誰がために、月を目指すのか 宙と青春の物語『月とライカと吸血姫』待望の第5巻発売!

0

    宙と青春の物語、新章「月面着陸計画編」始動!!!!!

     

    今回ご紹介するのは

    『月とライカと吸血姫5』

    (著:牧野圭祐 イラスト:かれい)

     

    試し読みはこちらから!

    公式

    ピクシブノベル

     

    まずはこちらを見て欲しい……

    赤月ゆにちゃん様からCM動画もらったぞおおおおおお!!!!!

     

    ……最高なのでは?

    ゆにちゃん様には4巻の時にコラボさせてもらった縁で、セールのときにツイートしてもらえたり、感謝しかない……!

    この恩には必ず報いなければ……!!!

    ゆにちゃん様……恩に報いるとこ見てて……

     


     

     

    ★☆★☆★☆あらすじ★☆★☆★☆

     

    誰がために、月を目指すのか

    共和国の宇宙開発が停滞し、上層部の人命軽視と隠蔽体質が現場に重くのしかかる。

     

    一方、連合王国は資金力と組織力を武器に目覚しい成果を上げ続けていた。

     

    そんな中、レフの同期であるミハイルとローザが結婚するという知らせが飛び込む。しかしそれは、政府によって仕組まれた強制結婚。憤るレフとイリナだが、その先に『史上初の悲劇』が待ち受けていて……。

     

    これは、世界が東西に二分され、月を目指し争っていた時代の物語。

    その表と裏の歴史に、宇宙に焦がれた人と吸血鬼がいた。

     

    宙と青春の物語、新章『月面着陸計画編』始動。

     

    幸せな一幕、、、のはずが、、、、

     

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

     

    4巻が出たのは去年の9月……

    お待たせ致しました……!

    満を持しての発売です!!!!

     

    4巻第三楽章の通り、5巻から舞台は再び極寒の共和国へ。

    激化する宇宙開発競争の中、レフは訓練センターの副長官、イリナは教官として後進の育成に励む。

    そして、自身も月への飛行を目指して、日々の訓練を続ける。

    しかし、共和国政府の上層部からの理不尽が彼らに降りかかる……

    といった5巻です。

     

    今回は、何を言ってもネタバレになってしまう気がするので、なにはなくともまず読んで欲しいです!

     

    出来るなら前から順番に。

     

    挿絵とかあとがきとかがまず読みたい方も、1ページ目から読み進めてください。

     

    今回いろいろと諸刃の演出をしております。。。

    本当にネタバレ厳禁。。。。。。

    感想、いつも有り難いですが、どうか今回は一層ネタバレへの配慮をお願いします!!!

     

    それと、出来れば2巻を復習しておくと、さらに楽しめると思います。

    いくつか仕掛けを用意しておりますのでお楽しみに。

     


     

    というわけで、ネタバレ無縁な特典情報を中心にお知らせします。

    5巻では各書店様のお力添えのおかげで、たくさん特典を用意しております!

    是非とも下記店舗さんでのご購入をご検討下さい!

     

    ●その1

    メロンブックス様にて既刊フェアが行われます!

    ここだけでしか手に入らないイラストカードの数々!

    1〜4巻未購入勢はこの機会に是非!!!

    (布教用という手も……)

     

    ●その2

    メロンブックス様にて5巻をご購入の方に、書き下ろしSSリーフレットが配布されます!

    ライト成分マシマシ……!

    舞台はとある極東の島国。

    星町編を読んでいると、ニヤリと出来る仕様かも。

     

    ●その3

    とらのあな様にて5巻をご購入の方に、書き下ろしSSが配布されます!

    連合王国側のイチャコラ成分に比べ、共和国側はちょっと少なくない?という同志のための救援物資的なやつです

    イリナがかわいい。

    かわいい。

     

    ●その4

    ガガガ文庫公式通販「GAGAGA ONLINE」では、有償特典が販売です!

    牧野先生直筆サイン入り5巻&タペストリーセット!

    月とライカの初グッズ、同志諸君お見逃しなく…!

