“終わった世界”でも彼女たちは前を向き進む――『明日の世界で星は煌めく2』発売!!

0

    ファ●キンホットですわね!(お嬢様語)
    みなさまいかがお過ごしでしょうか? ガガガ文庫編集部の榊原です。


    ホント暑い日が続きますね〜。これを書いている時点で外は36℃ですって。

     

    そんな暑い日が続きますが、ガガガ文庫の百合もアツい!

     

    なぜってそりゃあ二か月連続で百合が発売ですよ! 今まであったかな?ないか。

     

    1巻の発売からおよそ9か月ぶりの登場です。お待たせしました! 「百合×魔法×ゾンビアポカリプス」第二弾!!

     

    明日の世界で星は煌めく2
     

    著:ツカサ イラスト:むっしゅ


    早速ですがあらすじ!

    💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫


    “終わった世界”は広がり、新たな舞台へ
    突如として現れた人型の怪物・屍人により世界は終わった。

    父の遺した魔術により終わった世界で生き延びる少女・南戸由貴は、再会できた唯一の友・榊帆乃夏の目的を叶えるために協力する。

     

    絆を深めた旅から屋敷へと戻った二人の元へ、行方不明の帆乃夏の姉から一通のメールが届く。

    その内容から、さらなる手がかりを探すため、屋敷の捜索を進める最中に見つけた不思議な扉。

    その先には新たな舞台と出会いが待ち受けていた――。

     

    “終わった世界”でも人々は命を輝かせ前を向き進む。

    ガールズサバイブストーリー第二弾、開幕。


    💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫

     

    というワケで今回の舞台は京都! 新キャラも登場してますます面白くなってます!
    プロット段階の打ち合わせでは、ツカサさんと「『ガ●ラ3』ですね」みたいなお話をしました。

     

    さてさて早速ですが、今回も素敵に可愛く美しいイラストを手掛けてくださったむっしゅさんの

    「ゆりずきに こうかは ばつぐんだ!」なイラストと一緒にキャラクターをご紹介!

     

    南戸由貴(みなと・ゆき)イラスト上
    榊帆乃夏(さかき・ほのか)イラスト下

    父親の遺した魔術を使い、屍人を撲殺する由貴と、姉を探して旅をしていた帆乃夏。

     

    由貴と帆乃夏は屍人が溢れる世界で再会し、由貴は帆乃夏の目的に協力します。
    イラストは前回の旅から帰ってきて少し後。いっしょに寝ていた二人が目を覚ますシーン。

     

    ▼二人セットの口絵も公開▼

    お互いに対して、気持ちがすれ違っていた部分があった由貴と帆乃夏。

     

    「あたしを、なめないで」の帆乃夏の言葉、そして行動は、由貴の心を動かします。そして二人の絆はより強いものに……。
    イラストが最高すぎるので脳内メモリに保存しながら本編を読み進めてもらえると最高な気持ちになれると思います(語彙)。

     

    ペラ

     

    由貴の父親が残したペンギン型の使い魔。普段はヒナ鳥の姿ですが、

    ピンチになったり野外でキャンプする際には大きくなります。イラストでの表情が結構豊かなのも見どころです。

    ふわふわのもこもこ。

     

    九条夜未(くじょう・よみ)


    “鋼の魔女”と呼ばれ、銃と魔法を組み合わせて戦います。
    魔術師を取り締まる魔術師として、屍人が溢れる世界になるまで世界中を飛び回っていました。


    31歳、172cm。年長者として由貴や帆乃夏にアドバイスをしたりします。
    身長高めの強い、けど身内には厳しくも甘いキャラ好き……(個人の感想です)


    九条羽衣(くじょう・うい)

    夜未の弟子として仕事を手伝います。無機物を生物のように操る魔術を使います。


    子供扱いされたくなかったり、魔術師としては先輩なので由貴と帆乃夏にドヤったりします。

    由貴と帆乃夏と出会い、彼女もまた少し成長するのです。


    シロクロ

    夜未が羽衣を守るために与えたパンダ型の使い魔です。

    ピンチになると巨大化して羽衣を守るように命令を与えられています。
    ふわふわのもこもこ。ぼってり固め。

     

    💫

     

    さて、九条夜未と九条羽衣、この二人名字が同じですね。
    二人の関係は叔母と姪。羽衣は夜未の姉の娘なんです。そして紹介に羽衣の母がいないということは……。という感じです!
    夜未が羽衣に抱いている気持ち、それに答えを出す羽衣。由貴と帆乃夏が来ることで変わる叔母と姪の関係の変化。是非本編で味わってください。

     

    むっしゅさんが描き下ろし(!!!)てくださったイラストもTwitterでチェックして!!!

     

     


    そして2巻では帆乃夏の姉・春香(はるか)がいよいよ登場です。

     

     

    由貴に触れようとする春香の手。由貴の表情からヤベー女だということが分かりますね。
    どんなことをしたのか、こちらも本編でご確認ください!

     

    以上、イラストとキャラ紹介でした!

     

    💫

     

    続いては購入特典のご案内です!
    アニメイトさんゲーマーズさん書泉さんの百合部店舗にて、ショートストーリーペーパーを付けていただいてます!

    一緒の空を見上げるって、いいよね……。的な内容です。三社共通内容です。

     

    爽やかなPOPも作っていただきました!

    ※配布状況などは各店舗へお問い合わせください

     

    そして電子書籍版には前巻に引き続き「電子書籍版限定ショートストーリー」が収録されます。
    どのストアでも電子書籍なら収録されます。ついてないところがあったらTwitterあたりで教えてください。

    非日常中ですが、何気ない日常のような一日、由貴はずっとこの日を覚えてるんだろうな。そんな感じの内容です。

     

    続いては同時発売なので宣伝しない手はない!

    オーディオブック『明日の世界で星は煌めく』が2巻と同日で発売中です!

     

    「オーディオブックってなんじゃらほい?」と言う方にご説明をすると、

    「耳で聴く本」です。小説の中身を声優さんやナレーターさんが朗読をしてくれます。耳が幸せ。

    オーディオブック公式サイト( https://audiobook.jp/product/259548 )では第一章の序盤が試聴できたりします!

    公式サイト以外だとAmazon、iTunesストアなどでも購入できます。検索検索ぅ!


    キャストは由貴とペラ、ナレーションを柴田芽衣さん、帆乃夏を青山吉能さんが演じてくださってます。
    柴田芽衣さんの声が特に作品に合っていてめちゃくちゃ良なので、1巻を読んでくれた方はぜひぜひオーディオブックも聴いてみてください!最高!日本一! 


