「千歳くんはラムネ瓶のなか」本日発売! リア充主人公による“強キャラ系”青春ラブコメ!

0

    どうもどうも〜。編集(岩)です。

     

    俺ガイル、妹さえ、友崎くん……。

    ガガガ青春ラブコメ血統に、新顔がお目見えです!

     

    千歳くんラムネなか」本日発売!

     

    ★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆

    「五組の千歳朔はヤリチン糞野郎」――学校裏サイトで叩かれながらも、藤志高校のトップカーストに君臨するリア充・千歳朔。彼のまわりには、外見も中身も優れた友人たちがいつも集まっている。圧倒的姫オーラの正妻ポジション・柊夕湖、努力型の後天的リア充・内田優空、バスケ部エースの元気娘・青海陽……。仲間たちと楽しく新クラスをスタートさせたのも束の間、朔はとある引きこもり生徒の更生を頼まれる。これは、彼のリア充ハーレム物語か、それとも――? 新時代を告げる“リア充側”青春ラブコメ、ここに堂々開幕!!

    ★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆★★★★☆☆☆☆

     

     

     

    第13回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」を受賞した本作。

     

     

    一番の特徴は、「リア充が主人公」ということ。

     

    これまでの青春ラブコメの本流って、ほとんどが非リア・ぼっち・偏屈者などが主人公で、彼らがいかにリアルと向き合っていくかという構造があったように思います。

     

     

    それが今回、主人公側がリア充であると。

    しかも、学園で名を知らぬ者がいないほどの、超がつくほどのリア充です。

     

     

    そんなの面白いの? 感情移入できなそう。

    いくらでも疑念は湧きますよね。

     

     

    実際、新人賞の選考会も大いに荒れました。

    そもそも鼻について無理、という意見が大勢でしたね。

    ゲスト審査員の浅井ラボ先生に「問題作」と言わしめたのも、まさにそのあたりに所以があります。

     

     

     

    僕はそれでも、本作に大きな可能性を感じました。

     

    単純に、リア充主人公に「次の青春ラブコメの息吹」を感じたというのもあります。

    ですがそれ以上に、作品のなかで語られる「本物のリア充の価値観」に大きな衝撃を受けました。

     

     

     

    本作の主人公であるところの超リア充・千歳朔(ちとせ・さく)の言葉に、こんなものがあります。

     

     

    「他人の言葉を上から目線に感じるのは、自分が下から目線になっているからでもあるんだぞ」

     

     

    常に「下から」やっかまれている立場としての、忌憚ない本音。

    すごくハッとさせられました。

     

     

    学校などの社会で自然に生まれる、上下感の認識。いわゆるカースト。

     

    これは、上位の者が下位の者を見下すことで生まれると思っている人がほとんどではないでしょうか?

     

    ですがこの本には、自分から下に滑り込んでいる人たち、つまりは「下から目線の人たち」の姿が描かれています。

     

     

    朔たちリア充側の人間を通してしか見えない、「青春」のもうひとつの真実。

    この作品は、それを教えてくれると思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ……はい、マジメな話おしま〜い!

     

     

    いいんですよ、基本そんな小難しいことは!

    読んで感じる人だけが感じればいいのです。

     

     

    それよりも、リア充美少女の話をしよう!!!

     

     

     

     

    ■柊夕湖(ひいらぎ・ゆうこ)

    「いえーい、またいっしょ〜。朔もうれしい?」

    天然姫オーラのリア充美少女。バストはE。

    朔の正妻を自称し、彼への好意を隠そうとしない。

    男子人気は校内で1・2を争うほど。

     

     

     

     

    ■内田優空(うちだ・ゆあ)

    「ほら、朔くんかっこいいしモテるから、やっかんだりする人も多いんだよ」

    努力型の後天的リア充。バストはD。

    「正妻」を自認する夕湖に対し、朔の「妾(めかけ)」扱いされることもしばしば。

    元々は地味なほうだったが、高校1年生の途中から朔たちと行動を共にするように。

     

