浦家のとある日のひとコマ。

                本編を読まれたあとのほうがより楽しめる内容となっています。

                それでは、どうぞ!

                 

                 

                 

                 はじめの一歩

                 

                 あれは、私が引き籠ってから、いつ頃のことだったろう。

                 夕ご飯を食べながら、何気なく観ていたテレビ番組。画面には、キャンバスに向かって一心に絵筆を動かす、ひとりの女性の姿が映し出されていた。

                 描いていたのは、都会の喧騒を行き交う人々の姿。その絵はまだ完成途中のもので、全体から受ける印象はともかく雑多の一言に尽きた。

                 でも、私はそこに描かれた人々に浮かぶ表情、そのあまりの精緻さに、何か胸に込み上げるものを感じていた。それは温かさであり、切なさであり、油断すると涙が出そうになるような、不思議な感情だった。

                 疲れた表情をしたサラリーマンを描く時、その女性もまた疲れたような顔をした。母親と嬉しそうに手を繋ぐ子供を描く時、やはり女性も無邪気な表情をするのだった。

                 たぶん、その人にとって絵の中にいる人間たちは、向き合うべき世界だったんだと思う。現実と何ひとつ変わらない、想いを寄せるべき他人だったんだと思う。

                「お兄ちゃん! ちょっと!」

                 テレビ番組を見終えてすぐにお兄ちゃんを捕まえ、椅子へと座らせる。「ど、どうしんたんだよ」と遅れて声を出すお兄ちゃんに、「しっ!」と静止を促す。そうして早速、スケッチブックと鉛筆を手に、お兄ちゃんの姿を描いていく。

                 絵を描くことは、昔から好きだった。

                 でも私は、人物画を描くのは、あまり得意じゃなかった。

                 だから、まずは近くにいる人から―――そこから始めてみようと、そう思った。

                 

                 世の中には、本当に、たくさんの人間がいる。

                 優しい人。厳しい人。元気いっぱいの人。何かに疲れちゃった人。

                 強い信念を持った人や、いろんなことに、思い悩んでいる人―――。

                 それはきっと、当たり前のことで。

                 でも、私にはまだ、その当たり前が分からなくて。

                 だから、もっともっと絵を描いてみたいって、そう思ったんだ。

                 そんなやり方で生きていくのは、もしかしたら普通じゃないのかもしれない。

                 でも、それが今の私にできる、精いっぱいの世界との向き合い方だから。

                 それを応援してくれる人が、私の周りにはいるから―――。

                 

                「どうでもいいけど、なんでそんなに仏頂面なんだよ。岬」

                 一生懸命に描いていると、お兄ちゃんが怪訝そうにそう言った。

                「だって、お兄ちゃんを描いてるんだから、そうなるもん」

                 要領を得ない様子のお兄ちゃん。だが、すぐに「何だそりゃ」と口元を綻ばせる。

                 それに釣られて、自然と、私も表情が緩む。

                 ああ、少なくとも私、お兄ちゃんにはちゃんと、向き合うことができているみたいだ。

                 なんだかほっとして、手元が柔らかくなる。すると、自分でも予想しなかった線が描けた。

                 仏頂面だけど、不器用な優しさも垣間見える、なんとも言えないお兄ちゃんの顔。

                 うーん。我ながら、いい出来栄えだ。

                                                   (了)

                • 2017.07.29 Saturday
                • -
                • 13:00
                • -
                • -
                • by

                第11回小学館ライトノベル大賞<ガガガ大賞>受賞作『平浦ファミリズム』発売!

                0

                   

                  第11回小学館ライトノベル大賞

                     ガガガ大賞受賞

                   

                    『平浦ファミリズム』

                   

                      満を持しての発売です!!!

                   

                   

                  (画像をクリックすると、試し読みページにジャンプします)

                   

                  著者はこの作品が作家デビューとなる遍 柳一先生。

                  本作は、ゲスト審査員・広江礼威先生に大絶賛され、

                  3年ぶりのガガガ大賞選出となりました。

                  思い出すのは選考会のあの日のこと――

                  応募作のガガガ大賞受賞が決まった瞬間、

                  「一秒でもこのことを彼に伝えたい!」

                  そう思った私は会議室を飛び出し……。

                   

                  このドラマチックな模様は、

                  ラノベニュースオンラインさんの遍 柳一先生独占インタビュー

                  で語られておりますので、ぜひそちらをご覧になってください!

