エロティックでヴァイオレンスな吸血鬼たちの異能維新! 『双血の墓碑銘(エピタフ)』発売中!!!!

0

    あけましておめでとうございます、編集(林)です〜〜!

     

    さて、期待の新シリーズのご紹介!!

     

    エロティックでヴァイオレンスな異能維新、ここに開幕――

    『双血の墓碑銘(エピタフ)』

    著:昏式龍也 イラスト:さらちよみ

     

    ためしよみは画像クリックで!

     

    担当(林)が、端的に本作の魅力を紹介すると…

    吸血種の美少女とのちょっとHな逃避行! 頭脳と肉体を極限まで駆使した異能バトル! 

    己の信念を貫くかっこいい主人公! 架空の幕末日本が舞台! 豪華絢爛な偉人たちの暗躍!!

    といった、激アツ要素を詰め込んで一気に最終ページまで駆け抜ける!!!

    アトラクションに乗り込むように頭を空っぽにして、押し寄せるエンタメの快感に身を任せろーー!!!!!(絶叫)

    な作品です。

     

    【あらすじ】

    時は1853年。日本に開国を迫っていたのは、西欧諸国。

    本作が史実と異なるのは、その西欧諸国が「吸血種」に支配されているということ。

    イギリス、スペイン、ドイツなど、異なる血族の吸血種が各国を支配しており

    彼らはそれぞれの思惑をもって日本を配下に加えようとしている。

    主人公・隼人(はやと)は新選組に属しており、「誰よりも侍らしくあること」を信念としている男。

    しかし、隼人は裏切り者に仕立てられた挙句、瀕死の重傷を負う。

    そこで出会ったのが、吸血種の少女・柩(ひつぎ)。

    隼人は裏切り者の汚名を返上し、新選組の危機を伝えるために柩の眷属になることを選ぶが――。

     

    さらちよみ先生による、美麗なカバーには、悩ましげな表情で銃を構えるヒロイン・柩(ひつぎ)。

    彼女は、吸血種の美少女なんですが、なぜか命を狙われて追われている。その途中に主人公と出会うんですね。

    とっても純粋でいい子なんですが、やや天然で…

     

    たとえば、こんなことしちゃったり↓

     

     

    (※がっつり指ちゅぱしてますが吸血しているだけ…一応食事シーンですよ!)

     

    こんな顔もしちゃったり↓

     

    「……噛んで。隼人と繋がる感じが気持ちいいんだ」

     

    (※えっろいこと言いながらえっろい顔してますが、天然なんですよ。恐ろしい子…!)

     

    柩は、みなが見とれるほどの端麗な容姿の持ち主なんですね。

    あああ! 襲ってくれと言っているようなものなのでは!!!!????

    誘惑に耐えられるのか主人公!!!(むしろ耐えるな!!!)

     

    こんなヒロインとのラッキースケベ的シーンもありますが、異能バトルもすごいんですよ!!

    人間よりもものすごく頑丈な吸血種のなかでも、ごく一部のものだけが手にする異能「墓碑銘(エピタフ)」

     

    人智を遥かに超えた異能を前に、

    「これはどんな異能なのか?」「発動条件は何か?」「どう対処するのか?」を必死に考えないといけないんです!!

    「墓碑銘」はその人物に「命よりも重んじるもの」がある場合のみ発現します。

    異能そのものも、その人物の重視することに関連しているんです!!

     

    このほかにも、吸血種ならではの決まり事がいろいろとあるんです。

     

    ↑吸血種の決まり事をレクチャーしてもらう隼人。

     

    それが、史実に絶妙にハマっていて、もはや「あれ歴史の教科書に吸血種って登場してなかったっけ…?」と(錯乱)。

     

    さ・ら・に、物語を熱くするのが、この異能を操る吸血種や、日本側の陣営も「実在の偉人」ということ!

     

    沖田総司など新選組の面々や、ジョン万次郎ワイルド・ビル・ヒコックなど、一筋縄にはいかない者たちばかり

    知らなくても楽しい、知っているとより楽しい、という細かい仕掛けが満載です。

     

     

    手に汗握る、読み終わってほっと笑みが零れる、幕末異能アクション奇譚!!!

     

    少しでもビビっとくる単語があれば、間違いなくあなたのための一冊です

    お手に取っていただければ幸いです!!!

     

    以上、編集(林)のご紹介でした〜!!