    さてさて、そんなわけで『明日の世界で星は煌めく2』のご案内でした〜

     

    💫

     

    「最近百合流行ってるらしいジャン? いっちょ読んでみようかな?」というビギナーの方にも進めやすい本作。

    遠征し辛い時世ですが、すこしでも心の清涼剤になれば嬉しいナ!!!

     

    「百合が売れると百合が増える」古事記にもそう書かれている。

    まだ2巻目なので、1巻まだ読んだことないという方もこれを機に是非お手に取ってみてはいかがでしょうか。


    以上です!


    今年も夏がハチャメチャに夏をかましてくれちゃってるので、みんな、体調には気をつけてくださいね!

    塩分、水分、冷房、百合で乗り切りましょう!榊原でした!
     


    この手を繋ぎとめるもの。それは――。『このぬくもりを君と呼ぶんだ』本日発売!

    0

      皆様ごきげんよう。

      慌ただしい時世ですが、いかがお過ごしでしょうか?

      ガガガ文庫編集部の榊原です。

       

      はー……。

      とうとう来てしまった……。初の新人賞担当作品の発売です。
      色々初めて尽くしな作品になったのでバチバチに緊張しています……。

      「これがガガガの『百合×SF』の最前線です」とかデカい事言っちゃってビビってんすよね、自分……(チキンなので)

      気を取り直して、気合い入れてご紹介します!!!

       

      繫いだ手のぬくもり。これはきっとリアルだ

      第14回小学館ライトノベル大賞”優秀賞”

       

      『このぬくもりを君と呼ぶんだ』

      受賞時タイトル:フェイクタウン・ブルース)

      2020年7月17日、発売!!!!!

       

      (表紙をクリックorタップすると小学館の作品ページに行きます)

       

      著者はこちらでデビューの 悠木りん さん。関係性大好きでシャイなナイスガイです。

      イラストをご担当いただいたのは恋愛漫画の金字塔『やがて君になる』の 仲谷 鳰先生!

      (イラストお引き受けいただけるご連絡をいただいた際に、ちょうど悠木さんと打ち合わせをしていて二人でめちゃくちゃ喜んだ記憶があります)

       

      【急に入るあらすじ】

      「この雨も、風も、空も全部。もうずっと昔に地上にあったものを再現してるだけ。ただのフェイクじゃん」

      有機ディスプレイは偽物の空を映し、人工太陽の光が白々しく降り注ぐ地下都市『Polis-UK8』。

       

      この全てが人の手によって作られたフェイクタウンで生きる十六歳の少女・レニーは、

      周りに溢れるフェイクを嫌い、リアルな『何か』を探している。

      そんなレニーが出会ったのは一人の少女・トーカ。サボリ魔で不良少女たるトーカに、

      レニーは特別な『何か』を感じ、一緒の時間を過ごすようになる。

       

      ある日、レニーの前に空から謎の球体が降ってくる。

      まるで太陽のように真っ赤に燃えていた小さなそれを、レニーは『太陽の欠片』と名付け正体を探ろうとする。

      一方その頃、トーカの方でも何やら変化が起こっていて、二人の日常は音を立てて崩れ始めていく―― 。

       

      「きっと隣にレニーがいるから――こんな毎日なら、あたしは悪くないと思えるんだ」

      いつかトーカが言った言葉。あれはフェイクだったの? それとも――。

       

      地下都市に生きる二人の少女のリアルとは――ガールミーツガールから動き出す、青春SFストーリー!

      【あらすじここまで】

      何から書こう……普段のツイートにも悩むのに……。作品に対して真摯に向かいたい。

      少し未来、地下に作られた都市で暮らす少女の――少女二人のお話です。

       

      めんどくさい二人の巨大感情すれ違い交差点。言葉をもう少し丁寧に書くと、

      「”フェイク”と”リアル”に囚われた二人の少女のすれ違いを、感情描写をじっくり丁寧に描いた作品」です。

       

      この物語の主人公の二人を紹介!

       

      レニー・ウォーカー

      ”フェイク”だらけの地下都市が嫌い。真面目ぶっている自分も嫌い。感情の火力が強め。

       

      トーカ・オオナギ

      レニーが出会った、自称”不良少女”。移民の家庭に生まれる。よく笑う。主人公ムーブがすぎる。

       

      二人のほかには同級生のハンナ、研究者のグレイス、というキャラクターが出ます。

       

       

      レニーとトーカ、二人は十六歳。大人とも子供ともつかない、曖昧な年頃。

      初めてレニーが学校をサボった日、トーカと出会います。それから二人は度々一緒に学校をサボるようになり、街へ繰り出し、他愛もない話をしたり、”リアル”を探したり、交流を深めていきます。

       


       

      あらすじやオビ、作中に出てくる本作のキーワード――”フェイク”と”リアル”。

      この言葉が指すものは、偽物だらけの地下都市や、レニーが探している”何か”だけではなく、

      二人の間の感情――友情、親近感、憧憬、はたまた、猜疑心や怨嗟、それに幸せ。

      そういった色々な感情を、この作品では表している……のかもしれません。

      ダメだ……また概念の話をしてしまっている……。

      ここでPVをご紹介です!

       

      イイ感じに不穏に作っていただきました……!

       

      レニーとトーカ、二人の日々は、ある日レニーの元に落ちてきた小さな球体――

      ”太陽の欠片”によって動き始めます……。

       

      (触れることで熱を発し燃える太陽の欠片を手にするレニー)

       

      太陽の欠片を手にしたレニーは、傍からはささいかもしれない、

      けれど二人の関係にとっては重要な出来事から、トーカと仲違いしてしまいます。

       

      (イラストはもう少し先の場面ですが……)

       

      太陽の欠片を手に、二人の思い出を燃やすレニー、そんなレニーを止めようとするトーカ。

      気持ちをぶつけ合った先に、二人がたどり着く場所は……。

       

      作品の見どころはレニーとトーカ、二人の感情描写です。一冊ほぼ丸ごと二人の一人称で進んでいきます。

      お互いがお互いに対して、今どういう気持ちを向けているか、漏らさず読めちゃいます。

       

      何よりも”フェイク”を嫌うレニーがトーカに向ける感情が重い。

      そんなレニーと「一緒にいる」と決めたトーカも、レニーに向ける気持ちが重い。想いが重い同士かよ。

       

      とまぁほぼさわり部分だけになってしまいましたが作品の紹介です!

       

       

      「百合×SF」とか言っていますが、百合好きにはモチのロン、SF好きのお眼鏡にもかなうかも!?

      ですが実のところは、この物語は苦めの青春物語や悩みまくる若者が好きな人には刺さります。面白く読んでいただけます。

       

      苦めの青春、悩みまくり……つまりそれって「ガガガ文庫」じゃん……?

