【新シリーズ始動!!】宙と青春のコスモノーツグラフィティ『月とライカと吸血姫』本日発売!!

0

    うぃっす(←挨拶)


    元気いいんだか悪いんだか、編集(田)です。

    最近寒いですね……芋焼酎のお湯割りが捗りすぎて、お湯割りになりそうです。

    とにもかくにも体が資本!みなさんもご体調にだけはお気を付けくださいませ〜

     

    さて、前置きはこんなもので、本日はガガガ文庫12月刊発売日ー!!!
    そしてそして!!

    ライカ吸血姫』の発売日!!!!

    (著:牧野圭祐 イラスト:かれい)

    (田).。oO(画像をクリックすると、試し読みページにジャンプするぞい)
     


    ▼デザイン前のロゴなしver.イラストも公開!!


    (田).。oO(かれい先生の描く女の子本当に尊い……尊くない?)

     

    そして、今回なんと!とあるお方から帯コメントをいただきました!!
    「PlayStation Awards 2016」にて「ユーザーズチョイス賞」「Gold Prize」W受賞した、

    『ペルソナ5』のクリエイティブプロデューサー、橋野桂 様です!!

    (田).。oO(正直感謝の言葉しかないです!)

     

    ご多忙の中、本当にありがとうございます!!

    そして、「PlayStation Awards 2016」「ユーザーズチョイス賞」と「Gold Prize」受賞、本当におめでとうございます!

     

     

    そんな強力な後押しをいただいた『月とライカと吸血姫』の気になる内容はこちら!
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女の物語。
    いまだ有人宇宙飛行が成功していなかった時代。ツィルニトラ共和国連邦の最高指導者は、人間をロケットで宇宙に送り込む計画を発令。その裏では、実験飛行に人間の身代わりとして吸血鬼を使う『ノスフェラトゥ計画』が進行していた。閉鎖都市で訓練に励む宇宙飛行士候補生のレフは、実験台に選ばれた吸血鬼の少女、イリナの監視係を命じられることになる。上層部のエゴや時代の波に翻弄されながらも、ふたりは命懸けで遥か宇宙を目指す。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が紡ぐ、宙と青春のコスモノーツグラフィティ。
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

     

    架空の時代、架空の世界……

    いまだ人類が宇宙へ到達していなかったころのお話です。

    この世界には「吸血鬼」と呼ばれる種族が存在し、その少女が宇宙飛行士候補生の青年と共に宇宙を目指して奮闘します。

     

     

    そんな作品世界を彩る魅力的なキャラクターがこちら!
    ▼レフ・レプス
    21歳。空軍中尉。宇宙飛行士候補生(補欠)。

     
    ▼イリナ・ルミネスク
    17歳。吸血鬼の少女。『ノスフェラトゥ計画』の被験体。


    ▼ローザ・プレヴィツカヤ

    22歳。空軍中尉。女性の宇宙飛行士候補生。


    ▼ミハイル・ヤシン

    25歳。空軍中尉。宇宙飛行士候補生のエース。


     

    ▼その他にも魅力的なキャラクターがいっぱい!

    (田).。oO(可愛い女の子から激渋ナイスダンディなおじさままで描き分けるかれい先生の筆力にも注目です) 

     

     

    では毎回恒例、ブログを見ているあなただけに、本文イラストを公開しちゃいます!!
     

    ▼実験台の「吸血鬼」は「吸血姫」と呼ぶべき美少女で……

    (田).。oO(とんがった耳、物憂げな視線……この世ならざる存在感があります) 

     

    ▼食堂での一幕

    (田).。oO(訝しげな視線と慌てて取り繕うレフ。おめーら、さては仲良いな?) 

     

    ▼舞台となるツィルニトラ共和国連邦の地図

    (田).。oO(キリル文字に、見覚えのある地図……もちろんモデルの国は「例のあの国」です)

     

    ▼「飛べる……絶対に!!」

    (田).。oO(緊迫感漂う打ち上げ……その結末は必見です)

     

     

    激動の時代――ともすれば暗い影を落としてしまうような世界観ですが、彼らの胸には「純粋に宇宙を志す」熱い気持ちがあります。

    宙に焦がれた青年と宙に自由を求めた少女……

    彼らが必死に生きた証からは目が離せません!!

     

    『月とライカと吸血姫』は本日12月20日発売です!!

    ぜひぜひお手にとっていただければ嬉しいです!(>_<)

    以上、編集(田)でしたー!