    きれいなかれい先生の、きれいなイラストを使った珠玉のグッズ……

     

    さらに、今回も名古屋地域の書店さんでは特製POPを飾っていただいております!

    前回の様子はこちらです!

    アニメイト名古屋店さま、いつも激推しありがとうございます!

     

    そしてそして!


    最新5巻発売&牧野先生デビュー10周年&月面着陸50周年を記念して!

    ライカ キャッチコピー選挙 を実施します!!!!

    1〜5巻のキャッチコピーのなかで、あなたのイチオシとその理由を明記!

    ハッシュタグ「#月とライカ #キャッチコピー総選挙」付きでツイート!

    参加してくれた方の中から抽選で


    1名様に著者直筆サイン入りタペストリー
    5名様に著者直筆サイン入りフォトプリント

     

    をプレゼントします!

     

    ●キャッチコピー候補

    1:宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女の物語
    2:高度百キロメートルの宙から君を想う
    3:語られることなき地上の星々へ送る英雄譚
    4:そして、宙を夢見る彼らは出会う
    5:この一冊を宙に招かれた君に捧ぐ
     

    応募締め切りは9/4の24時

    みなさま振るってご参加下さい!!

     


     

    月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)5
    著:牧野圭祐 イラスト:かれい
    ISBN: 978-4-09-451804-7 定価:本体630円+税

    (このカバーイラスト、読了後にまた見直してみて下さい。)

     

    シリーズ屈指の極大感情。

    担当編集はプロットで泣いて、初校で泣いて、校了中も泣きました。

    自信を持って世に送り出します。

     

    月を目指す人と吸血鬼の物語、今回もお楽しみ下さい。

    編集(田)でした!


    『むしめづる姫宮さん』ためし読み企画
    ガガガ文庫で青空が強い表紙って名作が多いよねって話。

    0

      さて、というわけで。

      個人的な話、ガガガ文庫のひとつの特色に青空が強い作品が多い、というところがあると思うのですね。

      (はいそこ「観測範囲が狭い」とか言わない!!)

      勘違いか……? 

      いや、ちょっと例をあげてみましょうか。

      思い付く限り、ざっとこんなラインナップになるでしょうか。

      ※ためし読みだけあれば良いんじゃい! という方はこちらをクリックして下の方までとんでください。

       

      以下、青空が強いよね作品群

       

      『とある飛空士への追憶』

      著:犬村小六 イラスト:森沢晴行

       

       

      『こうして彼は屋上を燃やすことにした』

      著:カミツキレイニー イラスト:文倉十

       

       

      『二度めの夏、二度と会えない君』

      著:赤城大空 イラスト:ぶーた

       

       

      『ヒイラギエイク』

      著:海津ゆたか イラスト:やすも

       

       

      『ハル遠カラジ』

      著:遍 柳一 イラスト:白味噌

       

       

      『夏へのトンネル、さよならの出口』

      著:八目 迷 イラスト:くっか

       

      うん。勘違いじゃないな!! オケオケオッケー!!

      (拾いきれてない気もしますが、許してください)

       

      そして、これが大事なのですが、だいたいどれも名作だったのではないでしょうか。

       

      そう

       

      つまり

       

      青空表紙を獲得できるのは

      とても出来の良い作品だけだったんだよ!!

      Ω ΩΩ< ナ、ナンダッテー!! 

       

      という流れで紹介するのがこちらです。

      ※青空じゃないから出来が良くないとかそういう話ではないのであしからず。

       

      『むしめづる姫宮さん』

      著:手代木正太郎 イラスト:Nagu

      >>ためし読みはこちらから!!

       

      ここまでの流れを汲めば、こちらが名作であるということが帰納的に証明されております。

      イラストレーターのNagu氏のツイートもその証明を補強してくださっています。

       

      と、いうわけで、発売前にためし読みをガガ―っと公開してしまおうよ!!

       

      というお話な訳です。

      導入が長くて申し訳ございません。

       

      ためし読みはこちらです。

      ↓↓↓

      ためし読みは上の画像からもいけます。

       

      どうか、楽しんでいただければと――。

       

      8月21日発売です!!