      いや(オタクすぐ「いや」って言う)ほかのレーベルさんでもありますけど、『このぬく』は「あぁ、こんな気持ち、あったなぁ」と若かりし自分を振り返ったり、今悩みんでいる人へ、悩みの種類は違うかもしれなくても、一つのアンサーとしてこういう形もあるよ、ということを提示してくれる作品なんじゃないかなぁ、と担当編集として感じています(アンサーと言いつつ燃やすのはダメですが)。大勢の方に読んでもらいたい、ですが、借り物の言葉で申し訳ないやら恐縮やら自分の言葉じゃないんかい、と恥ずかしくもありますが、「これは自分のための本だ、と思える方のもとへ1冊でも多く届きますように」そう感じられる物語。つまり届けるためには宣伝頑張って話題になったり布教してもらったりすることでつながりを広げていって行く行くは目標を達成できるというクレバーな行動をとらないとなのでは……?

      悩み、叫んで感情を燃やすレニー、レニーにぶつかって本当の気持ちを伝えるトーカ。二人の姿、ザッツ、リアル。

       

      口絵はレニーとトーカの後日譚を仲谷先生に漫画にしていただいちゃいました!しかも巻末に配置です!

      印刷会社さんに「ガガガ文庫で初めてだと思います」と言われました!その節はご迷惑を……。

       

      後日譚かつもったいぶっているのでモザイクをかけての掲載です。是非、本編を読んでから読んでください!

      実はカバーにも仕掛けをしていただいたので、読み終わったあとに見返すと……、的な、ね!

      (めちゃくちゃ爽やかな”青春!!!”って感じの明るい内容になってます!安心して読めますね!)

       

      さて、あまり長々とね、描くのもアレなので諸々のご案内です。

       

      「第14回小学館ライトノベル大賞受賞作応援キャンペーン」

      開催中です!

      まだ読んでないよー、気になるなー、という方はこちらからまず試し読みをチェックです!

      もう読んでくれた、という方も感想をハッシュタグ付きでツイートしていてください!

      ↑特設ページからハッシュタグ付きでツイートしてくれた方の中から抽選で著者直筆サイン入りグッズをプレゼントです!

       

      『このぬくもりを君と呼ぶんだ』のハッシュタグは

      #このぬく #ガガガ受賞作

      です!めちゃくちゃエゴサしている(著者が)ので是非お願いします!

       

      次のご案内は各書店さんでの購入特典!

      新人賞なのに特典打診いただいてありがてぇ……ありがてぇ……。

       

      特典を付けていただける書店さんはコチラ!

      メロンブックスさんではSSリーフレット:『隣にあるぬくもり』

      雨と、レニーとトーカの仲の良さにエモさが止まらないです。

       

      ゲーマーズさんでは4PのSSブックレット:『おそろい』

      おそろいやぞ!!! 「おそろい」にしたい理由にエモさが止ま(ry

       

      書泉さんでは「SSペーパー」:『逃げられない』

      二人の日常の慌ただしい場面が描かれていて、エモ(ry

       

      こちらを付けていただけます!

      リンクが各書店さんの通販ページとなっていますので、よろしければチェックしてください!

      ※特典の在庫状況や店頭でご購入の際は、各店舗様へお問い合わせください。どのお店も無くなり次第終了となりますゆえに。

       

      さらにさらにガガガ文庫がタペストリーを作っちゃいました!

      カバーイラストを使用したB2(515 × 728mm)のビッグめサイズ!

      仲谷 鳰先生のイラストグッズが家にある幸せよ……このぬくを読めばさらに幸せ、倍率ドン!

      (うさんくさい書き方だな……)

      お求めはガガガ文庫公式通販サイト「GAGAGA SHOP ONLINE」からどうぞ!

      ↑クリックorタップで通販ページに行けます。

       

      作品紹介とご案内は以上です!

      いかがでしたか?このぬくってどんな作品?内容は?特典は?

      おわかりいただけただろうか……。

       

       

      最後になりますが、作品の構成とページ数の都合から

      本に収録できなかった 悠木りん さんのあとがきをこちらに掲載!ネタバレはしてないのでご安心を!

       

      🌂

       

      こんにちは。悠木りんです。
      「本編の構成とページ数の都合であとがきはなしです」とのことで、小説以外の文章を書くのが死ぬほど苦手な作者は喜んだのですが、「それならブログに載せましょう」と言われ結局書くことになりました。ぬか喜びです。
      というわけであとがきです。ですが、何を書けば良いのか、悩んでいます。
      作品について語るのも、自分語りも苦手なので、書くことがないなぁ、というのが正直なところです。
      なので、今の率直な気持ちを綴ろうと思います。
      数日後にはもう『このぬく』の発売日です(今これを書いているのが七月十五日の午前四時なので、あと二日、ですね。受賞からあまりの時間の早さに頭がぼんやりしてきました。あるいはただの寝不足かもしれません)。

       

      昔から本ばかり読んでいて、なんとなぁく「自分も将来は小説家になるのだ」と思っていました。その将来がもう、目と鼻の先です。嬉しくはありますが、どちらかというと、まだまだこれからだよなぁ、という不安の方が強いです。この不安について語り出したら多分文字数がとんでもないことになるので、このあたりで切り上げようと思います。
      少し暗くなってしまったので、謝辞に移る前に何か前向きなことを書きますね。
      私にとって小説は、逃げ場でした。
      子どもの頃から、辛いこととか嫌なことがあった時はいつも、本を読んでいました(なくても読んでいましたが)。
      でも、逃げるのって別に悪いことではないよなぁ、と思うのです。現実って結構うまくいかないことばかりで、しんどくって、そんな時にふ、と息をつける場所があったっていいと思うのです。私にとっては、それが本を読むことでした。
      私の小説も、誰かにとっての逃げ場になれればいいな、と思います。
      (あれ、あんまり前向きじゃない……? まぁいっか)

       

      最後に謝辞です。
      担当編集の榊原様、改稿から出版に至るまで色々とお世話になり(そしてご迷惑をお掛けし)ました。榊原様がいなければこの物語が世に出ることはなかったので、感謝してもしきれません。
      イラストを担当してくださった仲谷鳰様。畏れ多さとプレッシャーで幾度も眠れぬ夜を過ごしましたが、キャラデザが届いた瞬間にその全てが吹き飛びました。それまでぼんやりとしたイメージだった彼女たちが仲谷先生の手によってくっきりと姿を現した瞬間を、忘れられません。なかなか終わりの見えない改稿作業のなか、カバーイラストや挿絵が届く度、仲谷先生のイラストに負けないように頑張ろうと思えました。本当にありがとうございます。
      ゲスト審査員の若木民喜様、編集部の皆様、この本が出るにあたり携わってくださった全ての方たち、そして、『このぬくもりを君と呼ぶんだ』を手に取ってくださった読者の皆様。
      心よりお礼を申し上げます。

       

      🌂


      こんな感じの読書が好きでシャイなナイスガイが書いた作品です。(謝辞に照れる!)