     

     

     

    ■青海陽(あおみ・はる)

    「部活で汗かいたあとに、きっちりネクタイなんて締められますかっての」

    バスケ部のエースをつとめるスポーティ少女。バストはB。

    小柄で運動神経バツグン。性格は竹を割ったようにまっすぐさっぱりしている。

    誰に対しても物怖じせず、コミュ力も高いため、自然とトップカーストに属している。

     

     

     

    ■七瀬悠月(ななせ・ゆづき)

    「私、認めてる相手には尽くすほうなの」

    夕湖と男子人気を二分する美少女。バストはD。

    陽とは同じバスケ部所属。

    いろんな表情を内に秘めた女優タイプで、状況に応じて臨機応変に振るまう万能型。

     

     

     

     

    ■西野明日風(にしの・あすか)

    「なんとなく、今日は君と会える気がしてた」

    ミステリアスかつ自由奔放な先輩。バストはC。

    言動が不可思議で、彼女以外の人間にその真意を汲み取ることは難しい。

    朔の憧れの人。

     

     

     

     

     

    個性豊かなヒロインズ!

    いずれも「そりゃリア充ですわ」と言ってしまいそうな魅力的な女の子たちばかりです。

     

    あなた好みの子がきっといるはずなので、ぜひ本編を読みながら探してくださいね。^^

     

     

     

     

     

    あと、やはり本作は彼の紹介も必要ですね。

     

     

    ■千歳朔(ちとせ・さく)

    「他人は他人。自分が自分を誇れればそれでいい」

    学内トップカーストに君臨するリア充。

    ビジュアル、話術、学業、運動などなど、あらゆる面で高スペックな能力を持つ。

    それ故やっかまれることも多く、学校裏サイトでの通り名は「ヤリチン糞野郎」。

     

     

     

     

     

    彼が切り開く青春ラブコメの新境地に、ぜひご期待ください!

     

     

     

     

     

     

     

     

    ゲーマーズさんでは夕湖のブロマイド特典もつきますよ!!!

     

     

     

     

    作品PVも絶賛公開中! 

    ぜひチェックしてください!

     

     

    また、こちらの特設ページでは作品の感想募集キャンペーンをやっているほか、大ボリューム試し読みもできます。

    同期受賞の他作品もふくめて見てみてくださいね。(*^_^*)

    https://gagagabunko.jp/pickup/grandprix13/index.html

     

     

     

     

    そしてそして。

    本作は福井を舞台にしているのですが、先日まさかのフライング聖地巡礼をしてしまいました!

     

     

     

    発売前に聖地巡礼ってなんだよ……。

    僕も驚いてます。

     

    まあぶっちゃけると、福井新聞さんが取材してくれるって言うので、ついでに取材旅行にしちゃっただけなんですけどね。笑

    (福井新聞さんの記事はまた発売日が分かり次第、twitter等で告知できればと思います。)

     

     

    でも最高にいいところだったのでまた行きたいぞ、福井!

     

     

     

     

    この聖地巡礼をはじめ、識者の方々のありがたい絶賛コメントなどなど、以下にまとめてます。

    興味があれば見てみてください。

    https://twitter.com/kiwaasa_gagaga/status/1139051279668326401

     

     

     

     

     

    以上、「千歳くんはラムネ瓶のなか」、略称「チラムネ」のご紹介でした〜!

     

     

     

     

     

     

     

    最後に。

     

    きっとこの作品は、誰かにとってはクソミソで、

    でも別の誰かにとっては救いにもなりうる物語だと信じています。

     

    読んでみて響くものがあれば、また誰かに紹介してもらえると嬉しいなと。

    もしかしたら、その人にとって大きな出会いになるかもしれませんから。

     

     

     

    そんな人と本の巡り会いに思いを馳せつつ。

     

    千歳くんラムネ瓶のなか

    応援よろしくお願いいたします!(^^)/