      よろしくお願いします。

       

       


      『夏へのトンネル、さよならの出口』 未発表の書き下ろし短編小説を公開!

      0

        『夏へのトンネル、さよならの出口』

        (著:八目 迷 イラスト:くっか)

         

         

        7月18日の発売日以降、一般の方々、業界関係者、

        さまざまな方から感想をいただいております!

         

        胸を熱くさせながら、ひとつひとつ大切に目を通させていただいています。

         

        そんな時に、八目 迷先生がつい先ほど、

        発売の記念にと、短編小説を書き下ろしてくださいました!!!!!

         

        タイトルは、

         

        『あぜ道は夏の終わりに続いてる。』

         

        なにげない日常の一コマを切り取ったこちらの短編小説の中に、

        本編のネタバレはありませんので、

        まだ本編を読まれていない方も安心して読めます。

         

        けれど、

         

        すでに読まれている方には……。

         

         

        それでは、どうぞ!

         

        ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

         

        あぜ道は夏の終わりに続いてる。

         

         

        「お兄ちゃん! 起きて!」

         元気いっぱいの甲高い声が、僕の眠りをパチンと覚ます。それと同時に、セミの鳴き声が耳に流れ込んできて、僕は朝の訪れを知る。

         接着剤でくっつけたみたいな重い瞼を開けると、視界に広がるのは見慣れた天井ではなく、間近に迫ったカレンの顔だった。頭の後ろから垂れたポニーテールが僕の頬をくすぐる。

        「ほらもう六時だよ! 早く行かなきゃラジオ体操に間に合わないよ〜!」

        「分かった分かった……起きるよ。起きるから、ベッドから降りて」

        「はーい!」

         カレンはベッドから飛び降りると、パタパタと駆けて僕の部屋から出て行く。その後ろ姿を見送って僕は起き上がる。勉強机の上に目をやると、夏休みの宿題である算数ドリルの横に、ラジオ体操のスタンプカードが見えた。

         小学六年生の僕と四年生のカレンは、夏休みの早朝に行われるラジオ体操に参加すると、お菓子や鉛筆なんかがもらえる。カレンはそれが目当てで張り切っているのだ。単に身体を動かしたいだけかもしれないけど。

         スタンプカードを手に取り、部屋を出る。

         母さんと父さんに「おはよう」をして、洗面所で顔を洗う。朝ごはんをカレンと一緒に済ませると、着替えてから、二人で「行ってきます」と言って家を出た。

         外の空気はひんやりしていて気持ちがよかった。昼間は鬱陶しく感じる蝉しぐれも、この時間帯はどことなく穏やかに聞こえる。

         しばらく国道に沿って進んだあと、道を外れてあぜ道に入った。この先にある神社でラジオ体操は行われる。

        「あ! 見て見て! ギンヤンマ!」

         カレンは一匹の大きなトンボを指差すと、嬉しそうにそれを追いかけ始めた。トンボ一匹で大はしゃぎするカレンが可笑しくて、僕はつい顔が綻ぶ。

         そのとき、背後から強い潮風が吹いた。

         田んぼが、四角く切り取られた海のように波打つ。みずみずしい稲の葉は、さわさわと音を立てて擦れ合う。僕は無意識のうちに足を止め、目の前の光景に見入っていた。

        「お兄ちゃん、どしたの? 眠い?」

         不思議そうに声をかけてきたカレンに、僕は「ううん」と首を振って答える。

        「夏休みがずっと続けばいいのにって、そう思ってさ」

         カレンは「そうだね」と言って笑った。

         夏休みはもうしばらくある。八月が終わるまで毎日カレンと遊べると思うと、胸が踊った。

         ――明日は、カレンと何をして遊ぼうかな。

         そんなことを思いながら、僕はあぜ道の先に歩を進めた。

                    

                      ――了――

        • 2019.07.20 Saturday
        • -
        • 23:09
        • -
        • -
        • by

        『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』特典情報!!

        0

           

           

           

          あの

          『回復術士のやり直し』

          『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』

          の月夜涙氏がガガガ文庫デビューです!!

