これは、恋を終わらせるための物語。『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』本日発売!!!

0

    夏の足音が聞こえてきた、今日この頃。

    みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

     

    こちらは、クソ熱いなかクリスマスのイラストを見て、

    「あれ、今って冬だっけ?」

    「そういえば、ちょっと肌寒い??」

    と、脳に錯覚させて堪え忍んでおります。

     

    どうも、編集(米)です。

     

    ということで!

    いよいよ新人賞ラッシュ第一弾を飾ります、

    『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』

    が発売になりました!!!!!

     

    作品紹介!

     

     

    『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』

    著:犬君 雀 イラスト:つくぐ

     

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    クリスマスを消すため僕は少女の恋人になる


    聖夜を間近に控えた12月初旬。先輩にフラれた僕は駅前のイルミネーションを眺め、どうしようもない苛立ちと悲しさに震えていた。クリスマスなんて、なくなってしまえばいいのに……。そんな僕の前に突如現れた、高校生らしい一人の少女。「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」彼女の持つノートは『望まない願いのみを叶える』ことが出来るらしい。ノートの力で消すために、クリスマスを好きになる必要がある。だから――「私と、疑似的な恋人になってください」これは僕と少女の奇妙な関係から始まる、恋を終わらせるための物語。

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

     

    本作は、小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

    ここちよくも心を抉るような独自の文体と、その突き抜けた作風が評価され、

    無事受賞し、出版する運びとなりました。

     

    今回のお話は、「クリスマスが嫌いな青年と、不思議な少女が、疑似恋人関係を結ぶ」というもの。

    先輩にフラれた僕の目の前に、突然見知らぬ少女が現れる。

    不思議なノートを持った、不思議な少女。

    クリスマスをなくすために、疑似恋人関係を結んだ二人は――

    「それで、君のウチはどこなんだ?」

    「何を言っているんですか、泊まるのはあなたの家にですよ?」

    「――は?」

    なぜか、同棲生活をすることに……!?

     

     

    さて、ここから普通のラノベなら、少女が家事をしてくれたり、美味しいご飯を作ってくれたり、

    あわよくば「あーん」なんてことになるわけですが、一切そんなことはありません

     

    むしろ、起きる時に脚を踏みつけられたり、罵倒されたり。

    優しくしてくれるといっても、せいぜいコンビニ弁当を買ってきてくれる程度。

     

    でも、それが彼女なりのコミュニケーションだったりもするんですね。

    コミュ障なんです、基本的に。

    想いを伝えるそのぎこちなさだったり、ときおり見せる笑顔がすごく可愛らしい。

    苦さ70%、エモさ30%でお送りしている本作です。

     

    果たして、彼らはどうやってクリスマスを消すのか――?

    クリスマスを消したあと、彼らはどうなってしまうのか??

     

    先の展開を予想しながら、ぜひ読んでみてください。

     

    ★左から、「僕(主人公)」「少女(ヒロイン)」「先輩(僕のもと恋人)」「悪友(僕の友人)」

    ギャラリー

    イルミネーションの前で、黄昏れる主人公。

    ――傷心中。

     

    粉雪が舞う中、ノートを手に中空を見つめる少女。

    その視線の先には……。

     

    あぜ道を歩き、振り返る先輩。

    爽やかながらも、妖艶な雰囲気を醸し出す。

     

    ベランダに出て、隣り合うふたり。

    おだやかで、心地良い時間が流れる――。

     

    他にも、多数イラストを収録しております!

    ぜひ、手にとって確かめてください。

    特典情報

     

    メロンブックス様にて、特典SSリーフレットをご用意いただきました!

    https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=673372

     

    ありがたや〜。

    内容は、少女視点の前日譚になります。

    全てが始まった、あの冬の日。

    少女は、いったい何を思うのか――?

    ぜひ、その目で見て確かめてください!

    *在庫僅少らしいので、お早めに!

    まとめ

    エモエモエモい本編ですが、今回イラストもかなり高クオリティに仕上がっています。

    本当、イラストを描いてくださったつくぐさんには頭が上がりません。

    「朝日でクリスマスをかき消す感じで!」

    という、かなりの無茶ぶりにお付き合い頂き、とても感謝しております。

    (何回も修正をお願いしてすみません……。

    この場を借りて、お礼申し上げます。

     

    めちゃくちゃ素敵なカバー&帯になっているので、

    読み終わったあとは、部屋に飾ってインテリアとしてお楽しみください。

    そして、さみしくなった時には、また手にとって再びページをめくって頂けるとうれしいです。

    そう、……今度はクリスマスにね!(なぜ冬に出さなかった!!!

     

    それでは、よきジューンブライドをお過ごしください。

    編集(米)でした!!!