       

      改めて、第14回小学館ライトノベル大賞”優秀賞”受賞作品

       

      『このぬくもりを君と呼ぶんだ』

       

      好評発売中!皆様、応援を宜しくお願いします!!!

       

       

       


      これは、恋を終わらせるための物語。『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』本日発売!!!

      0

        夏の足音が聞こえてきた、今日この頃。

        みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

         

        こちらは、クソ熱いなかクリスマスのイラストを見て、

        「あれ、今って冬だっけ?」

        「そういえば、ちょっと肌寒い??」

        と、脳に錯覚させて堪え忍んでおります。

         

        どうも、編集(米)です。

         

        ということで!

        いよいよ新人賞ラッシュ第一弾を飾ります、

        『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』

        が発売になりました!!!!!

         

        作品紹介!

         

         

        『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』

        著:犬君 雀 イラスト:つくぐ

         

        ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

        クリスマスを消すため僕は少女の恋人になる


        聖夜を間近に控えた12月初旬。先輩にフラれた僕は駅前のイルミネーションを眺め、どうしようもない苛立ちと悲しさに震えていた。クリスマスなんて、なくなってしまえばいいのに……。そんな僕の前に突如現れた、高校生らしい一人の少女。「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」彼女の持つノートは『望まない願いのみを叶える』ことが出来るらしい。ノートの力で消すために、クリスマスを好きになる必要がある。だから――「私と、疑似的な恋人になってください」これは僕と少女の奇妙な関係から始まる、恋を終わらせるための物語。

        ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

         

        本作は、小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

        ここちよくも心を抉るような独自の文体と、その突き抜けた作風が評価され、

        無事受賞し、出版する運びとなりました。

         

        今回のお話は、「クリスマスが嫌いな青年と、不思議な少女が、疑似恋人関係を結ぶ」というもの。

        先輩にフラれた僕の目の前に、突然見知らぬ少女が現れる。

        不思議なノートを持った、不思議な少女。

        クリスマスをなくすために、疑似恋人関係を結んだ二人は――

        「それで、君のウチはどこなんだ?」

        「何を言っているんですか、泊まるのはあなたの家にですよ?」

        「――は?」

        なぜか、同棲生活をすることに……!?

         

         

        さて、ここから普通のラノベなら、少女が家事をしてくれたり、美味しいご飯を作ってくれたり、

        あわよくば「あーん」なんてことになるわけですが、一切そんなことはありません

         

        むしろ、起きる時に脚を踏みつけられたり、罵倒されたり。

        優しくしてくれるといっても、せいぜいコンビニ弁当を買ってきてくれる程度。

         

        でも、それが彼女なりのコミュニケーションだったりもするんですね。

        コミュ障なんです、基本的に。

        想いを伝えるそのぎこちなさだったり、ときおり見せる笑顔がすごく可愛らしい。

        苦さ70%、エモさ30%でお送りしている本作です。

         

        果たして、彼らはどうやってクリスマスを消すのか――?

        クリスマスを消したあと、彼らはどうなってしまうのか??

         

        先の展開を予想しながら、ぜひ読んでみてください。

         

        ★左から、「僕(主人公)」「少女(ヒロイン)」「先輩(僕のもと恋人)」「悪友(僕の友人)」

        ギャラリー

        イルミネーションの前で、黄昏れる主人公。

        ――傷心中。

         

        粉雪が舞う中、ノートを手に中空を見つめる少女。

        その視線の先には……。

         

        あぜ道を歩き、振り返る先輩。

        爽やかながらも、妖艶な雰囲気を醸し出す。

         

        ベランダに出て、隣り合うふたり。

        おだやかで、心地良い時間が流れる――。

         

        他にも、多数イラストを収録しております!

        ぜひ、手にとって確かめてください。

        特典情報

         

        メロンブックス様にて、特典SSリーフレットをご用意いただきました!

        https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=673372

         

        ありがたや〜。

        内容は、少女視点の前日譚になります。

        全てが始まった、あの冬の日。

        少女は、いったい何を思うのか――?

        ぜひ、その目で見て確かめてください!

        *在庫僅少らしいので、お早めに!

        まとめ

        エモエモエモい本編ですが、今回イラストもかなり高クオリティに仕上がっています。

        本当、イラストを描いてくださったつくぐさんには頭が上がりません。

        「朝日でクリスマスをかき消す感じで!」

        という、かなりの無茶ぶりにお付き合い頂き、とても感謝しております。

        (何回も修正をお願いしてすみません……。

        この場を借りて、お礼申し上げます。

         

        めちゃくちゃ素敵なカバー&帯になっているので、

        読み終わったあとは、部屋に飾ってインテリアとしてお楽しみください。

        そして、さみしくなった時には、また手にとって再びページをめくって頂けるとうれしいです。

        そう、……今度はクリスマスにね!(なぜ冬に出さなかった!!!

         

        それでは、よきジューンブライドをお過ごしください。

        編集(米)でした!!!


        『クラスメイトが使い魔になりまして 3』とドラマCD「リリスのモテ力アップ講座」4月17日発売〜!

        0

          編集(湯)です!(田)から「クラ魔」担当を引継ぎました。

          よろしく、お願いいたします。

           

          で、3巻、自分で担当してみてすごく思うんですが、

          デレているうう!!!

           

          1巻から「険悪主従の喧嘩ップル」ストーリーだったはずが、

          盛大にデレている!!!

           

          カバー画も、

          盛大にデレているよお!!!

           

          『クラスメイトが使い魔になりまして 3』

          鶴城 東

          イラスト:なたーしゃ

          660円+税

           

          あらすじ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          俺の使い魔はクラスメイトの藤原千影(同居中)。喧嘩ばかりの俺達、いろいろあったが、

          もはやお互いのことを好きなんだろう。そこへ俺の師匠・真紀美からやっかいな頼みごと。

          「新魔術」使いの俺を欲しがる魔術結社「宵の明星」をおびき出し叩くために、

          二人で婚前旅行にでかけろと。ふざけんな!婚前!?…そうか、俺達許嫁どうしだったんだよな。

          しかも藤原と犬猿の仲の三条茉莉花までついてきて最低。ただし「3人で温泉につかろうじゃないか!」

          の提案だけは、一応、拒否しません――。喧嘩ップル好きに贈る、険悪主従ラブコメ第3弾!

          ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

           

          デレたデレた言っていますが、無理もないです。

          「主」の想太から「使い魔」の千影への「魔力供給」のためには

          “肉体の直接の接触”が必要なわけですが、

          それは、エスカレートね、しないわけがね、、、、

          ないですよ!!!!