           

          最高に研ぎ澄まされたエンタメになっておりますので、ぜひ手にとってみてください!!

          主人公の決意と成長、そしてハーレム!!

          気持ち良いってこういうことだぜ!! 

          と言わんばかりの気持ち良い作品です。

           

          店舗さん特典もたくさん作成していただきました!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          この休日に読んでみてください!!

          よろしくお願いします!

           

          • 2019.07.20 Saturday
          • -
          • 20:35
          • -
          • -
          • by

          『出会ってひと突きで絶頂除霊!5』特典情報

          0

            今回は、特典情報をまとめるのが一番の作品紹介になりそうなので、そうすることにしました。

             

            こちらは新キャラの童戸槐(わらじべ・えんじゅ)です。

            どんなキャラクターなのかは読んでのお楽しみ!

            担当的には不憫萌えのアンテナがはたらきました。

             

            そして、問題の特典がこちら!!

             

             

             

             

            こちら、口絵のイラストを使用させていただいております。

            見ての通りのラッキースケベ回。

             

            5巻には口絵イラストが3枚あるので……?

            残りのラッキースケベはいったいどんなものなんですかねえ(ニチャア)

             

            ただ、ストーリーは重要な要素を提示して、ひとつ上の段階に。

            どこまでイってしまうのか!?

            お楽しみください!!

             

            • 2019.07.20 Saturday
            • -
            • 19:58
            • -
            • -
            • by

            『先日助けていただいたNPCです〜年上な奴隷エルフの恩返し〜』好評発売中!!

            0

              雨が続いて気が晴れづらいこの頃ですが、みなさま今月発売されました新シリーズ、こちらをご存知でしょうか。

               

              このように、ガガガ文庫の中でも様々な方々に手にとっていただけている、日常ラブコメでございます。

               

              どんなお話かと申せば、このようになるでしょうか。

               

              年上の!!

               

              奴隷エルフの!!

               

              お姉さんが!!

               

              押しかけ女房にくる!!

               

              そのお姉さんがこちら!!

              あらすじはこの通りです。


              ありがた迷惑! でもちょっと楽しい……?

              大人気ネトゲ「ウィザード・テイル・オンライン」上で暗黒騎士ラットとして上位ランカーにいる寝津恭兵。
              彼には、奴隷エルフのイノというお気に入りのNPCがいた。

              あるとき寝津は、イノがDQNなプレイヤーたちからいじめられているのを見かけ、助けに入る。
              だがその翌日、寝津のアカウントがDQNなプレイヤーたちに身バレしてしまい、リアルで仕返しされる羽目に……。
              殴られる! ――と思ったその時、

              「――何をなさっているのですか?」

              目の前に現れたのは、奴隷エルフ・イノそのもの!? コスプレのお姉さんとかじゃなくて!?
              疑う寝津をよそに、そのお姉さんはゲーム内のアイテムを駆使し、DQNたちをフルボッコ。

              「恩返しに参りました。ラット様」

              え!? まさか本当にイノ? マジで!?
              お気に入りのお姉さんキャラが現実で恩返しって、最高じゃない!?
              俺に尽くして、お世話してくれるの!?

              喜びに震える寝津だったが、まだこの時は気がついていなかった。
              ゲーム内のキャラに、現実の常識なんて通じないということに……。

              ズレにズレた奴隷エルフが、ズレたご奉仕で現実世界をかき回す! 
              押しかけ恩返しコメディ開幕!!


               

              イノさんの暴走っぷりと、それに振りまわされる主人公の突っ込みを是非楽しんでいただきたいです〜。

               

              また、専門店さんで特典も作成いただいております。

               

               

               

               

              ぜひぜひ、特典目当てでもお手にとってみてください!

              みんなで、年上ヒロインを愛でましょう!!

              • 2019.07.20 Saturday
              • -
              • 16:13
              • -
              • -
              • by

              シリーズ最高熱量!!『空飛ぶ卵の右舷砲3』発売!!

              0

                最強師弟が『大崩壊』以後最悪クラスの災禍に立ち向かう!!!!

