コミカライズ決定の話題作!『異世界に召喚されなかったから、現実世界にダンジョンを作ってやりたい放題』本日発売

0

    あー、異世界に召喚されて〜〜。

     

    ご無沙汰してます、編集(米)です。

    Web小説を読んでいると、ふいにさっきのようなぼやきが出てしまうもの。

     

    けれど、実際にはそんなことが無いのが世の常です。

    あら、同じようなことを考えているおじさんが奮闘する作品がこんなところに!

     

    異世界召喚されなかったから、現実世界にダンジョンを作ってやりたい放題2』

     

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    はた迷惑な駄女神、リターンズ!?


    30歳無職、山田田助。駄女神によって人生をめちゃくちゃにされるも、救済措置でもらったチートスキルのおかげで、大事な家族もできました。今日もダンジョンライフを満喫する田助だが、ふと思い立つ。「異世界みたいな魔法を使ってみたい!」だが、魔法の使い方なんて分かるわけもない。だったら教えてもらおう、異世界の魔法使いに! 異世界ストアで購入したのは、緑髪が特徴的な奴隷のウェネフ。そして、諸悪の根源である駄女神シャルハラートが神の世界から墜ちてきて!? 一発逆転自由気ままな現代ダンジョンライフ、第二弾!

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     

    第一巻が発売したのが、昨年の11月。

     

    某T編集から引き継いだこともあって、お届けするのに時間が掛かってしまいました。

    大変申し訳ないです!

     

    ちゅうことで、本作の内容をざっくり説明すると。

    「Web小説に憧れるおじさんが、現実世界でダンジョンを作ってウハウハする話!」

     

    ==================================

    本作の主人公、山田田助(やまだたすけ)は冴えない普通のサラリーマン。

    働き詰めの毎日だが、日々の疲れを彼はWeb小説で癒やしていた。

    そんな彼の目の前に突如現れたのは、自称女神のシャルハラート。

    彼女は言う。「あなたは勇者として召喚されるのです!」

    もちろん喜んで承諾する田助。憧れの異世界召喚を断る理由なんてないのだ!

    事前に身辺整理をするように言われた彼は、会社を辞め、家族に別れを告げる。

    準備万端! いざ異世界へ! と意気揚々とする田助だが、再び目の前に現れたシャルハラートは、言いにくそうに一言。

    「あなたが異世界に召喚されるというのは私の勘違いでした!」

    激昂する太助。彼はもうすでに身辺整理を済ませており、後に戻ることは出来ない。

    電気もガスもアパートの契約も、今月いっぱいで解約。会社も辞めて、今後の生活すら危うい。

    自称女神ーー結論駄女神のシャルハラートは、おわびとばかりに3つのスキルを田助に授ける。

    ・異世界ストア

    ・アイテムボックス

    ・鑑定

    これは、女神によって人生を強制終了させられた主人公が、与えられたスキルで現実世界にダンジョンを作り、憧れの異世界生活を目指して奮闘する物語である。

    ===================================

     

    ☆★☆モノクロイラストピックアップ☆★☆

     

    田助を「異世界に召喚するする詐欺」に陥れたのが、こちら。

    駄女神シャルハラートさん。

    大泣きしていますが、いったい何があったのでしょう???笑

     

     

    駄女神から貰ったスキルで助けたことがきっかけで、田助の奥さんとなった美女の衣子(きぬこ)

    マジ怒りの彼女は手がつけられないゾ☆

     

    今巻から登場する新キャラのウェネフ

    異世界の魔法使いなのですが、なぜか奴隷として売られていたので、異世界ストアでご購入♪

    俺に魔法の使い方を教えてくれ!!(田助談)

     

    そして、お遣いと称したラブラブデートシーンも???

    *担当お気に入りの場面です。

     

    ああ、、、きゃわ♡

     

    というわけで、『異世界に召喚されなかったから、現実世界でダンジョンを作ってやりたい放題2』

    本日発売でございます!

     

    そしてそして、

    コミカライズ企画進行中!!!

    詳細は、後日ガガガWIRE等にて発表予定です。

     

    引き続き、本作をよろしくお願い致します〜♪