ガガガ特捜部 回答!

0

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    就職活動がうまくいかず、自分の人生の見通しがまったくたちません。

    作家の先生達が過去を振り返って、ここが人生の分かれ道だったな、と思うことはどんなことですか?(滋賀県・社蓄の森23歳)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    今回の質問は「人生の分かれ道」。

    シリアスな回答が揃うかと思いきや…?

     

    ガ報1月刊[ここガ知りたい!ガガガ特捜部]に載せきれなかった、

    先生方の意外な転機にもご注目ください!(※敬称略)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    赤城大空
    挫折、失恋、小さいころに見たエロビデオ。

     

    秋目 人
    十代の頃、兄姉を通していろんなジャンルの本や漫画を読みまくっていたこと。いまの土台になりました。

     

    浅井ラボ
    いろいろと辛いとき、現在の妻が支えてくれました。

     

    あまうい白一
    カフェインの存在を知った時ですかね。お陰で夜も溌剌と働けています!

     

    遍 柳一
    社会人になってからですが、起業した友人に会うために、有休を取って中東に行ったのが分岐点だったかもしれません。

    一生懸命に働く彼らに感銘を受ける一方、自分は何がやりたかったんだろうと、ひとり地中海を見ながら考えてました。

    悩んだら友人に会うというのも、いいかもですよ。

     

    新木 伸
    ずいぶん昔。趣味で小説を書いていたときに、プロの作家の方(師匠)から、ある一シーンだけを褒めてもらえて、「このクオリティでずっと書ければプロになれる」と言われたことでした。それでプロを目指しまして。そこから3年もかかりましたけどー。

     

    伊神一稀
    中学時代に友人から1冊のラノベを借りたこと。あれがなかったら作家を目指していなかったはず。

     

    石川博品
    高校生の頃、「何かエッチな本ないかな〜」と父の本棚をさぐり『ノルウェイの森』を見つけ、それを読んで作家を志したのですが、もしそのとき「何か『オデュッセイア』をもとにダブリンの一日を描いた本ないかな〜」と思っていたらいまの私はなかったかもしれません。

     

    犬村小六
    上司に楯突いてクビを切られたことです。

     

    今慈ムジナ
    『CROSS†CHANNEL』。自分が変われたかはともかく、救われました。

     

    宇津田 晴
    小学生の頃に「本ばかり読んでも、作家になるわけじゃないのに」と祖母に言われたこと。作家になりました。

     

    海津ゆたか
    中学生のときにTHE BLUE HEARTSに救われ、今はアイドルに救われています。

     

    上谷 圭
    24歳の時に会社を辞めて、ラノベ作家で生きていこうと決意しました。それまで一行も小説を書いたことがなかったのに、よくぞまぁ決心したものです。それから2年後、無事にデビューの話が来ました。あの時、作家になると決めて、本当に良かったと思います。

     

    神野オキナ
    ディーン・R・クーンツの「ベストセラー小説の書き方」小説家になろう!と思って「でも面白い物語ってなんだろう?」と悩んだときに存在を知り、書店で手に取って最初の数ページをめくって「これで勝てる!」と買って、何とかここまで来られました。

     

    陸 凡鳥
    リコシェVSウィル・オスプレイ戦。これを観た結果、プロレスへ傾斜していくことに。

     

    小木君人
    そうですね、なんといっても42年前にうちの両親が(ry

     

    酒井田寛太郎
    小学校一年生の時、とてもとても頭のいい女の子と隣の席になったことです。
    彼女に負けまいと、毎日本を読んで、頑張って勉強しました。

     

    坂下 谺
    子どもの時に見た映画「ダイ・ハード」です。ダイ・ハードのような素晴らしい作品を作りたくて自分も創作の世界を目指すようになりました。

     

    高岡杉成
    受験で失敗して一浪したこと。つらかったけど楽しかったです、ほんとに。

     

    手島史詞
    森 博嗣著『工作少年の日々』。この本に出会えたから私は作家になろうと思いました。

     

    手代木正太郎
    地元の芝居仲間と仲違いして、舞台をやめて小説にシフトチェンジした時。

     

    中沢 健
    真面目にお答えすると、失恋ですね! その怒りと悲しみが、良くも悪くも人生を変えてしまうのです。

     

    夏 緑
    アニメ『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』を観たことです。主人公の描き方、対立者の描き方、水彩画の描き方、音楽、イギリス、自然など、作品にふくまれる全てに影響を受けました。

     

    なつめ猫
    毎日、代わり映えのしない生活と小説を読む毎日。
    その中で、小説家になろうサイトに出会い多くの作品を読んでいく内に触発され今年から小説を書き始めました。
    最初は自分が読みたい物を執筆しておりましたが、気がつけば小学館様より書籍化し、今では執筆は生活の一部となっています。
    今では、自分自身ではなく自分以外の誰かも楽しめる作品が書ければいいと思っています。
    私の人生の分岐点を言うのでしたら、
    それは私の小説を読んでくれて感想をくれた読者様と親身になって相談に乗ってくれた編集者さんがいたからだと思っています。

     

    ハマカズシ
    ネパールの寺院で修行僧に「やりたいことをやりなさい」みたいなことを言われたときですね。それで作家を目指す決意ができました。

     

    牧野圭祐
    新年会・忘年会から仕事につながってるので、今思えば出席は大きな分岐でした。

     

    水坂不適合
    宿泊実習の感想文を冗談半分で小説風に書いたら、担任にえらく褒められたこと。

     

    三島千廣
    作家になったことでしょうか? 分岐してるかどうかは謎ですが。

     

    水市 恵
    大学1年生の時にサークル活動に馴染めず、1年間孤独に過ごしたのですが、
    孤独だったおかげで気兼ねなく本をたくさん読めました。
    もしサークルに馴染めていたら、小説家にならなかったと思います。

     

    水口敬文
    体をぶっ壊して療養中にデジモンのアニメを見たこと。アニメから離れていたのにがっつり引き戻されました。

     

    水沢 夢
    子供の頃ロックマンのボスキャラ募集に応募したのが多分創作の原点です。絵描きにはなりませんでしたが。

     

    水野 昴
    TYPE-MOONさんの作品と出会った時です。
    あの出会いがなければきっと創作活動していなかったなあ、と。

     

    宮野美嘉
    就職活動ではありませんが……自分から動かないと何も進まないと思い「私からプロポーズしてもいい?」と付き合っていた人(現旦那)に聞いたこと。

     

    本岡冬成
    中学生の時に、弟とケンカをして創作ノートを破られたこと。

     

    森田季節
    高校時代、友達いなすぎたために勉強するしかなくて、いい大学入れて小説に出会えました。

     

    山川 進
    会社をリストラされて無職になったことです。毎日暇で時間が有り余っていたので、小説を書きまくって新人賞に投稿していたらガガガ文庫でデビューできました。

    • 2018.01.18 Thursday
    • -
    • 18:00
    • -
    • -
    • by