           

          「魔力供給」その1

          映画館の暗闇。ふたりで恋愛映画みながら、手を握り合う。

           

          「魔力供給」その2

          旅館の夜。並べた布団の中で、指を絡め、ぺったりくっつき合って、朝を迎える。

           

          「魔力供給」その3

          学校の即席医務室。短時間でものすごい量の魔力を注入するには、口移しが一番。

           

          もうさ、ほんとにさ、付き合いなよ!

           

          ではここでサービスカット。

          茉莉花「いい湯だな」

          千影「見たら殺す」

           

           

          はい!

          そして、次はお待たせの、ついについにの、

          ド・ラ・マ・C・D

          発売ーーーーー!!!!

           

          エピソードタイトルは

          「リリスのモテ力アップ講座」!!!

          収録時間たっぷり50分!!

          3,300円(税込)

           

          あらすじ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          旭にメロメロな想太…。

          危機感を抱いた千影と茉莉花は、

          旭を「モテモテ」に鍛えあげたサキュバス・リリスに

          教えを乞うが——

          ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

           

          原作者・鶴城 東が書き下ろしたオリジナル脚本で贈る、初のドラマCD!!

          ということで、

          演じてくださった声優さんはこちら!!

           

          芦屋想太……cv榊原優希

          藤原千影……cv大久保瑠美

          平野旭&リリス……cv奥野香耶

          三条茉莉花……cv山北早紀

           

          なんといっても奥野香耶さんは、超純粋可憐な旭と「淫魔」リリスを一人二役!!

          た、た、たまらんす!!

          ご購入は「GAGAGA SHOP ONLINE」からお願いします!

          試聴サンプルもご用意!!↓

           

          https://www.pal-shop.jp/category/GA_001_000_000/J20200044.html

           

          あ、、、あと、

          4月20日には、『クラスメイトが使い魔になりまして』の

          オーディオブックも発売!!!

          もちろん、演じてくださるのは、ドラマCDの声優さんの面々です!!

          必聴!!!

           

          以上、『クラ魔』新担当(湯)でした!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          尊い、尊い、もうひとつの『月とライカと吸血姫』ができました!

          0

            今回ご紹介するのは

            『銀河鉄道の夜を越えて 〜月とライカと吸血姫 星町編〜』

            (著:牧野圭祐 イラスト:かれい)

             

            今巻は『月とライカと吸血姫』シリーズの外伝です。

            ふたつの超大国から、同時代の“極東の島国”に舞台を移して――。

             

            ★☆★☆★☆あらすじ★☆★☆★☆

             

            極東の島国にある「星町」に住む私は、宇宙飛行士のイリナやレフに憧れ、宇宙に夢を見る高校2年生。

            親友とケンカ別れしたまま孤独の中にいた私は「星祭り」の夜に「吸血鬼」と噂される美少女に出会う。

             

            彼女は転校してきて以来ずっと欠席していた同級生のアリアだった。

            「さあ、『星巡り』の旅に出ましょう」。

            アリアに手を引かれた私は、宇宙を旅する列車にふたりきりで乗り込んだ――。

             

             

            ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

             

            主たる登場人物は、高校2年生の少女ミサとそのクラスメイトの少女アリアのふたりだけ。

            まるでシンプルな舞台劇のように親しみやすいストーリーです。

            『月とライカ』シリーズ未読の人にこそオススメな一冊になりました。

             

            もともとこの物語は宮澤賢治「銀河鉄道の夜」と、

            次世代J-POPアーチスト「H△G」(ハグ)の楽曲「銀河鉄道の夜を越えて」

            に触発されて書かれました。

             

            作者の牧野圭祐氏とH△Gはともに愛知県岡崎市の出身であり、互いの作品をリスペクトし合ってきた関係。

             

            2019年、両者の間でコラボ企画をやろうという話がもちあがり、

            それがH△Gの音楽ライブに声優ゲスト(伊達朱里紗さんと天海由梨奈さん!)を迎え、

            牧野氏が原作・脚本・演出をつとめるという形の「声劇」(こえげき)として結実しました。

            それで、物語の舞台「星町」は岡崎市をモデルにしているのです。

             

            小説『銀河鉄道の夜を越えて 〜月とライカと吸血姫 星町編〜』はこの脚本を

            牧野圭祐氏自ら小説として完成させたものなのです。

             

            さて、「声劇」(こえげき)とはなんぞや?と。

            はい、こちらの動画をどうぞー!↓

             

            https://www.youtube.com/watch?v=Oj816fA_S_4

             

            イメージ伝わったでしょうか?

             

            この「声劇」の模様は、まるごとライブ映像化され、

            3月25日発売のH△Gのニューアルバム『瞬きもせずに』(Blue-ray Disc)

            に収められています。

             

             

            H△Gオフィシャルサイトはこちら↓

            http://hag-official.jp/index.html

             

             

            「小説」と「声劇」。ぜひ両方をあわせて楽しんで欲しいです!!

             

             

            それでは、挿絵ピックアップ!

            もちろんこの外伝でもイラスト担当はかれい氏

            二人の少女の尊い、尊い姿を

            これでもかと描いてくれてます!

            ▲宇宙を旅するれ列車の車窓にかじりつくミサ

             

            ▲不思議な転校生アリアが、木星形クッキーをミサに「あーん」

             

            ▲記憶の中、ミサと「一番大事だった友達」……

             

             

            以上、皆さん、よろしくおねがいします!!

            編集担当(湯)でした!


            【12/18発売】試し読みまさかの120ページ!?甘々ラブコメ「塩対応の佐藤さん」増量版!!

            0

              生粋のツイッタラー猿渡先生のツイートが思わぬところでバズり……

               

              こりゃもう乗るっきゃないねビッグウェーブにってことで!

              なんと120ページまで読めちゃう、試し読み増量版を配信しちゃいます!

               

              その前に簡単にあらすじと登場人物をご紹介。

               

              〈 書籍の内容 〉
              胸焼け必至!両片想い男女の甘々ラブコメ!


              「佐藤さんは高嶺の花で誰に対しても塩対応。でも、意外と隙だらけだって俺だけが知ってる。写真を撮るのが下手。そのくせドヤ顔しがち。そして、へにゃっと笑う顔がすごく可愛い」


              「押尾君は誰に対しても優しい。でも、意外といじわるなところもあるって私だけが知ってる。SNSを使うのが上手。オシャレなカフェの店員さん。そして、悪戯っぽく笑う顔にすごくドキドキする」

               

              ――これは内緒だけど、俺(私)はそんな彼女(彼)のことが好きだ。

               

              初々しくて、もどかしい二人の初恋の物語。


              尊さ&糖度120%! 両片想いな甘々青春ラブコメ!


