最期の選択の先、少年が掴むもの

0


    『偽る神のスナイパー3』が発売中です!!
    相変わらず綺麗なまごまごさんのイラストが目印。

    画像をクリックで試し読み!


    個人的にはこのシリーズのイラストとデザイン、とっても好きだったりします。

    (担当なんだから当たり前だろと言われたらそれまでなんですけどね笑)

     

    3巻はシリーズ内でも一番綺麗なイラストになったかもしれません。

    右上に見切れている「手」。
    それが何を示しているのか、色々と妄想していただけると嬉しいです。

     

    シリーズとしては完結巻です!
    吹芽たち、そして埋葬官として戦いに身を投じてきた戦士たちの戦いに決着がつきます。

    2巻で登場した吹芽の母・円燦華。

    シリーズを通してザイシャと吹芽を縛っていたしがらみが、世界の命運を左右します。

    この戦いの先に待つ結末は如何に――!

     

    人間味を帯びてきたザイシャが抱え込んだ、燦華と対立することへの葛藤。

    それを吹芽が支えるという構図。

    数か月の時が、吹芽というスナイパーをここまで強くしたのか、と思うと非常に胸が熱いです。

     

    息をつく暇もないほどに畳みかけるアクションシーン。

    それぞれが戦いの理由として抱えていた想い。

    それらがようやく実を結び最終決戦です!!

     

    もちろん茴香や珊瑚も大活躍!!

    そんな一瞬が垣間見える挿絵を特別に一部公開してしまいましょう!

     

    こちらは珊瑚。

    血にまみれた、その視線の先に見つめるものと、この不敵な笑みとは――?

     

    そして茴香。

    彼女もまた、自分の因縁に決着を付けるべく、彼女にとって天敵とも言える相手に挑みます。

     

    絶望的な戦況の中で足掻き続けてきた彼らにどうか祝福を――。

     

    シリーズ全3巻。

    これを機に是非ともよろしくお願いいたします!