                 

                今回ご紹介するのは

                『空飛ぶ卵の右舷砲3』

                (著:喜多川信 イラスト:こずみっく)

                https://www.shogakukan.co.jp/books/09451800

                 

                試し読みはこちらから!!!

                ●公式

                ●ピクシブノベル

                 

                ★☆★☆★☆あらすじ★☆★☆★☆

                 

                過去を想い、今を生き、明日を掴む。

                 

                人造の豊穣神・ユグドラシルによって、人類が地上を追われた終末世界で小型ヘリ<静かなる女王号>を操るヤブサメとモズ

                 

                大阪にタワー級の樹竜が出現したとの情報を聞き、新たな稼ぎを求めて向かう二人。

                 

                泥炭を身に纏うタワー級は不気味なまでの沈黙を続け、市民は観光業を中心とした好景気に沸いていた。しかし、それはつかの間の凪にすぎなかった。

                 

                突如北上を始め、まき散らされた泥炭により広がる火災旋風。

                「大崩壊」以後、最悪クラスの災禍を前に、ヤブサメとモズはタワー級へと立ち向かう。

                 

                鋼の翼と意志の物語、第三幕!

                 

                ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                 

                1巻が出たのが去年7月なので、シリーズ開始から丸一年経ちました。

                本作は第12回小学館ライトノベル大賞で審査員特別賞を受賞した作品。

                どうなることか思いましたが、なんとか3巻まで出すことが出来ました。

                 

                喜多川先生の文章に、こずみっく先生が120%で応え、シリーズ最熱となっております。

                 

                今回の編集(田)お気に入りのイラストはこちら

                ツバメがかわいすぎる……!!!!!!!!!!!

                こずみっく先生の魂の叫びもすごい……!!でもわかる……!!!

                 

                というわけで『空飛ぶ卵の右舷砲3』は全国書店様にて好評発売中!!

                空飛ぶ卵の右舷砲3

                著:喜多川 信 イラスト:こずみっく
                ISBN: 978-4-09-451800-9 定価:本体611円+税

                 

                以上、担当作3作だけどがんばたよな編集(田)でした!


                ついにコミックス1巻も発売!「再婚魔王」第3巻発売!!

                0

                  勇者母におめでた発覚!!?

                   

                  今回ご紹介するのは

                  『魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。3』

                  (著:森田季節 イラスト:すし*)

                  https://www.shogakukan.co.jp/books/09461124

                   

                  試し読みはこちらから!!!

                  ●公式

                  ●ピクシブノベル

                   

                  ★☆★☆★☆あらすじ★☆★☆★☆

                   

                  「私、お姉ちゃんになるのね」

                   

                  魔王。それがワシ、ガルトー・リューゼンの職業だ。

                   

                  妻と死別してからは、仕事一筋の毎日――だった。

                   

                  ひょんなことから女勇者アンジェリカの母親レイティアさんと再婚し、ワシたちは三人の家族になった。義理の娘とは以前より自然な父娘になれたと思っている、のだが……

                   

                  じつはレイティアさんのおめでたが発覚した。

                  アンジェリカは、このことをどう思うだろうか。

                   

                  初めての実子だ。正直、不安もある。しかし、魔王として、父親として!

                  必ずやワシは素晴らしい家庭を築いてみせる!

                   

                  異世界式アットホームコメディ、待望の第3弾☆

                   

                  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                   

                  「女勇者の母親、光る」

                  「女勇者、ペットをほしがる」

                  「魔王、娘のお見合い話に戸惑う」

                   

                  などなど、ほのぼのエピソード盛りだくさんの一冊となっています。

                  なにより、ついに魔王とレイティアさんの間に、お子が……!!!!!

                  ぜひぜひ本編でお楽しみください。

                   

                  ブログを見ている人に本編イラストを公開!!

                  女勇者、お見合いをする…はずが……!!?

                   

                  さらに3巻の読みどころを!!!!

                  ガガガチャンネルで声優の青山吉能さんに朗読してもらいました!!!