              〈 編集者からのおすすめ情報 〉
              Web発!今一番胸焼けしてしまうとウワサの、甘々青春ラブコメ!新進気鋭の作家・猿渡かざみと、イラストレーター・Aちきのフレッシュなタッグに要注目!

               

               

              ●登場人物

               

              ↓↓↓↓試し読みはこちらから!↓↓↓↓

              【試し読み!!!!】

               

               

              甘い……ッ!

              読んでると胸焼けしそうになる二人の初々しさ……

               

              エッッッッッゥ!!

              (オタク、尊さとかで嘔吐きがち)

               

              そして、ピックアップ試し読みを猿渡先生がTwitterに上げています!

              忙しい方は、まずはこちらで佐藤さんと押尾君の関係性に触れていください!

               

              さらに、各書店様のおかげで特典をご用意しております!

              ●メロンブックス様

              書き下ろし4Pリーフレット

              https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=582171

              ※数に限りがありますので、お早めに。詳細は各店舗にてお問い合わせください。

               

              ●とらのあな様

              書き下ろしSS付きイラストカード

              https://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item/200012051528/

              ※数に限りがありますので、お早めに。詳細は各店舗にてお問い合わせください。

               

              ●ゲーマーズ様

              特製ブロマイド

              https://www.gamers.co.jp/pn/pd/10473049/

              ※数に限りがありますので、お早めに。詳細は各店舗にてお問い合わせください。

               

              さらに!さらに!

              18日からはTwitterキャンペーンを実施!

              題して!

               

              佐藤さんを"映え"させたい

              インスタ映えバトルトーナメント!

              豪華景品が当たるチャンスなので、みなさまふるってご参加くださいね!!

               

               

              塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い
              著:猿渡かざみ イラスト:Aちき
              ISBN: 978-4-09-451823-8 定価:本体611円+税

              https://www.shogakukan.co.jp/books/09451823

               

               

               


              お久しぶりの異世界冒険活劇!「レイロアの司祭さま4」発売!

              0

                レイロア中の冒険者を巻き込んだ、縁結び騒動勃発!?

                 

                今回ご紹介するのは

                『レイロアの司祭さま4 〜はぐれ司祭のコツコツ冒険譚〜』

                (著:朧丸 イラスト:野崎つばた)

                https://www.shogakukan.co.jp/books/09461128

                 

                試し読みはこちらから!

                ●公式

                ●ピクシブノベル

                 

                続刊出たやった〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

                めちゃ嬉しい〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

                 

                1年7か月ぶりの新刊です!

                いろんな人の頑張りのおかげで出すことが出来ました。

                 

                だから皆さん!

                 

                買って!(ダイマ)

                 

                 

                ★☆★☆★☆あらすじ★☆★☆★☆

                 

                はぐれ司祭の縁結び?

                 

                冒険者が集う街・迷宮都市レイロア。

                 

                絶えず人が集まるこの街で、ひょんなことから上級職の司祭になってしまったノエルは、奇妙な相棒達をはじめ個性豊かな仲間に恵まれ日々の冒険に勤しんでいた。

                 

                ノエル達はとある部族の秘宝をお返しする依頼を受けたり、司祭のお師匠様に弟子入りすることになったり、忙しくも充実した日々を過ごす。

                そんな中、便利屋仲間ヴィヴィの息子から母の結婚式を執り行って欲しいという依頼が舞い込んで?

                 

                せちがらゆるく、ほっこりあったかい異世界冒険活劇第四幕、お久しぶりのはじまりはじまり!

                 

                ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                 

                 

                そしておさらい!

                1〜3巻のブログを見ておきましょう!

                ●1巻

                http://blog.gagagabunko.jp/?eid=193

                ●2巻

                http://blog.gagagabunko.jp/?eid=218

                ●3巻

                http://blog.gagagabunko.jp/?eid=262

                (この頃の田端、無駄にテンション高いな)

                 

                 

                ●本編イラストはTwitterでも公開しています!

                 

                そしてこれも声を大にして言わないと!

                 

                コミックス1巻が発売されたぞ〜〜〜〜〜〜!!!

                 

                漫画を手がけるのはshimazaki先生

                野崎先生の描く三人組も好きですが、shimazaki先生の描く三人組もまた違った味わいでステキです。

                 

                というか、kawaii

                 

                本作は「マンガワン」で連載しているだけでなく、「裏サンデー」や「ニコニコ静画」でも読めます!

                さらに、最新話は各電子書籍サイトにて先行販売されています!続きが気になる方は是非そちらもご確認ください!

                裏サンデーはこちら!

                https://urasunday.com/title/1023/98547

                 

                 

                なんと、コミックス1巻は特典がたくさんありますので、ここでも紹介したいと思います!

                 

                ●アニメイト様

                描き下ろしイラストを使ったメッセージペーパー!

                数に限りがありますので、ご注意ください。

                詳しくは各店舗にてお問い合わせください!

                 

                 

                ●とらのあな様

                描き下ろしイラストを使った特製イラストカード!

                数に限りがありますので、ご注意ください。

                詳しくは各店舗にてお問い合わせください!

                 

                 

                ●ゲーマーズ様

                描き下ろしイラストを使ったブロマイド!

                数に限りがありますので、ご注意ください。

                詳しくは各店舗にてお問い合わせください!

                 

                 

                 

                というわけで『レイロアの司祭さま4 〜はぐれ司祭のコツコツ冒険譚〜』は全国書店様にて好評発売中!!

                 

                 

                <ガガガブックス>
                レイロアの司祭さま4 〜はぐれ司祭のコツコツ冒険譚〜
                著:朧丸 イラスト:野崎つばた
                ISBN: 978-4-09-461128-1 定価:本体1,400円+税

                 

                 

                出したくて出したくて仕方なかった続刊を出せて、2019年も頑張ったぞ!な編集(田)でした!

                 

                 


                慕われまくりな最強お師匠様!「100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます2」発売!

                0

                   最強師匠が頼られまくります!

                  ラノベ界で今一番頼りたいお方はこの人だ!

                   

                  今回ご紹介するのは

                  『100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます2』

                  (著:あまうい白一 イラスト:天野 英)

                  https://www.shogakukan.co.jp/books/09461132

                   

                  試し読みはこちらから!

                  ●公式

                  ●ピクシブノベル

                   

                   

                  ★☆★☆★☆あらすじ★☆★☆★☆

                   

                  慕われまくりな最強師匠ファンタジー第2弾

                   

                  100人の英雄を育成し、邪神との戦争を終わらせた預言者アイゼンは、冒険者として活動を始めた。

                  世界を周遊しながら、英雄であり様々な要職に付く弟子たちに、お忍びで挨拶をしに行くことを決めたアイゼンとその末弟子リンネ。

                   

                  彼らは、新たな街『交易都市』へとたどり着く。

                  そこで冒険者として、多様な依頼をクリアしていくなか、彼の前に突然、弟子の一人であるフィーラが現れるが――!? 