                   

                  ラノベニュースオンライン

                  http://ln-news.com/archives/57172/post-57172/

                   

                   

                  さて、この『平浦ファミリズム』というタイトル。

                  平たくいうと「平浦さんちの家族主義」といった感じです。

                  ではここで、平浦家の面々をご紹介。

                   

                   

                  平浦一慶(ひらうら・いっけい)

                  主人公。平浦家の長男。

                  プログラミングの才能に長けており、

                  ろくに高校にも通わず一人アプリの開発に励む。

                   

                   

                  平浦 悠(ひらうら・はるか)

                  20歳。平浦家の長女。

                  行動派のトランスジェンダー。

                  腕っぷしの強さと長髪から、

                  子供の頃についたあだ名は「落ち武者」。

                   

                   

                  平浦 岬(ひらうら・みさき)

                  11歳。平浦家の次女。

                  引き籠りのアニメオタク。

                  幼稚園のころから引き籠もりを開始。

                  プロ顔負けの絵の才能を持つ。

                   

                   

                  平浦竜吉(ひらうら・たつよし)

                  45歳。平浦家の父。

                  コミュ障のフリーター。

                  大学時代に妻ひとみに一目惚れし、

                  ストーカーまがいのアタックをかけた。

                   

                  といった個性的なキャラクターがそろった平浦家ですが、

                  この家族には母親がいません――。

                   

                  家族の「死」や「別れ」は、

                  残された者たちが乗り越えなければならない大きな壁です。

                  平浦家は一家にとって太陽のような存在であった

                  母親を亡くしてしまいます。

                   

                   

                  大丈夫だよ、一慶。あんたにも、きっと――――

                   

                  死の前日、母親のひとみが言い残した言葉。

                  当時、小学六年生だった一慶は、

                  この言葉の真意を分かりかねたまま成長し、今や高校二年生。

                  頭脳明晰、スポーツ万能……なんだけど、目立ちたくないので、

                  テストは半分くらいまで解いて残りを白紙で提出して自己防衛。

                  学校での友人は皆無。

                  だが、それでいい。

                  そんなふうに人と関わりを持つことを避けて生きてきた一慶。

                  ところがある日、ほんの気まぐれで行った善行が、

                  とんでもない事件を引き起こしてしまう……。

                   

                   

                  冒頭でご紹介したインタビューのなかで

                  遍先生も語っておられますが、

                  この『平浦ファミリズム』はぜひ学生の方に読んでほしい!

                  私も応募原稿を読みながら、

                  もしこの小説を自分が思春期のころに読んでいたら……。

                  と、考えずにはいられませんでした。

                  家族とは? 他人とは? そして、自分とは?

                  いろんなことを考えさせてくれる本だと思います。本気で。

                  さかもと侑先生の、

                  それぞれのキャラクターの気持ちに寄り添うようにして

                  丁寧に描かれたイラストも魅力的な一冊。

                  ぜひお手に取っていただきたいです!!!

                   

                   

                  それでは、ここからは特典情報を!

                   

                  とらのあな様

                  イラストカード

                   

                   

                  ゲーマーズ様

                  SSペーパー「一之瀬ファミリズム」

                   

                  数には限りがございますのでご購入はお早めに!

                   

                  編集(濱)でした!

                   

                  • 2017.07.19 Wednesday
                  • -
                  • 18:45
                  • -
                  • -
                  • by

                  第11回小学館ライトノベル大賞〈ガガガ賞〉受賞!「ひきこもり姫を歌わせたいっ!」発売!!

                  0

                    ふぁっ●んほっと!!!!

                     

                    東京では梅雨明けが宣言された、すっかり夏らしい空模様でございます!

                    そんな中、待望のこのときがやってまいりました!

                     

                    毎年恒例(?)ガガガの夏、到来!!!!!

                     

                    もう冷やし中華ばりに「ガガガ文庫、夏の青春物はじめました」って感じです。

                    今年も良い青春物、入ってますよお客さん!

                     

                    それではご紹介しましょう!!

                    第11回小学館ライトノベル大賞の最終ターン!

                     

                    歌わせたいっ!です!!

                    (著:水坂不適合 イラスト:有坂あこ)

                    (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい) 

                    (田).。oO(ちなみにpixivさんでも試し読みができるぞい)

                    (田).。oO(デザイナーさんからデザインをいただいたときになぜか「赤坂BLITZ」を思い出す。たぶんイナズマしかあってない……) 

                     

                    ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

                    (田).。oO(可愛すぎるひきこもり姫……恋に落ちそう)

                     

                    イラストを担当してくださったのはTVアニメ「正解するカド」でキャラクター原案を担当した有坂あこ先生です!

