どん底令嬢よ、立ちあがれ!『ロメリア戦記〜魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した〜』

0

     

    令嬢ロメリアは婚約者であるアンリ王子とともに魔王討伐へと旅立った。

    聖女、賢者、剣豪たちを仲間にしながら、

    苦難に満ちた長い旅路の末に魔王の宮殿へと辿り着き、

    見事、魔王ゼルギスを打ち倒した。

     

    その直後――――

     

    アンリ王子「君とはもうやっていけない。婚約を破棄する」

    令嬢ロメリア「!?」

     

     

     

     

     

     

    そんなプロローグから始まる物語。

     

     

     

     

    ロメリア戦記〜魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した〜

     

     

    著者は今作でデビューとなる有山リョウ先生。

    イラストを手掛けられたのはコダマ先生。

     

    冒頭のような経緯から、

    婚約者を失い、仲間からも見捨てられたロメリアでしたが、彼女はくじけません。

    なぜなら、祖国にはいまだ魔王軍がはびこり、魔族に囚われ奴隷となった人々がいたから。

     

    「彼らを救わずして、真の平和は訪れません!」

     

    囚われた人々を救うため、

    独自の軍隊を組織する決意をした令嬢ロメリアの前に、

    次々と困難が立ちはだかります。

     

    「軍隊がない? 地方領主を脅して砦を乗っ取りましょう」

     

    「新米ばかりで使いものにならない? 魔物を退治して経験を積ませましょう」

     

    「お金がない? 商人たちと商談して、資金を出させましょう」

     

    といった具合に、

    アグレッシブに問題を解決していくロメリア。

     

    そして、

    ひとりの令嬢が作り上げた軍隊が出陣の時を迎える――

     

     

    ロメリア隊(通称、ロメ隊)の中心メンバー、アル(左)とレイ。

     

     

     

    書類仕事に追われるロメリア。これもまた長の務め。

     

     

     

    敵となる魔王軍残党のガレ(左)とギャミ。残虐極まりない。

     

     

     

    それでは最後に、

    コダマ先生によるキャラクターデザインをご紹介いたします!

     


    ロメリア・フォン・グラハム

     

    グラハム家伯爵令嬢。

    常に現実的で、時には非情な決断も下す。

     

     

     

    アンリ・レウス・ライオネル

     

    ライオネル王国の第一王位継承者。

    独善的な熱血漢で、自分の正義を疑わない。

     

     

     

    エリザベート

    傷を治す「癒しの御業」を持つ聖女。

    現在のアンリ王子の婚約者。

     

     

    最後の最後に、帯について!

    今回、帯コメントをいただいたのは、

    『されど罪人は竜と踊る』浅井ラボ先生!

     

     

    近日刊行予定の第2巻では、

    早くも怒涛の展開を迎えることに……。

     

    急いで続きを書かないと、有山先生は本当に怒られます!

     

    乞うご期待!

     

    編集(濱)でした。