                   

                  預言者のアイゼンは旅先でも、人々を優しく助け、慕われていく!

                   

                  世界中の弟子達から愛され頼られまくる、最強師匠ファンタジー第2弾!

                  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                   

                  お待たせしました!

                  待望の第2巻が来ましたよ!

                   

                  とりあえず、第1巻のブログで復習など!

                  愛され、頼られ、慕われまくる!『100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます』本日発売!!

                  http://blog.gagagabunko.jp/?eid=354

                   

                  そして、こちらも待ちに待ったコミックス1巻が発売です!

                  漫画を手がけるのは響眞先生

                  「マンガワン」で連載中で、その他「裏サンデー」や「ニコニコ静画」でも掲載しています!

                  ●裏サンデーはこちらから!

                  https://urasunday.com/title/865/88462

                   

                  ぜひぜひ原作と一緒にお楽しみください!!

                   

                  ●本編イラストをTwitterでも公開しています!

                   

                  そして、なんと!

                  原作2巻とコミックス1巻発売を記念して、特製クリアファイル全員プレゼントキャンペーンを実施します!

                  詳細はそれぞれの帯にてご確認ください!!

                   

                   

                   

                  というわけで『100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます2』は全国書店様にて好評発売中!!

                   

                  <ガガガブックス>
                  100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます2
                  著:あまうい白一 イラスト:天野 英
                  ISBN: 978-4-09-461132-8 定価:本体1,200円+税

                   

                  それでは、本作も「竜騎士運び屋」シリーズのように、さらにさらに広がっていって欲しいと願っている編集(田)でした!

                   


                  俺なりの異世界を堪能!ガガガブックス「異世界に召喚されなかったから、現実世界にダンジョンを作ってやりたい放題」発売!

                  0

                    勇者もいなければ魔王もいない。

                    現代日本で俺なりの!俺だけの異世界を堪能する!

                     

                    今回ご紹介するのは

                    『異世界に召喚されなかったから、現実世界にダンジョンを作ってやりたい放題』

                    (著:日富美信吾 イラスト:ハル犬)

                    https://shogakukan.co.jp/books/09461131

                     

                    試し読みはこちらから!

                    公式

                    ●ピクシブノベル

                     

                    \gif風CM動画も公開!!/

                     

                     

                    この作品は簡単に言うと、とにかく「やりたい放題」(良い意味で!)

                    でも誰にも迷惑かけずに、自分のやりたことを貫く男の物語です。

                     

                    というわけで、さっそくあらすじから見ていきましょう!

                     

                    ★☆★☆★☆あらすじ★☆★☆★☆

                     

                    慰謝料代わりのスキルで人生一発逆転!

                     

                    30歳社畜、山田田助。

                     

                    そんな俺の前に現れたのは異世界召喚を斡旋する女神様。俺の最高の異世界ライフがはじまる、かと思ったんだけど……

                    このクソ駄女神の勘違いと手違いで、全てがご破算。

                     

                    でも、そんなんで諦められるかよ。

                     

                    こうなったら、慰謝料代わりにもらったチートスキルを使って、現代日本で「異世界」を堪能するのみ!

                     

                    この物語には召喚要素もなければ、転生要素もない。勇者もいなければ、魔王もいない。

                    でも、ここにはダンジョンがある――俺だけのダンジョンが!

                     

                    一発逆転自由気ままな現代ダンジョンライフ、スタート!

                     

                    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                     

                    社畜!

                    駄女神!

                    慰謝料代わり!

                    という感じで、自由なワードが踊っています。

                     

                    本作を「小説家になろう」さんにて初めて読んだとき、頭に思い浮かんだのだ「この主人公、うらやましいな〜」でした。

                    とにかく楽しそうで、好きなことに熱中している感じが伝わってきて、読んでいるこっちまで楽しくなってくる感じ。

                     

                    社畜から即無職、30歳、彼女いない歴=年齢と散々なカタログスペックの主人公に「うらやましいな〜」って感想が出てくるのが、ちょっと面白かったのを覚えています。

                     

                    で、当時の最新話までイッキに読んでしまって、「これって、この物語を読んでほかの読者も僕と同じように思ってくれるんじゃないかな」とピンと来たわけです。そして、書籍化打診した、という流れなんです。

                    (みなさん、同じ気持ち抱いてくれたらうれしいな〜)

                     

                    というわけで、まずはキャラのことを紹介していきましょう!

                     

                    山田田助
                    30歳。元社畜・現無職。異世界に憧れを持っている。

                     

                    綾根衣子
                    社長令嬢。大けがを負ったところを田助に救われる。

                     

                    アンファ
                    ダンジョンコアの幼体。田助のことが大好き。

                     

                    シャルハラート
                    異世界召喚を斡旋する駄女神。

                     

                    ●本編イラストをTwitterでも公開しています!

                     

                    そして、特典情報もあります!

                    今回も書店様、ありがとうございます!

                    ●とらのあな様

                    https://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item/200012042324/

                    購入者を対象に書き下ろしSS付き両面イラストカードが配布されます!

                    数に限りがありますので、ご注意ください。

                    詳しくは各店舗にてお問い合わせください!

                     


                    というわけで『異世界に召喚されなかったから、現実世界にダンジョンを作ってやりたい放題』は全国書店様にて好評発売中!!

                     

                    <ガガガブックス>
                    異世界に召喚されなかったから、現実世界にダンジョンを作ってやりたい放題
                    著:日富美信吾 イラスト:ハル犬
                    ISBN: 978-4-09-461131-1  定価:本体1,400円+税

                     

                     

                    それでは以上、再来年には田助と同じ年か……やりたい放題な30歳になれるかな?と思っている編集(田)でした!


                    少女二人のサバイブストーリー『明日の世界で星は煌めく』開幕。

                    0

                      その日、私の嫌いな世界は終わった――。

                      突如として現れた屍人に人々は襲われ人類に崩壊が訪れた。そんな世界で手を取り合い立ち向かう少女二人の話。

                       

                      『明日の世界で星は煌めく』

                      (著:ツカサ イラスト:むっしゅ)

                      作品詳細

                      pixivノベルさん試し読み

                       

                      というわけでブログをご覧の皆さん、ごきげんよう。

                      初めてのブログ投稿、7月からガガガ文庫編集部に所属した榊原と申します。自己紹介はツイッターでも見ていただければ→榊原@ガガガ

                       

                      さて今回ご紹介するのはツカサ先生のガガガ文庫3年ぶりの新作『明日の世界で星は煌めく』です!