                    この方に、いつか青春物のイラストを描いて欲しい……

                    そんな(田)的趣味全開のもと、今回お願いしてご快諾していただいた次第です。(やったぜ)

                     

                    そんなわけであらすじはこちらです!

                    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                    青春は歌うことと見つけたり!

                    超絶歌下手男子・蒼山礼人。ロックバンドの甲子園での優勝を目指す彼が出会ったのは、魔法の歌声を持つ『ひきこもり姫』・灯坂遙奈だった。過去のトラウマから周囲との交流を避ける彼女に、礼人は諦めずに声をかけ続ける。「灯坂が歌ってくれたら、絶対すげぇライブができる」「……本気で言ってますか?」「本気も本気だけど――俺はさ、人間はなりたいものになれるって思うんだ」。第11回小学館ライトノベル大賞でガガガ賞を受賞! 何者でもない少年少女たちが叫ぶ、不器用だけどまっすぐな青春ロックバンドストーリー開演!!

                    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                     

                    「何者でもない少年少女たちが叫ぶ、不器用だけどまっすぐな青春ロックバンドストーリー」

                    この作品はこれに尽きます。

                    まだ何者にもなれていない高校生が、不器用ながらもどこまでもまっすぐに音楽に取り組む姿が印象的な作品です。

                     

                    これここだけの内緒の話なんですけど、「ひきこもり姫」の応募作を読んだとき、僕は思わず泣いてしまいました。

                    大げさかもしれませんけど、大の男一人を泣かせるくらいには……きっとすごいパワーのある作品なのです!

                     

                    さてさて、そんな作品に登場する高校生たちをご紹介!

                    ●蒼山礼人
                    致命的に歌が下手。バンド『瞬間最大風速』ギター・作曲担当。

                     

                    ●灯坂遙奈
                    ひきこもり姫。魔法の歌声を持つが極度のコミュニケーション難。

                     

                    ●千賀朝子
                    礼人の幼なじみ。美人で成績優秀。バンド『瞬間最大風速』ドラム担当。

                     

                    ●城崎 蓮
                    帰国子女。いつも寝ている。バンド『瞬間最大風速』ベース担当。


                     

                     

                    本作は超絶歌下手男子の礼人と、魔法の歌声を持つひきこもり歌姫の遙奈が出会うところから物語が始まります。

                    果たして礼人はひきこもり姫である遙奈をステージで歌わせることができるのか!

                    その結末は……もちろん本編をお楽しみに!

                     

                    それでは、もっと作品の魅力を知ってもらうために、

                    Blogを見ている皆さまにだけ本文内カットを公開!!

                     

                    ▼最高のボーカルを見つけた!

                    (田).。oO(マイ枕でぐっすりでワロタ)

                     

                    ▼ひきこもり姫とトランプ!

                    (田).。oO(ひきこもり姫とのこの距離感が愛おしい……)

                     

                    ▼夜の浜辺……歌姫との時間

                    (田).。oO(雰囲気抜群のイラストの数々は必見!控えめに言って有坂先生本当にありがとうございます。)

                     

                     

                     

                    さらに、

                    特典も充実してますよ!!

                     

                    ●とらのあな様

                    イラストカード

                     

                    ●ゲーマーズ様

                    特製ブロマイド

                     

                    数に限りがございますので、お早めにどうぞ〜!

                     

                     

                     

                    それぞれの人にそれぞれの青春の有り様があると思います。

                    そんな中でも、「歌」に青春を見いだした彼ら。

                    彼らが疾走していく姿を、ぜひぜひ最後まで一緒に追いかけてくださいませ!

                     

                    『ひきこもり姫を歌わせたいっ!』は全国書店様にて好評発売中です!!

                     

                    お手にとっていただければこれ以上に嬉しいことはないです!(ノ><)ノ

                    以上、編集(田)でした!


                    1500万PV突破の大人気作!『レイロアの司祭さま』本日発売!!

                    0

                      どもども!

                      最近編集部でもはぐれ者を気取りたいお年頃の編集(田)です!

                      東京はようやく梅雨明け宣言。梅雨明け前のハチャメチャ雷雨がゲリラ的に豪雨していますが、まあ会社にずっといれば問題ないよねー

                       

                      というわけで!

                      本日ご紹介しますは、、、、

                      小説投稿サイト「小説家になろう」にて1500万PV突破(7/19現在)の話題作!

                      ガガガブックス第3弾!!

                      『レイロアの司祭さま 〜はぐれ司祭のコツコツ冒険譚〜』でございます〜!!!

