その真実にたどり着くと、必ず読み返したくなる『きのうの春で、君を待つ』。

0

     

    どうも。在宅勤務にまったく慣れない担当(濱)です。

    いろいろと大変な時期ですが元気だして参りましょう!

     

    2019年の夏に刊行されるや緊急重版

    「このライトノベルがすごい!2020」では、

    総合第9位にランクインするなど、

    大きな話題を呼んだ

     

    『夏へのトンネル、さよならの出口』

     

     

    それから季節はめぐり、春が来て――

     

    『きのうの春で、君を待つ』

     

    が刊行となりました!

     

     

    著者はもちろん、八目迷先生。

    イラストは前作に引き続き、くっか先生が担当。

     

    「春」と「夏」と2冊並べるとこんな感じ!

     

     

    地平線がぴったり一致しています!

    そして、中心にいるヒロインのポーズが対照的で、

    それぞれの性格を象徴しているかのようです。

     

    今作も、前作と同様に【時間】にまつわる物語となっています。

     

    『夏へのトンネル、さよならの出口』が時間の【早送り】なら、

    『きのうの春で、君を待つ』は時間の【巻き戻し】です。

     

    ここで、物語のあらすじを。

     

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    夕方6時のチャイム、”グリーンスリーブス”が流れ、

    カナエの意識は時間を跳躍する――。

    東京から、かつて住んでいた離島・袖島に家出してきた船見カナエは、時間をさかのぼる現象”ロールバック”に巻き込まれる。

    乱れた時間のなかで、2年ぶりに再会したカナエの幼馴染である保科あかりが、彼にあるお願いをする。

    「お兄ちゃんを救ってほしい」。

    ロールバックを利用し、数日前に亡くなった

    あかりの兄・彰人を救うため奔走するカナエ。

    しかし時間をさかのぼっていくうちに、あかりの秘密が明らかになり……。

    甘くて苦い二人の春が始まる。

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

     

    つづいて、こちらのPVをご覧ください。

     

     

     

     

    PV内で流れているピアノ曲が”グリーンスリーブス”です。

    伝統的なイギリス民謡曲で、聴いたことがある方も多いと思います。

    電話の保留音でもお馴染みですね。

     

    物語のなかで、この”グリーンスリーブス”は夕方6時を告げる

    チャイムとして何度も流れることになるのですが、

    じつはこの曲には歌詞がありまして……。

    本作を読み終えたあと、

    ぜひ、その歌詞を読んでみることをお勧めします。

    いろいろと面白いですよ(意味深)

     

    登場人物紹介

     

    船見カナエ

    主人公。東京から家出した17歳の少年。

     

    保科あかり

    カナエの幼馴染。離島の高校に通う少女。

     

    『きのうの春で、君を待つ』は男女の幼馴染の物語です。

    二人は小学一年生から中学三年生まで一緒だったけど、

    カナエが東京の高校に進学したことで離れ離れに……。

    春休み、家出したカナエが離島へと帰省したきたことで、

    二人は2年ぶり再会することに。

    時間をさかのぼる現象”ロールバック”に巻き込まれたカナエは、

    あかりの導かれて4日間の意識の空白を埋めていきます。

    お互い離れ離れだった2年間を取り戻すように、

    日に日に親密さを増していくカナエとあかり……。

     

    けれど、あかりにはある秘密があったのです――。

     

    物語のラスト、その真実を知ったあなたは、

    きっとまた最初から読み返したくなるはずです。

     

    読み終えたあとSNSで感想など上げられるときは、

    その秘密だけは明かさないようにしてあげてください。

     

     

     

    それでは最後に、各店舗様の特典情報を!

     

    ◆ゲーマーズ

    オリジナルブロマイド

     

     

    ◆とらのあな

    書き下ろしSS付き両面カード

     

     

    ◆メロンブックス

    【通常特典】書き下ろしSSリーフレット

     

    【メロンブックス限定版】箔押しブックカバー+通常特典

     

     

    以上になります!

     

    一度でいいから離島で青春してみたかった担当(濱)でした。