                  (ああああああ!!!!!よっぴー!!!!!!!!!!!!!)

                   

                  こちらからどうぞ!!

                   

                   

                  そして、待望のコミックス1巻が同時発売中です

                  https://www.shogakukan.co.jp/books/09129296

                   

                  漫画を手がけるのは郁橋むいこ先生

                  マンガワンで隔週連載中ですが、裏サンデーでも一話&最新話が読めます!

                   

                  ※画像をクリックするとサイトに飛びます。

                   

                  さらに今回は「竜騎士運び屋」シリーズと一緒に販促POPを作ってもらいました!!

                  『再婚魔王』は『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます』が好きな方にもオススメできるシリーズですよ!!!

                   

                   

                  というわけでガガガブックス『魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。3』は全国書店様にて好評発売中!!

                  <ガガガブックス>
                  魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。3

                  著:森田季節 イラスト:すし*
                  ISBN: 978-4-09-461124-3 定価:本体1,200円+税

                   

                  以上、『再婚魔王』の紹介ブログでいつも結婚したいって叫んでいる気がする編集(田)でした!


                  シリーズ累計50万部突破!!『竜騎士運び屋』最新4巻発売!!

                  0

                    祝・50万部突破!!!!!!!!!!!!!

                     

                    今回ご紹介するのは

                    『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます4』

                    (著:あまうい白一 イラスト:泉 彩)

                    https://www.shogakukan.co.jp/books/09461123

                     

                    試し読みはこちらから!!!

                    ●公式

                    ●ピクシブノベル

                     

                    ★☆★☆★☆あらすじ★☆★☆★☆

                     

                    運び屋、土地神の眠る街でも頼られまくる!

                     

                    アクセル一行は魔人との戦闘で破損した武装を直すため、古代遺跡の眠る砂漠に栄える『砂塵都市』エニアドを訪れた。

                     

                    ある日、考古学ギルドから奇妙な砂嵐が街を襲っている事を伝えられる。ギルドが調査を進めるも、砂嵐を前に活動は困難を窮め、その影響は確実に街を蝕む――

                     

                    だが、アクセルは圧倒的な輸送力と速度で、彼らの調査に『進展』を運んでいく! 

                     

                    元竜騎士の最強運び屋が突き進む、トランスポーターファンタジー第四弾!!

                     

                    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

                     

                    アクセル達もいろいろなところを旅してきましたが、4巻では砂漠が舞台!!

                    ここまでの旅路を一枚にまとめたので、ここで少しおさらい!

                    こうやって見るといろんなことがあって、いろんな人と出会ったのが分かりますね。

                     

                    さあ、4巻では人を寄せつけぬ大砂漠を前にして、それでもなお圧倒的な輸送力を見せるアクセルの活躍が見れます!!

                    仲間から、街の人から、さらには土地神からも頼られまくり!!

                    ぜひぜひ活躍をその目に焼き付けてください。

                     

                    さらに4巻の読みどころを!!!!

                    ガガガチャンネルで声優の天海由梨奈さんに朗読してもらいました!!!

                    (天海さんいつもありがとう!!!!!!!!!!)

                     


                     

                    そして、ありがたいことに今回はコミックス4巻も同時発売中です。

                    https://www.shogakukan.co.jp/books/09129295

                     

                    漫画を手がけるのはお馴染み幸路先生

                    マンガワンで連載中ですが、裏サンデーでも一話&最新話が読めます!

                    ※画像をクリックするとサイトに飛びます。

                     

                    さらに、今回は特大の既刊フェアを実施!!

                    ・原作1〜3巻

                    ・コミックス1〜3巻

                    上記対象書籍を購入の方に

                    「脱衣バーゼリアしおり」をプレゼント!!!

                    詳細はこちらのリストにある店舗様にお問い合わせくださいませ

                    ■■リストはこちら■■

                     


                     

                    ガガガブックス『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます4』は全国書店様にて好評発売中!!

