鶴城東先生による『クラスメイトが使い魔になりまして2』のあとがきのコーナー

0

    作品紹介記事はこちらから!!

     

    〜〜〜〜〜

    あとがき

     

     お久しぶりです。鶴城です。

    『クラスメイトが使い魔になりまして』2巻、お手に取っていただき誠にありがとうございました。少しでも楽しんでいただけたのであれば、幸いです。

     

     さて。今巻は初めての続刊作業ということで勝手がわからず、中々に難産でした。

     適切なスケジューリングができておらず前半に余裕をかましすぎて、かつ全面改稿を挟んだこともあり、暗中模索といいますか、わりとデスマーチの様相を呈していたように思います。

     

     細かく提示される締め切りをその都度血眼になってクリアしていく日々は綱渡りそのもので、最後らへんはロックマンXシリーズの高難易度ステージでノーダメスピードクリアに挑戦しているかのような高揚感、快感すら覚えていたような気もします。ごめんなさい嘘です。最も多忙な時期を振り返ってみると、あの頃はふとした拍子に「頼む、誰か俺を殺してくれぇ……」などと望まぬうちに生物兵器へと改造された哀れな被験者のようなことを考えていました。

     

     喉元過ぎればなんとやらで、あれはあれでちょっと楽しかったかもなぁとか一瞬でも思ってしまった私は、思い出補正の補正力があまりに高すぎるのかもしれません。人生最高。

     

     ちなみに本作作成中に三十歳となりました。でもそういった経緯から当日のことはおぼろげにしか覚えてないです。三十歳かぁ。ローマ数字だとXXXでかっこいいですよね。

     

     鶴城東 XXX歳。やべぇだせぇ。

     

     辛気臭い話はここまでにしまして。

     なんと! ドラマCDの企画が進行中です! いえーい! テンション上げますよ!

     それもこれも応援してくださった皆様のおかげで、大変感謝しております! シナリオはこれから死に物狂いで考えていきますので、よければ楽しみにしていただければなと!

     

     謝辞です! フゥー!

     担当さん誠に申し訳ありませんでした。次は余裕を持って進めます。また、多くのご指導ご指摘ありがとうございました。初校の段階ではさじ加減を間違え、読むと胃がギスギスするとまで言わしめたアレを、ここまで軌道修正できたのは、担当さんの尽力に依るところが非常に大きく、まっこと頭が上がりません。またよろしくお願いします。

     イラストを担当してくださった、なたーしゃ様。最高のイラストをありがとうございます。特に今回はキャラの立ち絵や表紙のラフ画を各々あのタイミングで頂いていなければ、おそらく心が砕け散って心神喪失していました。ありがとうございます……!

     

     あと胸でけぇ……!

     

     出版に関連し、本作に関わってくださった方々も、本当にありがとうございました。

     そして読者の皆様に深い感謝を。

     

     次巻もお付き合いいただければ、嬉しく思います。

     

    〜〜〜〜〜

     

    そんな鶴城先生のあとがき以外が読めるのは「クラスメイトが使い魔になりまして」2巻だけ!!!

    好評発売中です!!!!!

    全国書店様にてお求めください!!!!!

     

    クラスメイトが使い魔になりまして2
    著:鶴城 東 イラスト:なたーしゃ
    ISBN: 978-4-09-451810-8 定価:本体593円+税