                      (著:朧丸 イラスト:野崎つばた)

                      (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい) 

                      (田).。oO(ちなみにpixivさんでも試し読みができるぞい)


                      ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!

                      (田).。oO(こっちに飛び出してきそう!ほほえましいワンショット!)
                       
                      本作は「小説家になろう」にて、大人気の冒険ファンタジーなのですが、、、

                      帯を作っている段階でPV数がえらく増えて、帯のものと現在のもので差ができるほどの人気っぷりなのです!

                       

                      帯:1400万PV突破 → 現実:1500万PV突破

                       

                      (田).。oO(すごーい!でもこれ(田)の詰めが甘いだけなんじゃ?)

                       

                      そしてなにより忘れてはいけないのが、書き下ろし短編!

                      書籍版だけの番外編「レイニィブルー」が収録されています!!

                      これは控えめに言ってファン必読ですよねえ!

                       

                       

                      さてさて、というわけでさっそく内容のほうをご紹介です!
                      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
                      はぐれ者には福がある?

                      冒険者が集う、冒険者のための街・『迷宮都市レイロア』。ひょんなことから上級職の司祭になってしまったノエルは、あまりにも遅い成長速度のせいで固定パーティを組めず、便利屋稼業を続けていた。たとえ一度きりの参加となるパーティでさえも、ノエルにとってはかけがえのないつながりで、その縁がまた別の縁を結んでいく。そして、コツコツと冒険を続ける彼のまわりには、徐々に個性豊かな面々が集まり始める。はぐれ司祭と愉快な仲間達が繰り広げる、せちがらくもどこか楽しい異世界冒険活劇、はじまり はじまり!

                      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
                       
                      とても賑やかなお話しが始まりそうですね!

                      冒険活劇という言葉にワクワクします(自分で考えたあらすじだけど)

                      今回のお話しは、いろんな段階をすっ飛ばしていきなり上級職の《司祭》になってしまったがために、成長速度が周りと比べて著しく遅い青年・ノエルが、「便利屋」家業を続けつつ、いろんな人(とかモンスターとか)と出会い成長していく物語なのです。

                       
                      さて、まずはなにより、この作品世界を彩るキャラクターたちの紹介です!

                      ▼キャラ紹介はキャラデザインとともに

                       

                      ●ノエル
                      はぐれ司祭。便利屋稼業を続けている。

                      ●ジャック
                      ノエルの相棒その1。元騎士のスケルトン。

                      ●ルーシー
                      ノエルの相棒その2。ゴーストの少女。

                      ●ミリィ
                      かつてノエルと同じパーティにいた魔法使い。

                      ●リオ

                      地下迷宮内で〈黒猫堂〉を営む。職業は盗賊。

                       

                      (田).。oO(コツコツとがんばるノエルの周りが徐々に賑やかになっていくのが素敵)

                       

                      そのほかにも、個性豊かなキャラクターたちが次々と登場します!

                      なかでも注目したいのが、、、

                       

                      はぐれ司祭ノエルの相棒たちです!!

                      (田).。oO(コミカル担当なジャック!書籍版で出番も増えたルーシー!担当的超癒やしポイントな二人!)


                      最初は固定パーティを組めずに悩むノエルですが、人と人との縁が繋がって徐々に周りには仲間が集まってきます。

                      それでは、さらに作品世界を深掘りしていくために、部ログをご覧の皆様限定で本文内イラストを公開!

                       

                      ▼冒険者ギルドにはたくさんの依頼が!

                      (田).。oO(ノエルはここでスポット参戦させてくれるパーティを探すのです)

                       

                      ▼呼ばれて飛び出てじゃじゃーん!!

                      (田).。oO(ルーシー!!!俺だー!!!!娘になってくれ−!!!!!)

                       


                      そして、もちろん購入特典もございます!

                      ●アニメイト様

                      書き下ろしSSペーパー

                       

                      ●とらのあな様

                      メッセージ付きイラストカード

                       

                      もちろん数に限りがあると思いますので、ご購入はお早めに!!

                       

                      また、「小説家になろう」サイト内にて、バナー広告が掲載されています!

                      (田).。oO(縦に長いよPC版)

                       

                      (田).。oO(横に長いよスマホ版)

                       

                       

                       

                       

                      ノエルたちの物語はまだまだ始まったばかり!

                      たくさんの冒険を一緒に見守っていただければ幸いです!

                       

                      『レイロアの司祭さま 〜はぐれ司祭のコツコツ冒険譚〜』は全国書店様にて好評発売中です!!

                      以上、編集(田)でしたー!


                      | 1/20PAGES | >>