                     

                    ※お詫び

                    帯にシリーズ累計45万部突破と記載されておりますが、正しくは50万部突破です。

                    シリーズ累計50万部突破です。

                     

                    <ガガガブックス>
                    最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます4

                    著:あまうい白一 イラスト:泉 彩
                    ISBN: 978-4-09-461123-6 定価:本体1,200円+税

                     

                    以上、アクセルさん俺にも『進展』を運んでくれないかなと思っている編集(田)でした!


                    ガガガ文庫史上初のW受賞作『夏へのトンネル、さよならの出口』ついに刊行!

                    0

                            第13回小学館ライトノベル大賞

                      史上初のガガガ賞 & 審査員特別賞を受賞。

                       

                      『夏へのトンネル、さよならの出口』

                       

                                  ついに刊行となりました!

                       

                       

                       

                      ゲスト審査員を務められた浅井ラボ先生(『されど罪人は竜と踊る』)

                      からいただいた言葉は、

                       

                      「ここからが青春小説の新時代」

                       

                      応募原稿を読まれた浅井先生は、

                      人へ向けられる優しい眼差しと同時に、

                      どこにでもある悪意への観察眼の鋭さを絶賛されていました。

                      そして、著者が弱冠24歳であることを伝えときの浅井先生の驚きぶり……。

                      てっきり人生経験の豊富な年齢の著者を想像していたそうで、

                      「そうか、これが才能か」と思わず漏らしていました。

                       

                      それほどに、この八目 迷という作家の誕生は驚きなのです。

                       

                      ここで、物語の簡単なあらすじを。

                       

                      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                      「ウラシマトンネルって、知ってる? そこに入れば欲しいものが

                      なんでも手に入るんだけど、その代わりに一気に年を取っちゃうの――」。

                      そんな都市伝説を耳にした高校生の塔野カオルは、

                      偶然にもその日の夜にそれらしきトンネルを発見する。

                      ――このトンネルに入れば、五年前に死んだ妹を取り戻すことができるかもしれない。

                      放課後に一人でトンネルの検証を始めたカオルだったが、

                      転校生の花城あんずに見つかってしまう。

                      二人は互いの欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶのだが……。

                      かつて誰も体験したことのない驚きに満ちた夏が始まる。

                      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

                       

                      ジャンルでいえば、「青春SF」ということになるかと思いますが、

                      そんなジャンルでは収まりきれない魅力を持った作品が、

                      この『夏へのトンネル、さよならの出口』なのです。

                       

                      こちらがそのPVとなります。

                       

                       

                       

                      登場人物紹介

                       

                      塔野カオル

                      主人公。田舎町の高校二年生。

                       

                      花城あんず

                      東京からきた転校生。

                       

                      加賀翔平

                      カオルの友人。

                       

                      川崎小春

                      カオルをパシリとして使うクラスメイト。

                       

                      彼ら登場人物たちは一人一人が抱える現実の問題と向き合うとき、

                      それぞれが勇気の形を示します。

                      その姿にはきっと誰もが感動を覚えるはずです。

                       

                      本当に名シーンの多い作品なのですが、

                      個人的にもっとも好きなシーンは、ある日のお昼休みの一コマ。

                      P144の川崎の「あの台詞」と、それを受けてのP146の花城の「あの一言」。

                      皆の前でめちゃくちゃカッコ悪い姿をさらす川崎のなんとカッコいいことか……。

                      本気で自分を変えようとする人の姿って何よりも尊いものだと思います。

                       

                      この物語に素晴らしいイラストで彩りを与えてくれたのは、

                      新進気鋭のイラストレーターのくっか先生。

                      カバーイラストの空と海の美しさもさることながら、

                      口絵で描かれている「夕立ちのあとの光景」から漂う郷愁といったら……。

                       

                       

                      『夏へのトンネル、さよならの出口』

                       

                      今が青春真っ盛りといった若い方たちはもちろん、

                      かつてそうだった方たちにも、この夏、ぜひ読んでほしい本です。

                       

                      できることなら、青春時代をやり直したい編集(濱)でした!

                       

                      • 2019.07.18 Thursday
                      • -
                      • 05:37
                      • -
                      • -
                      • by

                      | 1/36PAGES | >>