                       

                      まずはあらすじから!

                      ――――――――

                      突如として現れた人型の怪物・屍人。人を襲い数を増やす屍人により人類は終末をもたらされた。境遇から「魔女」と呼ばれてきた南戸、行方不明になった父が遺した“魔術"により、ただ一人、屍人があふれる世界で生き延びていた。一ヵ月が経ったある日、街へと繰り出した帰り道に耳にした銃声。向かった先で由貴が助けた生存者は、かつて転校した唯一の友人・榊帆乃夏だった――。由貴は「姉を探す」という帆乃夏の目的に力を貸すことにしたのだが……。

                      “終わった世界"で、手を取り合い立ち向かう二人の旅が始まる。

                      ――――――――

                       

                      突然ですが、「女性同士の特別な関係性」、つまるところジャンルで言うと

                      〈〈〈〈〈百合〉〉〉〉〉

                      皆さんお好きでしょうか?私は大好きです。まぁそれはいったんおいておきます。

                      念頭に置いておいて読み進めてください。お願いします。

                       

                      今作『明日の世界で星は煌めく』は、崩壊後の世界で二人の少女が出会い、そこから物語が進んでいきます。

                       

                      キャラクターの紹介といきましょう。まずは主人公の

                      南戸由貴(みなと ゆき)

                      本編は由貴の視点で進みます。

                      彼女が暮らしてきた家は古ぼけた洋館で“魔術師”を自称する父親と暮らし、

                      小さい頃から“魔女”という蔑称で呼ばれてきました。

                      そんな彼女の境遇は高校入学初日から変わらず、中学から同じ嫌な同級生、見て見ぬふりをする教師、

                      自分の意見を聞いてくれない父親、という生活が続く。はずでした。

                       

                      父親からの入学祝のペンギンのストラップを付けて登校した始業式の翌日。

                       

                      突如として屍人が現れたことによって、世界は一変します。そんな“終わった世界”で、由貴は騒動から行方不明の父親が遺した魔術使い魔によって生き延びます。

                       

                      ペラ

                      由貴の父親からの入学祝のストラップ。

                      それは彼女を屍人から守るため、父親から遺されたもののひとつ、使い魔だったのです。

                       

                      普段は30センチくらいのコウテイペンギンの幼体のぬいぐるみ。かわいい。

                      ですが由貴に危機が迫った時には2メートルを超す成体の姿になり、シェルターとして由貴を守ります。

                       

                      榊帆乃夏(さかき ほのか)

                      屍人によって世界が終わってからしばらくしたあと、由貴が出会った――再会した少女。

                      帆乃夏はかつて、一時期だけ由貴と同じ中学にいて、すぐに転校してしまいました。

                       

                      屍人に襲われいる少女を助けた由貴。それがまさか、もう二度と――世界がこんなことになって――会えないと思っていた帆乃夏だったのです。帆乃夏は屍人と共に消え、行方不明となった姉を追い、旅をしています。

                       

                       

                      キャラクター紹介もしたところで続いては、由貴と帆乃夏、二人の“関係性”についてです。

                      あまり書きすぎてもネタバレになってしまうので、百合好きの私にブッ刺さった部分を抜粋&詳細は読んでのお楽しみと言う形でご紹介です。

                       

                      ◆一章

                      P.22

                      苦しくて辛くて、それでもせめて負けないように、踏みとどまる日々。

                      中学二年生の二学期――ほんの少しの間、爐△了勠瓩箸粒擇靴せ間もあった。

                       

                      由貴が逃げ出さない理由、というより踏みとどまれていたのは、かつての記憶。

                       

                      ◆二章

                      P.116

                      悲しかったし寂しかったけど、こんなにも想われている帆乃夏のお姉さんが羨ましかったけれど、彼女の前では犂萃イ覘瓩海箸できた。

                       

                      このP.116にはもっとブッ刺さった文があるので、こちらもお楽しみに。

                       

                      ◆三賞

                      P.171

                      できるからするのではなく、やりたいからやる。本当の意味で帆乃夏の力になりたくてここ

                      までついてきたけれど、それだけじゃ不十分。帆乃夏の望みを叶えてようやく、私は彼女の友達なのだと胸を張れるのだ。

                       

                      由貴が頑張る理由が語られるのですが、帆乃夏の頑張る理由も姉だけではなく……。と、ね?

                       

                      ◆四章

                      ――よくも帆乃夏を泣かせましたね!

                       

                      普段物静かな由貴が表す強い感情の基、それは帆乃夏なんスよね。最高。好き。

                       

                      著者のツカサ先生といえば一番メジャーなのはアニメ化もした『銃皇無尽のファフニール』(講談社ラノベ文庫刊)だと思うのですが、本作を読む前でも後でも読んでいただきたいのは、『ノノノ・ワールドエンド』(早川書房刊)という作品。百合です。

                      イラストのむっしゅ先生といえばもう女の子と女の子のお話、『ふりだしにおちる!』(KADOKAWA刊)と『先パイがお呼びです!』(芳文社刊)や、イラストが激強ですね。今作でも素敵な、いや、読んでご自身で判断していただきたいです。

                       

                      それでは最後になりますが特典情報です!

                      大変ありがたいことに書店様より特典打診をいただきました!ご紹介します!

                       

                      ゲーマーズ様:書き下ろしSS付き4Pブックレット

                       

                      メロンブックス様:書き下ろしSSリーフレット

                       

                      とらのあな様:書き下ろしSS入り両面イラストカード

                       

                      書泉百合部様:描き下ろしイラスト使用限定掛け替えカバー

                       

                      百合部店舗様(アニメイト・ゲーマーズ・書泉の一部店舗):書き下ろしSSペーパー

                       

                      電子書籍:限定特典SS付き

                       

                      です!他に一部法人共通特典として書き下ろしSSペーパーの配布があります!

                      各特典の配布状況につきましてですが、書店様へお問い合わせください。

                       

                      せっかくなのでむっしゅ先生に描き下ろしていただいたイラスト特典を一部公開します。

                       

                       

                      小指同士が!

                       

                       

                       

                      ということでご紹介致しましたのは本日1119日発売『明日の世界で星は煌めく』です。

                      百合好きな方にはもちろんのこと、ラノベ好きにも楽しめる一冊にツカサ先生とむっしゅ先生がしてくださって本当に先生方デザイナー様印刷会社様書店様皆様のおかげで発売です!

                       

                      以上、ガガガ文庫編集部の榊原がお届けしました!

                      末長いシリーズにしたいので皆様どうぞ宜しくお願い致します!

                       


                      | 1/12PAGES | >>