『魔法医師の診療記録』物語は終着の地へ――。

0

    魔法医師クリミアとその看護師ヴィクターの旅。

    それもようやく、最後の地へと辿り着くこととなりました――。

     

    『魔法医師の診療記録7』

    著:手代木正太郎 イラスト:ニリツ

     

    はたして、クリミアとヴィクターは、ヴィクターの身体に巣くっていた妖病を治療することができるのか。

    思えば、小さな町から始まった、2人の物語は、いつのまにか世界を巻き込む話となって、思っていたよりも壮大な規模のお話となっています。

     

    その旅の中で作り上げてきた絆。

    少しずつ変わっていく、周囲の人々。

    そして、これまで救ってきた数々の患者たち。

    そんな多くの人々が彼らの旅路に救われてきたことと思います。

    その旅を最後まで、ぜひ見ていただけると幸いです。

     

    全7巻好評発売中!!

     

    腸管知性体と戦ったり、STAP細胞を使う敵が出てきたり、人間が妖精になったり、時間遡行をする奴らが現れたり、人間が魚になってしまったり、木星の方からの方々がいたり……。

    こんなに好き放題できる作品をここまで続けられたのは、とても幸せなことだと思います。

    ここまで買い支えて下さった、読者の皆々様のお陰です。

     

    と、しんみりしつつ、やはりそういった荘厳なストーリーも手代木氏ならではの奇想天外な異能バトルがなければ始まりません。

    もちろん今巻もこれまで以上に、幅広く濃厚な異能力が数多く登場して参ります。

    ご安心ください&一番注目して欲しいのはこの方!!

    地味に、クリミア、ヴィクターに並んで一巻から登場している長寿キャラクターです。

    (一冊当たりの死亡者数がかなり多い本作品において、このキャラクターが如何に希有な存在か!!)

    彼の持つドラマにも要注目名一冊です。
    その特技〈雲之燦〉が、どのような燦めきを放つのか、その目で確かめみてください。

     

    担当としては1巻から、心の底から楽しめた作品でしたが、お手にとっていただいた皆さまはいかがでしたでしょうか。
    その読書体験が、とても素敵であったことを祈って……。

     

    手代木正太郎先生の次回作、あまり時間を空けずにお届けできるようにいたしますので、ぜひ今後ともよろしくお願いいたします!

     

    • 2018.02.21 Wednesday
    • -
    • 17:02
    • -
    • -
    • by